ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ツアー ( 148 ) タグの人気記事


2017年 01月 20日

世界でいちばん複雑な東京の交通網を前にして(ツアーバス路駐台数調査 2017年1月)

2017年になりました。昨年の訪日外国人旅行者数が2403万人になったことが報じられたばかりですが、新宿5丁目に現れるバスの台数は例年に比べると、かなり減っているようです。

背景には、中国客の団体旅行から個人旅行への移行が進んだこともありますが、先日ある方に聞いた話では、いま八王子周辺のホテルに中国の団体客が集中しているそうです。もちろん、八王子だけでなく、千葉県の木更津や茨城県、埼玉県など、周辺に分散化が進んでいるため、都心の新宿に現れるバスが減ってきたことも考えられます。

ところで、先日大江戸線東新宿駅の改札の前で、東京の地下鉄路線図を見ながらああだこうだと言っている外国客を見かけました。会話を聞くと、中国南方方言です。東京の交通網の複雑さは世界一といってもかまわないでしょうから、外国客にとっては大変なことでしょう。
b0235153_14582490.jpg

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(日)未確認
2日(月)未確認
3日(火)未確認
4日(水)未確認
5日(木)18:20 2台
6日(金)12:10 1台
7日(土)未確認
8日(日)未確認
9日(月)12:10 2台、17:50 1台
10日(火)未確認
11日(水)12:30 2台
12日(木)未確認
13日(金)12:40 2台
14日(土)未確認
15日(日)未確認
16日(月)未確認
17日(火)11:50 1台
18日(水)12:10 2台
19日(木)13:20 1台
20日(金)13:10 1台
b0235153_14583321.jpg

※この日も、中国客向け食堂「金鍋」の前には中国団体客がたむろしていました。

21日(土)未確認
22日(日)未確認
23日(月)11:40 5台
※春節休みが近づいてきて、さすがにバスの数が増えてきました。「金鍋」の店内はいつにもまして大勢の中国客が食事をしていました。

24日(火)11:50 5台
25日(水)12:20 4台
26日(木)12:40 4台
27日(金)11:30 5台
28日(土)12:20 4台
29日(日)未確認
30日(月)未確認
31日(火)未確認
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-01-20 14:58 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 12月 09日

昨年に比べると、バスは少ないようです(ツアーバス路駐台数調査 2016年12月)

昨年はこの時期、もっと多くのバスが見られたことを思うと、今年の東新宿は比較的静かです。

それでも、昼下がりになると、中国人団体客が道端で記念撮影をしていたりするので、「どっから来たの?」と声をかけると、四川省だったり、黒龍江省だったり、地方色豊かです。
b0235153_153301.jpg

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(木)12:10 3台
2日(金)13:20 2台
3日(土)未確認
4日(日)未確認
5日(月)12:10 2台
b0235153_1524849.jpg

※この日は、ヒルトン新宿で、福建省の観光PRセミナーがありました。彼らは相変わらず、やる気がなさそうで、会場の9割以上は在日福建人たち。同郷会の様相を呈していて、本来の目的のはずの日本市場向けPRは、中身がないも同然でした。話によると、先週同じヒルトン新宿で、南京市の観光PRセミナーがあったそうで、そちらは少しましだったようです。ただし、南京虐殺紀念館のことは一切触れられることはなかったそうです。昨年くらいから中国の各省や大都市の観光PR団が来日するようになりました。もう少し我々日本のメディアのことを勉強してほしいものです。せっかく大挙してやって来ても、PRにも何もなっていないからです。

6日(火)11:50 3台
7日(水)18:20 2台
b0235153_1543990.jpg

※この日は夕方、歌舞伎町の前を歩いていたら、中国客をはじめ、相変わらずいろんな国の人たちが歩いていました。

8日(木)11:20 2台、17:30 3台
9日(金)12:20 2台、19:30 2台
10日(土)未確認
11日(日)未確認
12日(月)17:20 3台
13日(火)12:20 2台、17:20 2台
14日(水)11:20 3台、17:20 2台
15日(木)12:20 4台
16日(金)12:50 2台、18:20 2台
17日(土)未確認
18日(日)未確認
19日(月)12:30 2台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-12-09 15:04 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 11月 09日

この時期は毎年少ないですが、今月はついに減ってしまうのか(ツアーバス路駐台数調査 2016年11月)

先月発表された2016年9月の中国人観光客数の伸びが前年月比で6.3%増の一桁になったということを指して、中国客の減速を喧伝する輩が世間にはいるようですが、それでも伸びているだけよしとしなければならないと思います。

はたして今月は彼らは現れるのか。もちろん、現れてはいます。
b0235153_16443341.jpg

b0235153_16444764.jpg

さあどうなるか。観察を続けていきましょう。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(火)12:20 3台
2日(水)11:40 5台
3日(木)未確認
4日(金)12:10 6台、17:30 2台
5日(土)未確認
6日(日)未確認
7日(月)18:50 2台
8日(火)11:40 3台、18:30 2台
9日(水)12:00 3台、18:20 2台
10日(木)13:10 2台
11日(金)12:20 3台
12日(土)12:30 5台、18:10 3台
13日(日)未確認
14日(月)18:20 2台
15日(火)未確認
16日(水)12:20 3台
17日(木)12:00 4台
18日(金)未確認
19日(土)未確認
20日(日)未確認
21日(月)未確認
22日(火)11:40 5台
23日(水)未確認
24日(木)12:40 3台
25日(金)11:50 2台、18:20 2台
26日(土)未確認
27日(日)未確認
28日(月)12:30 3台
29日(火)13:20 2台
30日(水)11:40 3台、18:20 3台

 
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-11-09 08:42 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 10月 31日

国慶節休みなのに、今月は平常運転(ツアーバス路駐台数調査 2016年10月)

今月始めは中国の国慶節休みで、彼らのレジャーシーズン真っ盛り。どれだけバスが来るかなと思っていたら、先月とそう変わらない数でした。国慶節休みなのに、平常運転という感じです。

10月1日に銀座に行くと、午後から中央通りが歩行者天国で、外国人観光客だらけでした。みなさん、思い思いのポーズで記念撮影に興じています。中国系はもちろん多いのですが、欧米客も多く、多国籍の様相を見せています。まあこのほうがいいですね。
b0235153_13513721.jpg

b0235153_13514838.jpg

ラオックスには、もちろん中国客の姿はありますが、店内はわりと閑散としています。相変わらず厳しい状況のようです。
b0235153_13515943.jpg

ネットでは、こんな記事も配信されました。やっとオープンしたばかりの三越免税店が悲惨なことになっているようです。

三越銀座店、鳴り物入り免税店の悲しい現状(東洋経済オンライン2016年10月08日)
http://toyokeizai.net/articles/-/139498

まったく中国市場というのは読めないところがあります。バスの数を見る限り、そんなに減っても増えてもいないのに、買い物はしなくなったんですね。まあその理由ははっきりしているわけですが。

中国客の「爆買い」が“強制終了”した3つの理由
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/IB-BU/101800023/

「爆買い」終了で、訪日プロモーションの目的や中身を変える必要あり
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/IB-BU/102500024/

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。
b0235153_13523299.jpg

1日(土)18:20 3台
2日(日)未確認
3日(月)12:10 4台
4日(火)13:10 3台
5日(水)11:40 4台
6日(木)12:40 5台
7日(金)12:10 7台
8日(土)未確認
9日(日)未確認 
10日(月)未確認
11日(火)12:30 3台
12日(水)未確認
13日(木)11:50 5台
14日(金)12:20 3台
15日(土)未確認
16日(日)未確認
17日(月)未確認
18日(火)11:50 7台
19日(水)12:20 3台
20日(木)未確認
21日(金)12:50 4台
22日(土)未確認
23日(日)未確認
24日(月)12:40 3台
25日(火)13:20 2台
26日(水)12:40 7台
27日(木)11:50 3台
28日(金)12:40 4台
29日(土)未確認
30日(日)未確認
31日(月)12:20 5台
b0235153_1352445.jpg

歌舞伎町を歩いていたら、例のゴジラヘッドホテルで夜8時(昼12時もそう)になると、ゴジラが大音響で吼え、口から蒸気を出すパフォーマンスがあり、それを欧米人の若いカップルが撮影していました。これは昼と夜、毎日見られる光景です。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-10-31 13:50 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 10月 22日

ランオペ登録制は一歩前進。ガイドも登録制にできるだろうか

今朝の朝日新聞の一面に以下の記事が掲載されました。

「ランオペ」業者、登録制に 旅行会社に代わってバスなど手配 観光庁方針」(朝日新聞2016年10月22日)
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12619915.html

観光庁は、旅行業者に代わってツアーバスやガイドの手配などをしている仲介業者の規制に乗り出す方針を決めた。仲介業者は「ランドオペレーター(ランオペ)」と呼ばれ、全国に少なくとも864社あるが、安すぎる運賃でバスを手配したり、不適切なガイドを派遣したりするトラブルが相次いでいた。旅行業法の規制の対象外ログイン前の続きだったが、登録制を導入して指導・監督する。来年の法改正を目指す。

■訪日客、トラブルも

ランオペは、旅行業法で登録されている旅行会社の依頼を受けて、バスやホテル、ガイドを手配する業者。自前の調達能力に乏しい中小の旅行業者にとって、欠かせない存在だ。旅行客と直接契約を交わさないことから、旅行業法の規制の枠外とされてきた。国や自治体への登録も必要なく、観光庁も実態を把握できていなかった。
b0235153_926214.jpg

今年1月、長野県軽井沢町で15人が死亡したスキーバス事故も、ランオペがツアー会社とバス会社を仲介していた。バス会社は道路運送法に基づき、安全な運行に最低限必要な下限運賃を国に申請している。事故を起こしたバスは、それより安い料金で手配されていたが、規制対象外のため、観光庁はランオペには行政処分を科すことができなかった。

観光庁はランオペの実態を探ろうと6月以降、国内の旅行業者やバス、宿泊業者など約1万社に、ランオペとの取引状況を尋ねた。その結果、少なくとも全国で864社のランオペが営業していることがわかった。そのうち、業務範囲について調査に応じたランオペ223社は、訪日外国人旅行の専業が68社(30・5%)、日本人国内旅行専業が57社(25・6%)、両方が98社(43・9%)だった。

ランオペが絡むトラブルについては、旅行業者812社のうち46業者が「キックバックを前提とした特定の土産店などへの連れ回しへのクレームがあった」と回答。宿泊施設やバスなどの関連事業者186社への問いでは、43社が「直前でのキャンセルがあった」と答え、32社が「バス事業者への最低価格割れ料金での手配があった」、18社が「料金未払いがあった」と回答した。

訪日外国人からは、ランオペが手配したとみられるガイドに対し「酵素や納豆を不当に高い価格で薦められた」「熱心に薬を薦められたが偽物だった」などの苦情が相次いでいた。

2020年に東京五輪・パラリンピックを控え、近年、日本を訪れる外国人観光客が増えている。悪質な業者を野放しにしてツアーの質が落ちれば、好調な誘客に水を差すとの懸念も指摘されていた。

観光庁はランオペを登録制にすることで、不正が起きないように監督、指導していく方針。具体的な監督や指導の手法は固まっていないが、旅行中の安全確保などランオペの責任を明文化し、違反した場合にペナルティーを科すことなどを検討している。年内に取りまとめて、ツアーの質や、バス運行の安全性向上につなげる意向だ。(伊藤嘉孝)


9月下旬には、読売新聞が「ニッポン観光の影」という全6回の連載をしていましたが、メディアがいわゆる「外国客の消費力による経済効果」ばかりを報じていた去年までと違い、訪日外国人旅行者の増加にともなう負の側面を伝えるようになったことを歓迎したいと思います。

この記事では、「旅行業者に代わってツアーバスやガイドの手配などをしている仲介業者」である「ランドオペレーター(ランオペ)」が全国に少なくとも864社あることを観光庁が調査し、今後は「登録制を導入して指導・監督」すると報じています。

ランドオペレーターは「旅行業法で登録されている旅行会社の依頼を受けて、バスやホテル、ガイドを手配する業者」であり、「旅行客と直接契約を交わさないことから、旅行業法の規制の枠外とされてきた」とあります。

これはどういうことかというと、訪日ツアーの場合、ここでいう「旅行会社」は海外の旅行会社のことで、彼らが集客した海外のお客さんの日本国内の旅行手配業務をランドオペレーターが請け負うことになるわけです。そのため、ランドオペレーターはお客さんとは直接契約を交わしていないことから、消費者保護をうたう旅行業法には抵触しない存在だったということです。これまで観光庁は、海外のお客さんの消費者保護については、彼らが契約を交わした海外の旅行会社の責任で、ランドオペレーターの業務を管理監督する立場にはないという(少々言いすぎかもしれませんけれど)のが言い分でした。

しかし、今年1月に軽井沢で起きたスキーツアーバス事故(これは海外の旅行会社は無関係)などが再発したことや本ブログでも扱った「日本のブラック免税店」とランドオペレーターの関係などが明るみに出たことから、「観光庁はランオペを登録制にすることで、不正が起きないように監督、指導していく方針」となったようです。

日本のブラック免税店が中国客を陥れる!?
http://inbound.exblog.jp/25875503/
「中国客を陥れる日本のブラック免税店」の隠れた舞台裏(日経BPネット2016.07.13)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/IB-BU/071200017/

記事では全国にランドオペレーターが「864社」あったと書かれていますが、実際のところ、これを調べるのは大変なことだったと想像します。でも、海外の旅行客に直接サービスを提供する存在であるランドオペレーターが誰だかよくわからなかったというのは、考えてみれば、困ったことでした。

これで一歩前進。ただし、この先もっと大変なことが待ち構えています。ランドオペレーターから仕事を請け負うツアーのガイドとは誰なのか。その実態を調べていくことが次の段階でしょう。つまり、ランオペの次は、ガイドの登録制に向けた取り組みです。

ランオペ経由で調べていくことになるのでしょうが、これは簡単なこととは思えません。しかし、これをやらないと、観光ビザで来日し、滞在有効日数内にガイド業務を繰り返し、そのまま所得申告もしないで帰国する外国籍のガイド、いわゆる「スルーガイド」問題の解決には至りません。

もっとも、それをどこまでやるかのさじ加減も問われるところがありそうです。現在のアジアの多くの国々から訪れる団体ツアーのビジネスモデルの根幹に関わることだからです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-10-22 09:28 | 気まぐれインバウンドNews | Comments(0)
2016年 09月 30日

夏と秋の狭間で東新宿は比較的静かでしたが、発見もいろいろ(ツアーバス路駐台数調査 2016年9月)

9月は雨続きでした。新宿5丁目を訪れる中国ツアーバス客はかなり控えめになりました。

そのぶん、いろんな変化や発見がありました。

ひとつは、例の在日華人が運営する「民泊+車の送迎」サービスを利用する若い中国個人客の姿をちらほらこの界隈でも見かけるようになったことです。

とにかく、新宿は民泊が多い。以前は、欧米客を多く泊めていた、ぼくの仕事場の向かいの2階建て一軒家でも、最近は香港あるいは台湾系と思われる若いアジア客が出入りしている光景を見かけます。そこは、ホストファミリーがいる家なのですが、近所のマンションでも、「これはおそらく民泊利用者だろう」と思われる若い中国客の姿を見かけるようになりました。

一方、ツアーバスの台数は今月中旬くらいまではそこそこ来ていましたが、国慶節休みの近づく下旬になっても、それほど増えている様子は見られません。昨年のいまごろは、もう少し現れていたように思います。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(木)12:20 4台
2日(金)11:50 3台、19:00 2台
3日(土)12:30 4台
4日(日)未確認
5日(月)12:50 3台
6日(火)未確認
7日(水)11:40 4台、18:30 2台
8日(木)12:20 2台
9日(金)11:50 8台、18:40 2台 
10日(土)12:20 4台
11日(日)未確認
12日(月)11:50 3台
13日(火)12:10 4台
14日(水)13:20 2台
15日(木)未確認
16日(金)11:50 6台
17日(土)12:30 4台
18日(日)11:50 3台
19日(月)未確認
20日(火)未確認
21日(水)未確認
22日(木)12:20 3台
23日(金)未確認
24日(土)12:20 4台
25日(日)未確認
26日(月)11:40 3台
27日(火)未確認
28日(水)12:20 3台
29日(木)未確認
30日(金)12:10 4台、18:00 2台

以下は、9月30日の正午頃、いつものように新宿3丁目から仕事場に向かう道中で見かけた光景です。
b0235153_12192897.jpg
靖国通りの交差点で若い中国の個人客のグループがいました。
b0235153_12203775.jpg
小さな女の子連れの中国ファミリー客を見つけて、写真を撮らせてほしいと言ったのは白人の女の子のツーリストでした。もしかして、彼女は日本人と勘違いしているのかもしれません。
b0235153_12254482.jpg
東京医大通りのゲストハウスは、いまの季節は欧米客が多いようです。
b0235153_1225566.jpg
中国ツアー客専用食堂「金鍋」はその日の昼もお客でにぎわっていました。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-09-30 18:17 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 08月 31日

夏休みだけに中国のファミリー旅行者が目立ちました(ツアーバス路駐台数調査 2016年8月)

8月3日に約1ヵ月間の中国出張から戻りましたが、とにかく東京は蒸し暑いです。とても日中外出する勇気がありません。実際、この出張の成果をまとめないといけないこともあり、8月はほぼ仕事場にこもりっきりでした。それはもう土日もお盆もない感じで(愚痴ですね)、今月は自ら「労働月間」とみなし、仕事場に通い続けていました。

で、新宿5丁目に現れる中国ツアー客の状況ですが、ひとことでいえば、夏休みだけにファミリー旅行者が目立ちました。中国人団体客専用食堂「金鍋」のある東京医科大通りは、昼どきになると、中国団体客が行列をなして歩いています。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

4日(木)11:30 5台
5日(金)12:20 4台
6日(土)18:20 3台
※この日、友人が上京してきたので、表参道の建築を案内したり、明治神宮の宝物殿を訪ねたりし、夜は新宿グランベルホテルのオープンテラスバーで夜景を見ました。帰り際、歌舞伎町のロボットレストランの通りを抜けていこうとしたら、相変わらず欧米客でにぎわっていました。驚いたのは、入場料が8000円に値上がりしていたことです。3年前のオープン時は確か4000円くらいだったのに、すごい人気ですね。

b0235153_9254211.jpg

b0235153_9255488.jpg

b0235153_9261455.jpg

7日(日)未確認
8日(月)12:20 5台、16:50 2台
9日(火)12:20 6台 
10日(水)12:30 5台
11日(木)11:50 4台
12日(金)11:20 3台
13日(土)12:20 4台
14日(日)11:50 3台
15日(月)12:40 6台
16日(火)11:30 7台
※この日は、バスが多く、新宿5丁目には大勢の中国ツアー客がいました。みなさん、暑いので、日陰に身を寄せてバスを待っているのが、ちょっと気の毒です。
b0235153_9262792.jpg

これらの群集は「金鍋」で昼食をすませた人たちです。この頃が8月のピークだったかもしれません。
b0235153_9263984.jpg

b0235153_9265325.jpg

17日(水)11:50 5台
18日(木)12:20 4台
19日(金)11:50 3台
20日(土)12:20 4台
21日(日)12:40 5台
22日(月)11:50 2台
23日(火)12:00 3台
24日(水)11:40 5台
25日(木)12:40 2台
26日(金)12:20 3台
27日(土)未確認
28日(日)未確認
29日(月)11:50 4台
30日(火)12:10 4台、18:30 2台
31日(水)11:50 5台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-08-31 09:23 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 07月 05日

中国の夏休みが始まりました(ツアーバス路駐台数調査 2016年7月)

今年は空梅雨のようで、耐え切れない暑さが続いています。7月は、中国では夏休みです。一足早く、家族連れの中国客が増えそうです。

※中国の学校は9月入学の2学期制で,1~2月(春節期間)に約4週間の冬休み,7~8月に約7週間の夏休みがあります。

実は、今月は6日から長期の中国出張に行ってしまうため、ほぼこの調査はお休みとなります。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(金)17:50 3台
2日(土)17:20 1台
3日(日)未確認
4日(月)12:40 5台、18:00 3台
5日(火)12:40 3台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-07-05 10:24 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)
2016年 06月 07日

外国客に「娯楽サービス」は足りている?

前回、前々回とプロの通訳ガイドである通訳案内士の新しい動きを見てきました。

銀座と表参道をめぐる東京建築ツアー(英語)が面白い
http://inbound.exblog.jp/25882521/
通訳案内士の新しい動きに注目! 東京建築案内ユニットShowcase
http://inbound.exblog.jp/25883449/

ここで少しマクロの話をすると、観光庁が集計した「費目別にみる訪日外国人の旅行消費額」というデータがあります。

費目別にみる訪日外国人の旅行消費額(2015年)
b0235153_11443619.jpg

これをみると、費目として「宿泊」「飲食」「交通」「娯楽サービス」「買い物」「その他」に分けられていますが、外国人向けツアーは「娯楽サービス」にあたります。これにはTDRやUSJなどのテーマパークの入場費なども含まれると思いますが、比率でいうと、全体の3.0%。ふつうに考えて、旅行に不可欠な出費として「宿泊」や「飲食」「交通」、そして訪日アジア客の比率が80%を超えるいま、「買い物」が多くの割合を占めるのは当然かもしれません。でも、はたしてこれで外国客にとって日本の「娯楽サービス」は足りているといえるのでしょうか?

訪日外国人全体の旅行消費の推移(2011年~15年)
b0235153_1145399.jpg

もっとも、14年に比べ15年は総額が1.7倍と大幅に増えており、「娯楽サービス」もわずかですが比率を増やしています。今後はこのジャンルにもっと光が当たることが、日本のインバウンドを面白くするはずです。

では、いまこの市場に貢献しているのは誰か。それが、以下のようなツアーをはじめとしたアクティビティを扱うマーケットプレイスです。

viator (世界最大の現地ツアーを扱う。トリップアドバイザーの傘下に入る)
http://www.viator.com/
Voyagin (2012年にサービス開始した日本発の旅行体験予約サイト。15年、楽天の傘下に)
https://www.govoyagin.com/?lang=ja
Triplelights (2013年にサービス開始した通訳案内士と外国客のマッチングサイト)
https://triplelights.com/

これらの予約サイトやマッチングサービスの登場で、通訳案内士は外国人からダイレクトブッキングを受けられるようになってきたわけですが、このサービスに登録して集客を図る通訳案内士の側からみると、それぞれにどんな違いがあるのでしょうか。

Showcaseの木原佳弓妃さんによると「通訳案内士がこれらのサイトに登録する目的は、成約につなげることであり、登録するサイトが多ければ多いほどチャンスが増えると考えている。その際のいちばんの懸念事項は、コミッションの割合」だといいます。つまり、これらのサービスに登録する場合、発生ベースでガイド費の数%がサイト側に引かれるしくみになっており、ガイド側としては、それはなるべく低いほうがいいわけです。

さらに、「viatorは世界的に認知度の高いガイド検索サイトなので、Voyaginとはゲスト登録数の規模が違うと認識している。昨年からトリップアドバイザーと提携してviator経由で予約ができるようになったので、それまではツアー提供側の連絡先を確認して別途連絡をして予約を行う流れだったが、楽に予約できるようになった」と指摘します。

サービス提供側にも話を聞いてみましょう。

通訳案内士と外国客のマッチングサイトであるTriplelightsを運営する株式会社トラベリエンスの橋本直明社長とは、ちょうど1年前、話をしたことがあり、本ブログでも紹介しています。
b0235153_1147294.jpg

海外の観光ガイドサービスのモデルを日本に持ち込もう(2015年5月10日)
http://inbound.exblog.jp/24460875/

以下、最近お会いして話をお聞きした一問一答です。

-あれから1年、訪日客はますます増えていますが、トリプルライツはどうですか。

「昨年冬から今年の春に向けてUI(ユーザー・インターフェイス)を地道に改善し続けてきました。おかげさまでこの春、今までの4倍まで売上が伸び、現在複数名の新規採用とオフィス移転を予定しています」

-通訳案内士が外国人からダイレクトブッキングを受けるプラットホームとして、トリップアドバイザーやViator、Voyaginなどがあるようですが、御社と競合するそれぞれのサイトの特徴についてどう分析しておられますか。たとえば、どのジャンルが得意か、サービス内容の特徴は、登録している案内士の傾向、顧客層、実績などの面からみて何がいえるでしょうか。

「昨年、トリップアドバイザーがviatorを買収しました。全世界的に圧倒的な流入を実現していると思います。

たとえるなら、viatorは総合デパートのようなもので、特定なジャンルに強いというより、広く多種多様な品揃えをして、より多くのお客様を獲得していくモデルだと感じています。日本の旅行大手のパッケージツアーも扱いますが、オリジナル性の高い商品はそれほどないのでは。

一方、Voyaginは昨年、楽天に買収され、新しい成長を求められていると思います。チケット予約やレストラン予約など、よりパーソナルなトラベルコンシェルジェの機能が強化されてきました。外国人にはトラベルプランニングに手間をかけたくないというニーズがあり、そのニーズを満たすサービスだと感じます」

-では、彼らと競合するなか、トリプルライツはどう差別化していますか。

「viatorのガイド部門についていうと、海外のサービスなので、日本に支社がなく、ガイドさんへのサポートがほとんどありません。日本の通訳案内士は40代以上の方が大半を占めているため、ITリテラシーがそれほど高くなく、マニュアルやサポートがない中ではこういう海外のサービスはうまく使いこなせないのが実情ではないか。

viator expert tour guides
http://tourguides.viator.com/

その点、トリプルライツの場合は、ガイド一人ひとりに操作を説明する担当者がつくというサポート体制があります。実際、viatorに登録されている日本のガイドの数より、後から参入した弊社のほうが登録数は多く、現在約400名います」

-訪日市場におけるマーケットプレイスの現状について、いま何を感じていますか。

「まずツアー内容のバラエティがまだ少ないこと。人気なのは、サイクリングツアーやすし握りのようなフードツアーくらいでは。もうひとつが、地域の偏りです。実は、弊社のサービスに対する外国客の問い合わせの8割が東京、京都、大阪と大都市圏に集中しています。つまり、地方在住の通訳ガイドの活躍する場がまだまだ少ない。

※同じことは、トリップアドバイザーの都道府県別の外国人口コミ件数にも表れています。こちらでも、東京、京都、大阪で6割を占めています。

トリップアドバイザーで和風エンターテインメントが人気の理由
http://inbound.exblog.jp/25864340/

その理由は、圧倒的な外国語による情報不足だと考えています。問題は地方都市へのアクセスの難しさではない。たとえば、スノーモンキー(野生のサルが露天風呂に入ることで有名な長野県下高井郡山ノ内町の地獄谷温泉)のような外国人には行きにくい場所でも、広く知られるようになると、どっと彼らは現れる。もっと彼らが行きたいと思わせるような地方発の情報発信が必要です」

こうした認識は、先日知り合った名古屋在住のクリス・グレンさんと共通しています。実は、いまの日本には、外国人にしっかり届く情報がまだまだ不足しているのです。

なぜサムライは外国人の心を惹きつけるのか?
http://inbound.exblog.jp/25864895/

「こうした発想から生まれたのが、映像で見る日本最大の国内旅行ガイドブックとして昨年、立ち上げた「Planetyze(プラネタイズ)」です。

Planetyze(プラネタイズ)
http://planetyze.com

いま地方の動画コンテンツづくりに力を入れています。さらに、まだ経験の少ない地方在住の通訳案内士の方たちへのe-learningも始める計画です。情報発信と同時に、日本の通訳ガイドのスキルを向上させる必要があると考えています」

橋本さんの話を聞いていつも感心するのは、目の前のビジネスだけでなく、日本全体に欠けているインフラづくりを自ら担っていこうとする意欲があること。誰かがやらなきゃいけないなら、自分がやるという姿勢です。着地型ツアーの開発から始めて、通訳ガイドのマッチングサイト、そしていまやオンラインガイドブックの制作まで手がけているというのですから。

この領域には、ひとりの外国人(ステファン・シャウエッカーさん)が始めたジャパンガイドという先行者がいます。1996年に立ち上げられています。でも、もっといろいろあっていい。

japan-guide.com
http://www.japan-guide.com/
https://www.japan-guide.co.jp/

-ところで、昨今の通訳案内士制度の規制緩和への動きについてどう考えますか。

「よく言われているようなマーケットを奪うという話ではなく、むしろマーケットは広がり、通訳案内士にとってはチャンスだと考えます。いままで陽の当たらなかった業界が、規制緩和によって陽が当たり、多くの会社の智慧と投資が注がれ、業界が活性化します。実力のあるガイドにとってはより高単価に稼ぐことができ、経験がないガイドでも実力がつければチャンスが与えられると思います」

外国客への「娯楽サービス」をもっと提供するために、これからやることはいっぱいありそうです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-06-07 11:49 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2016年 06月 03日

新宿界隈のコンビニでは最近、アリペイ(支付宝)が使えます(ツアーバス路駐台数調査 2016年6月)

今月上旬、歌舞伎町に沿って靖国通りを歩いていてローソンに入ったところ、中国でよく見かけるマークを見つけてちょっと驚きました。
b0235153_19145519.jpg

中国のオンライン決済サービスの支付宝(アリペイ)です。このサービスは、昨年NY市場に上場して話題となった中国電子商取引最大手の阿里巴巴(アリババ)グループが提供しています。中国では実はクレジットカッードがあまり浸透しておらず、中国版デビットカードの「銀聯」が一般的には使われていますが、 いまや支付宝の普及が進んでいます。実際のところ、これほど中国で急速にECが普及した背景には、支付宝があります。

日本より進んでいる中国ECサービス 支えているのは誰か?
http://inbound.exblog.jp/25584174/

その勢いは、こうして新宿歌舞伎町という中国人観光客密集地域にも広がっているのです。彼らもドリンク類やスナックなど、ちょっとした買い物で使えるとしたら、こんなに便利なことはないでしょう。外国人のために、こんなに至れり尽くせりのインフラを用意するなんて、よくよく考えると驚きです。ヨーロッパでいうと、ギリシャとかイタリアのような観光立国ならではの光景といえるかもしれません。

何が驚いたかというと、これまで日本国内で支付宝を見かけたのは、外国客でにぎわうドンキホーテくらいだったからです。

銀座のドンキ、LAOXに徹底対抗!価格以外でも負けません!?
http://inbound.exblog.jp/25347932/

さて、中国団体客を乗せたバスは、相変わらず訪れていると、思っていたのですが…。異変が起きているようです。

※このカテゴリでは、2011年11月から始めた御苑大通り新宿5丁目付近におけるアジアインバウンドバスの路駐台数(≒中国客の動向)を記録しています。

1日(水)11:40 3台
2日(木)12:20 4台 
b0235153_19175219.jpg

※この日、焼肉屋「味仙荘」の前に停まったバスのそばに警官が現れていました。確かにここは「路上駐車禁止」でしょうけれど、何をどうしたいのでしょう。遠くから成り行きをきにして眺めているのは、別のバスに乗っている中国人ガイドです。

3日(金)12:10 7台
4日(土)未確認
5日(日)未確認
6日(月)12:10 1台、18:20 1台
※どうやら先日来の警察の指導のせいか、この日はバスは1台しか停まっていません。でも、「味仙荘」の前には、入店できない中国客が大勢待っていましたし、「金鍋」も中国客でにぎわっていました。ちなみに、「金鍋」は夜の一般営業をやめてしまったそうです。中国団体客も、夜の食事は都内でしなくなりつつあるようです。都内から遠く離れた場所にあるホテルに戻らないといけないからでしょう。

それにしても、「金鍋」なんて、まだ開店して1年もたたないのに、市場の変化は早いというべきか。中国ビジネスの難しさを、ここ新宿にいて、実感するしだいです。
b0235153_12333190.jpg

b0235153_12334150.jpg

要は、バスがここで大手を振って路駐できなくなってきたため、周辺に分散化したということでしょう。こうなってくると、5年以上続けてきたバスの台数調査ももう潮時かもしれません。

7日(火)13:00 2台
8日(水)12:50 7台、17:50 4台
※この日、たまたま職安通りを歩いていたら、こちらにも中国客を乗せたバスをずいぶん見かけました。どうやら免税店があるからのようです。

9日(木)12:40 1台、18:10 2台 
※バスは少なくても、専用食堂前の歩道には入店できない中国客があふれていました。路駐が厳しくなり、客を降ろすと、バスは周辺を回遊しているそうです。

10日(金)12:10 1台
11日(土)未確認
12日(日)未確認
13日(月)12:20 4台
14日(火)12:50 7台
15日(水)12:20 3台
16日(木)13:30 4台、18:30 3台
17日(金)11:30 4台、12:30 5台、18:10 2台
18日(土)未確認
19日(日)未確認
20日(月)12:20 4台
21日(火)未確認
22日(水)11:20 1台
23日(木)12:10 4台
24日(金)未確認
25日(土)11:40 4台
26日(日)未確認
27日(月)14:10 3台、18:30 2台
28日(火)12:50 4台
29日(水)11:20 3台
30日(木)12:00 2台
[PR]

by sanyo-kansatu | 2016-06-03 19:18 | 定点観測ツアーバス調査 | Comments(0)