タグ:ホテル・ゲストハウス ( 72 ) タグの人気記事


2015年 05月 24日

都心の外資系ラグジュアリーホテルはまるで時代の先祖返りのよう

近年、都心で本格化しているのが、外資系を含む大型高級ホテルの新規開業です。先日、東京駅周辺に集中している外資系ラグジュアリーホテルを訪ねて歩いてみました。

一般に富裕層が顧客とされるこれらのホテルの宿泊料金は、最低でも一泊約5万円から。いや、客室不足の昨今はもっと上がっているとも聞きます。こうなると、もはや誰でも気軽に宿泊できる価格帯ではないですが、東京五輪の開催が決定し、新たな開業ラッシュが始まっているのです。

なかでも最近の目玉は、14年12月、丸の内に一部営業を開始した個性派ラグジュアリーリゾートチェーンのアマンリゾーツによる「アマン東京」でしょうか。客室数を絞り込んだ極上のリゾートホテルチェーンとして国際的に評価の高い同グループが手がける初の都市型ホテルというふれこみで、巨大な和紙で覆われたガーデンレセプションなど日本の伝統素材が使われた館内の優雅な意匠の数々は、海外からも注目されています。
b0235153_10282833.jpg

アマン東京 http://www.amanresorts.com/amantokyo
b0235153_1028455.jpg

b0235153_10285956.jpg

場所は大手町タワー(千代田区)にあります。地下鉄丸ノ内線「大手町」を降りると、大手町タワーにつながっていますが、ホテルの玄関は「隠れ家リゾート」らしく、見えにくい場所にあります
b0235153_10291094.jpg

大手町タワーからJR東京駅方面に向かって歩くと、日本橋口にホテルメトロポリタン丸の内が見えますが、その向かって左手奥にこっそりとシャングリ・ラ東京の玄関が見えます。シャングリ・ラ東京は2009年3月に東京駅に隣接する丸の内トラストタワー本館27~37階に開業した中国系のラグジュアリーチェーンです。上海浦東地区の外灘に面した最も眺望のいい場所に立地しているシャングリ・ラ上海は国際的にも有名です。
b0235153_10292928.jpg

そこから八重洲口に向かって歩いていくと、有楽町方面にフォーシーズン丸の内が入ったパシフィックセンチュリープレイスが見えます。フォーシーズン丸の内の開業は2002年10月です。これを皮切りに、グランドハイアット東京(2003年4月 六本木)、コンラッド東京(2005年10月 浜松町)、マンダリンオリエンタル東京(2005年12月 日本橋)、ザ・リッツ・カールトン東京(2007年3月 六本木)、ザ・ペニンシュラ東京(2007年9月 有楽町)、そして前述のシャングリ・ラ東京と、2000年代の都心の外資ラグジュアリーホテルの開業が続きました。
b0235153_102944100.jpg

そして、2010年代に入り、新たな開業ラッシュを迎えています。

そのうちのひとつが、14年4月に開業したコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションです。八重洲口から京橋方面に歩くとあります。
b0235153_10304330.jpg

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション http://www.cytokyo.com/

東京駅周辺には、丸の内口に東京ステーションホテルもあります。東京駅周辺は、いまや東京を代表する最高級ホテル地区へと変貌しているのです。
b0235153_1033223.jpg

これまで東京では、1990年代(パークハイアット東京、ウェスティン東京など)、2000年代(グランドハイアット東京、コンラッド東京、マンダリンオリエンタル東京、ザ・リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京など)と外資系の進出が散発的に続いていましたが、五輪を控えた10年代はその第3期に入ったといえそうです。

一般に海外の富裕層は安心できる宿泊先として国際的に知られるホテルチェーンを選ぶ傾向があるといいます。どんなに日本国内で有名なホテルや高級旅館でも、宿泊先として選ばれるまでのハードルは高いものです。むしろ知名度の高い外資系ほど、東京五輪は商機といわれるのはそのためです。

しかし、こうした外資の相次ぐ進出で、日本の老舗高級ホテルは生まれ変わりを迫られています。たとえば、「御三家」のひとつ、ホテルオークラ東京は現在、本館の建て替えに着手しています。前回の東京五輪の2年前(1962年)に開業した同ホテルは老朽化が長く課題となっていましたが、約1000億円を投じて高さ200mと80mの2棟のビルを新設するようです。地上38階建ての高層棟をホテルとオフィスの複合施設にする計画です。
b0235153_1034105.jpg

旧赤坂プリンスホテル跡地でも再開発計画が進行中で、新たな高級ホテルが誕生します。アマン東京が進出したばかりの大手町では、「都市型(温泉)旅館」という日本ならではのカテゴリーを掲げる「星のや東京」も進出予定です。天然温泉を完備して外資との差別化を図るそうです。これらの連動した動きは、多様な外国客のニーズに応えることで、日本のホテルシーンの活性化をもたらすものと思われます。

2010年代の都内の主な大型ホテル開発

14年4月 コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
14年6月 アンダーズ東京 
14年12月 アマン東京 
15年4月 ホテルグレイスリー新宿
16年夏 旧赤坂プリンスホテル
16年中 星のや東京
19年春 ホテルオークラ東京リニューアル
b0235153_10344560.jpg
虎の門ヒルズに入居しているアンダーズ東京は昨年4月に開業

一般に外資系ラグジュアリーチェーンは、ホテル物件を所有せず、運営に特化する経営スタイルや、都心の再開発地区の超高層複合ビルの上層階に入居していること、そして客室数を極力絞り込んでいることが特徴です。アマン東京は84室、アンダーズ東京は164室。客室数だけみれば一般のビジネスホテル並みです。

ところで、外資系ラグジュアリーホテルなんて格差社会の象徴、自分には関係ない話と思ってしまうところがないとはいえませんが、ふとこんなことも思います。

いま起きていることは、時代の先祖返りなのではないだろうか。

前回の東京五輪(1964年)が開催された昭和のある時期まで、外資に限らず日本のホテルは一般庶民が足を踏み入れることのない世界でした。だって、当時の庶民は「駅前旅館」を利用していたのです。ビジネスホテルだって生まれてなかったのですから。

その後、かつて高嶺の花だったホテルで供されたサービスや食が大衆化され、特に1970年代以降、日本の社会に普及していきます。帝国ホテルで昭和30年代に始まったバイキングなんてのもそのひとつです。

こうした大衆化こそ、いまアジア客の“爆買い”の対象となっている日本の衣食住に関わるさまざまな消費財やサービスが生まれた原点だったといえるのではないか。昭和の時代の“ラグジュアリー”施設の代表だったホテルで提供されたコンテンツとその発展形が、今日多くのアジア客をひきつけるベースとなっているのだと思うのです。

これから東京にはどんな新しいホテルシーンが生まれていくのでしょう。かつてと同様、外資系ラグジュアリーホテルには、未来を先取りする役割を果たしてくれることを期待したいものです。

はたしていまの日本にそれをかつてのように大衆化させるだけの活力が残されているだろうか、そう否定的に見る向きもあるかもしれません。でも、そこに日本らしさがあると信じたい気がします。

[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-05-24 10:35 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)
2015年 05月 24日

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)

エクスペディアでは、今年3月下旬、訪日外国人の集客に成功したホテルを表彰する「エクスペディアアワード2015」を発表しています。国内の外国客に人気のホテルや日本政府観光局(JNTO)などを招いて表彰式を行なったそうです。

2014年、エクスペディア経由で外国人旅行者に予約された件数のランキングでトップとなったのは、ホテル部門で「ホテルサンルートプラザ新宿」、ホステル・ゲストハウス・旅館部門で「新宿区役所前カプセルホテル」でした。以下、10位までのランキングです。

1位 ホテルサンルートプラザ新宿(南新宿)
2位 新宿グランベルホテル(東新宿/歌舞伎町)
3位 新宿ワシントンホテル(西新宿)
4位 京王プラザホテル(西新宿)
5位 ホテルモントレ グラスミア大阪
6位 ホテル日航成田
7位 新宿プリンスホテル(東新宿)
8位 品川プリンスホテル(品川)
9位 新宿区役所カプセルホテル(東新宿/歌舞伎町)
10位 ホテル日航関西空港

エクスペディアのリリースによると、ホテル部門トップの「ホテルサンルートプラザ新宿」が人気の理由は、自社サイトのクチコミ返信を行なうなど、ネットを有効活用していること。ホステル・旅館部門の「新宿区役所前カプセルホテル」では女性専用フロアの設置や海外メディアの積極的な対応で、訪日外国人の関心を引き、差別化につながったといいます。

このランキングをみて興味深いのは、都内のホテルとしてランキングされた7軒中、6軒が新宿に立地していることです。

エクスペディアでは、主要8カ国・地域の都内の予約件数の多いエリアをランキングしています。これをみても、欧米(アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス)、アジア(韓国、香港、タイ、台湾)すべてにおいて新宿がトップになっています。
b0235153_10244596.jpg

一方、2位以下は欧米系は銀座や東京駅周辺、アジア系や池袋や上野と、人気のエリアが分かれています。また2014年に前年対比で伸びているのが上野(247%)、浅草(246%)、池袋(186%)であることから、アジア系の利用者が増えていることもうかがえます。

リリースでは、以下のような「国別人気宿泊エリアマップ」を作成しています。
b0235153_1025462.jpg

これをみても、東京の南半分(東京駅周辺、銀座、赤坂、渋谷)は欧米系に人気で、北半分(新宿、池袋、上野、浅草)はアジア系に人気であることがわかります。新宿は国を問わず外国人旅行者に人気です。

エクスペディアの利用者は、あくまで海外の個人旅行者(FIT)であることから、中国本土から来た団体客などは含まれていません。ですから、これだけで訪日外国人旅行者のホテル利用の実態をすべて説明することはできませんが、こうした都内のホテル地区の可視化は、ますます色濃くなっていくものと思われます。

※エクスペディアが配信する海外からの訪日ホテル予約の多い国などのリリースは以下参照のこと。

エクスペディアではアジア各国からの訪日ホテル予約が急増している
http://inbound.exblog.jp/24509107/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-05-24 10:25 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)
2015年 05月 23日

エクスペディアではアジア各国からの訪日ホテル予約が急増している

世界最大のオンライン旅行会社であるエクスペディアは2006年11月に日本法人を開設し、日本の消費者向けに海外ホテル予約サービスをスタートしています。

エクスペディア
http://www.expedia.co.jp/

もともと日本の旅行マーケットを対象に参入してきたエクスペディアですが、ここ数年海外からの外国人旅行者の国内ホテル予約が増えています。エクスペディアはマイクロソフトの旅行部門として設立された会社ですから、アメリカ市場の収益が最大で、訪日市場も現状ではアメリカ人の送客が大きいようですが、この2、3年でアジアからの送客もすごい勢いで増えているようです。

2015年3月24日付けの同社のニュースリリースによると、2014年のアジア各国の訪日ホテル手配件数の前年度比の数字は以下のような驚異的なものです。

1位 香港 740%
2位 タイ 416%
3位 マレーシア 288%
4位 台湾 281%
5位 フィリピン 253%

特に前年対比7倍以上となった香港、4倍以上のタイが注目されます。2014年の訪日外国人旅行者数の1位が台湾、5位香港、6位タイとくれば、その理由もわかるというものです。

現在、エクスペディアは日本やインド、オーストラリアなどの先行グループに加え、同上の国々などアジア11カ国に販売拠点を開設しています。その多くの国で2012~13年にかけて現地法人が設立されたため、アジアからの訪日予約が一気に増えたことが考えられます。

韓国、香港、台湾、タイのエクスペディアによる2014年の海外ホテル予約件数のランキングはすべて日本がトップです。
b0235153_20263941.jpg

またこの4カ国の人気海外都市(ホテル予約件数)のランキングも、台湾とタイで東京が1位、韓国と台湾で大阪が2位と上位を占めています。また他にも京都や沖縄、福岡などが10位までのランキングに入っており、地方都市への予約も動き出していることがわかります。

ちなみに2014年の日本の人気都市ランキング(ホテル予約件数)は以下のとおりです。

1位 東京
2位 大阪
3位 沖縄
4位 京都
5位 福岡
6位 札幌
7位 名古屋
8位 神戸
9位 長崎
10位 函館

言うまでもなく、エクスペディアを利用するアジア客は個人旅行者(FIT)です。彼らは格安なLCCなどを利用して訪日するリピーター層でもあります。前年対比でいうと、金沢(718%)、沖縄(515%)、長崎(462%)、名古屋(447%)、小樽/富良野/網走(436%)、高山(426%)、奈良(424%)、長野(362 %)、岐阜/富山(361%)、札幌(337%)などの地方都市が伸びているようです。

これからはアジア系の旅行者もどんどん地方都市へ個人旅行する時代になりそうです。ツアーバスで押し寄せる団体客とは違い、英語を話し、洗練されたアジア系個人旅行者が地方に増えると、外国客に対するイメージも変わっていくのではないでしょうか。

※エクスペディアが配信する都心の人気ホテルや地区については以下を参照のこと。

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)
http://inbound.exblog.jp/24510962/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-05-23 20:27 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2015年 05月 23日

外国客は日本のお宿に満足しているか?(海外予約サイト参入と日本のホテルシーン)

訪日外国人数が昨年(2014年)1300万人を超え、全国の観光地や都市部で多くの外国人旅行者の姿を見かけるようになりました。では、いったい彼らはどこに泊まって、旅の荷をほどき、休んでいるのでしょうか。

こうした素朴な疑問にすっきり答えるのは意外に難しいところがあります。なぜなら、外客全体の5人のうち4人を占めるアジア系、すでにFIT(個人旅行)化している成熟市場の欧米系、富裕層や訪日客のボリュームゾーンであるミドルクラス層、さらにはお金をなるべくかけずに長期旅行を楽しむバジェットトラベラー層に至るまで、我々が一般に想像する以上に、さまざまな国籍や階層からなる訪日外国客の宿泊実態は多様化しているからです。
b0235153_128553.jpg
2014年6月虎の門に開業したアンダーズ東京
b0235153_1292995.jpg
開業以来100%近い客室稼働率を誇るというアパホテル新宿御苑店
b0235153_1294695.jpg
海外FITに人気のサクラホテル(池袋)

はたして外国客は、日本のお宿に満足しているのでしょうか? 

こうした多様な外国客と宿泊施設を直接結びつけているのが、ホテル予約サイトです。ホテル関係者によると、訪日客の増加にともない、海外からのサイト経由の予約が増えているといいます。

その認識は外資系ラグジュアリーホテルからゲストハウスの経営者に至るまで変わりません。ホテル予約サイトは、宿泊施設の特性やポジショニングに見合った顧客を選び出し、マッチングさせるしくみだからです。しかも世界中至るところにいる人たちに存在を伝えてくれるのです。

どんなに無名の宿泊施設でも、予約サイトのプラットフォームの上では、見せ方次第で外国客の目に留まる可能性があります。近年、外国客が多く宿泊するエリアとなっている東新宿の老舗ビジネスホテル「ホテルたてしな」の担当者も「昔は国内客がメインだったが、いまでは閑散期は外国客のほうが多くなる。海外からの予約はExpediaなどを使ったネット予約が大半だ」と語っています。

ここ数年で、海外の主要なホテル予約サイトはほぼ日本に参入してきたといえます。外国客が利用している主な海外ホテル予約サイトは以下のとおりです。

Expedia http://www.expedia.co.jp/
Agoda http://www.agoda.com/ja-jp
Booking.com http://www.booking.com/index.ja.html
Hotelbeds http://www.hotelbeds.com
HRS https://hotelservice.hrs.com/portal/
Ctrip http://jp.ctrip.com/

世界の3大ホテル予約サイトといえば、「Expedia」「Agoda」「Booking.com」でしょう。そのうち欧米系の利用者が多いのは「Expedia」、アジア系は「Agoda」、「Booking.com」はまんべんなくといった特性があるようです。宿泊施設によって顧客層が異なるので一概にいえませんが、客室単価は「Agoda」が高く、「Expedia」は低い傾向にあるといわれます。

ただし、これらの海外ホテル予約サイトはそれぞれ会員特性やサービスが微妙に異なるため、宿泊施設側もどこと契約すべきか、検討が必要です。

ホテル予約サイトの普及によって、宿泊施設側は需要が見込めない閑散期には価格を下げ、繁忙期には上げるなど、収益の最大化を図るレベニューマネジメントの導入や多言語対応が必須となっています。訪日客がますます多様化するなか、予約担当者はこれまで以上に市場の動きを読み解く知見が求められるようになっています。

また外国客の利用が増えれば、ホテル側も新しい施設やサービスを提供していくことでしょう。Wi-fiの導入が進んでいるのもそのためです。

海外ホテル予約サイトが日本のホテルシーンをどう変えていくのか。要注目です。

※エクスペディアが訪日客のホテル予約状況について、以下の興味深いリリースを配信しています。

エクスペディアではアジア各国からの訪日ホテル予約が急増している
http://inbound.exblog.jp/24509107/

新宿は都内で外国客に最も人気なホテル地区(エクスペディア調べ)
http://inbound.exblog.jp/24510962/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-05-23 12:15 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2015年 04月 30日

白頭山(長白山)の国際観光化の行方はいかに?

最近、北朝鮮が外貨獲得のために外国人観光客を呼び込もうとする動きを再開したことがいくつか報じられています。

北朝鮮 白頭山のふもとに国際観光特区を設置 【ソウル聯合ニュース(2015.4.23)】

「北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、中朝国境地帯にある白頭山のふもとの両江道三池淵郡に「国際観光特区」を設置したと報じた。特区指定に関する最高人民会議常任委員会の政令が22日に発表されたという。

北朝鮮による国際観光特区の指定は南東部の景勝地・金剛山(2011年)に続き2例目となる。金剛山と併せて白頭山観光を本格的に活性化し、外貨稼ぎに力を入れるとみられる。

政令によると、三池淵郡の茂峰労働者区の一部地域が「茂峰国際観光特区」に指定された。

茂峰労働者区は標高1220メートルの位置にあり、北朝鮮は2000年代初めから同地に宿泊施設や浴場などを建設し、「山中の休養所」と宣伝してきた。空港も近く、北朝鮮内の他地域に比べ観光産業の育成に必要なインフラが整っている」。

平壌・上海間に定期便=26日に就航-中国メディア【上海時事(2015.4.25)】

「中国のニュースサイト澎湃は25日までに、北朝鮮国営高麗航空の平壌-上海間の定期直行便が26日に就航すると報じた。これまで同路線はチャーター便だけだった。北朝鮮は最近、観光に力を入れており、中国人観光客の取り込みを狙ったとみられる。

直行便は毎週日曜と木曜に平壌から上海へ飛び、月曜と金曜に平壌へ戻るという。北朝鮮と中国を結ぶ定期便は現在、平壌-北京と平壌-瀋陽の2路線。上海からは夏季に観光用のチャーター便が出ていた。

北朝鮮は今回の定期便就航に合わせて、旅行商品の価格を下げたという」。

北朝鮮の高麗航空が中国河南省の鄭州と平壌を結ぶチャーター路線を開設【Daily NK 2015年04月27日】
http://dailynk.jp/archives/40394

「北朝鮮の高麗航空が中国河南省の鄭州と平壌を結ぶチャーター路線を開設したと、米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が22日、中国人民日報の記事を引用して報道した。

報じられたチャーター便は、19日に鄭州空港を離陸し、2時間20分後に平壌空港に着陸した。平壌に到着した140人の中国人観光客は平壌市内、開城、金剛山、板門店などを巡る4泊5日のツアーに参加している。

高麗航空が直行便を開設した中国の都市はこれで6つ目。これまでにも上海、延吉、瀋陽、西安などに直行チャーター便を飛ばした実績がある。

平壌ー上海便は昨年7月から10月まで運行され、上海発は木曜日、平壌発は日曜日に運行されていた。

北朝鮮はエボラウイルス流入を遮断するために外国人観光客の入国を禁止していたが、解除されて以降は中国人観光客が増えており、今回のチャーター便就航もその流れによるものだ。

一方、中国の吉林新聞はも延吉ー平壌間のチャーター便が6月に運行を再開すると伝えている。高麗航空の関係者は同路線を10月まで運航し、搭乗率によっては定期路線化も視野に入れていると語った。

さらに、中国の人民網は、ハルビン空港の関係者がハルビン平壌路線の復活について高麗航空の関係者と協議していると伝えた。

高麗航空の路線拡大、サービス改善は飛行機好きの金正恩氏の意思でもある。韓国の中央日報によると、2012年5月に高麗航空機に搭乗した金正恩氏は「機内食の質を高めて乗務員の衣装も洗練されたものにせよ」との指示を出した。

それに伴い、CAの制服は新しいものになり、高麗航空名物とまで言われた機内食のハンバーガーも一般的な機内食に変わった。また、EUや中国政府に域内飛行禁止を言い渡された旧型機種に変わるツポレフ204-300、アントノフ148の導入、平壌空港新ターミナル建設など国を上げての努力を行ってきた。

ところがそんな努力のかいもなく、英スカイトラックス社が毎年発表している航空会社のランキングで4年連続最下位レベルの1つ星を記録してしまった。680あまりの調査対象で1つ星を授与されたのは高麗航空だけ。不名誉な記録に金正恩氏はたいそうお冠だろう」。

さて、聯合ニュースが伝えるように、北朝鮮は中朝両国の国境地帯となっている白頭山(長白山)を国際観光特区として開放し、現在活況を呈している中国側だけでなく、北朝鮮側にも国内外の観光客を招き入れたいと考えているようです。しかし、このアイデアはもう10年前から言われていたことで、2000年代半ばの核開発などをきっかけに悪化した中朝関係もあってか、まったく実現には至っていません。その間に、中国側は着々とインフラ開発を進め、今日では中国国内でも稀に見る美しい現代的な山岳リゾートエリアに様変わりしています。その様子は本ブログでもすでに何回か報告しています。ぼく自身は、2000年代以降、長白山には4回足を運んでいます。

いま中国で人気の山岳リゾート、長白山
http://inbound.exblog.jp/20458097/

長白山(白頭山)は5つ星クラスの高原リゾート開発でにぎわっています
http://inbound.exblog.jp/20386508/

中国側にはすでに5つ星クラスの山岳リゾートホテルができているというのに、北朝鮮側では、表向き宿泊施設はあるとはいっているものの、実際の宿泊客を長期にわたって滞在させることは難しいようです。確かに週1便の平壌・三池淵(白頭山の最寄空港)線のフライトは運航されていると聞きますが、日帰り客のみのようですから。

これだけ両国の観光インフラに差がついてしまうと、中国側から北朝鮮側に足を運んだ観光客は両国の発展の違いを強く印象づけられることでしょう。かつて金剛山では韓国による同胞としての温情的な投資で現代的なホテルや温泉施設などが建設されましたが、同じことを期待するのであれば、中国側の要求に対してそれ相応の譲歩をしなければならないでしょう。はたして北朝鮮はそれを受け入れられるのか。現状がずっと硬直して動かないのは、むしろ北朝鮮側の覚悟が足りないからのように見えます。先日(4月18日)白頭山を視察したという金正恩第1書記は何を考えているのか。

さらに、両国の間には、国力の圧倒的な違いだけでなく、歴史認識問題もあります。白頭山を朝鮮民族の聖山とみなす北朝鮮側と、もともと中国の領土だった長白山の一部を朝鮮にくれてやったとする中国側の認識には大きな隔たりがあるのです。

長白山(白頭山)が中韓対立の舞台となっている理由(「東北工程」とは何か)
http://inbound.exblog.jp/20593858/

とはいうものの、もし本当に長白山(白頭山)の国際観光化が実現し、徒歩で両国を往来できるようになるのだとしたら、海外からも注目されることでしょう。開発の遅れたおかげで残されている北朝鮮側の原生林や高原植物は類まれな美しさでしょうし、これまで平壌経由でしか見ることのできなかった北朝鮮側から天池を眺めることもできるでしょう。

さて、前ふりがずいぶん長くなってしまいましたが、今回ぼくが書きたかったのは、いまはなき長白山のユニークな温泉旅館の話です。
b0235153_9132038.jpg

それは1998年に中日合資で建設された長白山国際観光ホテル(当時)です。開業当時は、長白瀑布から徒歩15分という好ロケーションにある唯一の現代的なホテルで、源泉から引いた温泉やサウナもあり、長白山で山岳リゾートライフを楽しむには最適の宿でした。
b0235153_9133457.jpg

露天風呂もあって、春先はまだ雪も残る長白山登山で冷えた身体を温めてくれました。
b0235153_9135539.jpg

b0235153_914849.jpg

客室も広く快適で、2000年代初頭の中国の山岳地域ではこれだけの設備を伴う宿泊施設は少なかったと思います。

このホテルを開発したのは在日朝鮮人のP氏でした。1992年の中韓国交正常化以降、多くの韓国人観光客が長白山を訪ねるようになったこともあり、栃木県の運輸業者だったP氏はこの地に投資したのです。

ぼく自身はこのホテルを2回訪ねています。ある年の5月、北朝鮮から招聘した服務員たちの歓待を受けたことがあります。
b0235153_9142765.jpg

そうなんです。中朝国境に近い山岳地帯で北朝鮮の美少女楽団による演奏会と食事でもてなされたのです。

これがそのときの写真です。よくもまあこんな山奥でこれだけの皆さんを揃えられたものです。
b0235153_91575.jpg

b0235153_9152043.jpg

b0235153_9154092.jpg

b0235153_9161329.jpg

b0235153_9163133.jpg

演奏後もかいがいしく働く彼女たちの様子をカメラマンは撮り続けています。ちょっと想像してみてください。我々はまるで浦島太郎になって竜宮城にでも来たような気分になっていたのです。
b0235153_9164339.jpg

b0235153_9175994.jpg

b0235153_9214969.jpg

今思えば、こういうもてなし方というのは、朝鮮の伝統的な手法といえるでしょう。我々はまんまとそのお膳立てに乗せられてしまったのかもしれません。朝鮮側の宣伝戦の一端を担わされたといえなくもないからです。

もっとも、その引き換えとして我々が提供できたのは、このホテルの紹介記事をある旅行ガイドブックに載せただけのことです。実際には、たいした宣伝効果はなかったわけですが、それを見た中国側の理解は若干違ったかもしれません。

2008年頃から、すでにこのホテルは吉林省政府がこの地域の観光開発を主導するために設立した長白山管理委員会から買い上げを迫られていました。長白山の観光利権を海外資本に与えることなく、中国側がすべてを握ろうとしていたのです。

その後、このホテルは12年に完全に閉鎖されてしまいました。14年夏に訪れたときは、跡形もなく取り壊されていました。
b0235153_9183330.jpg

これが取り壊し前の長白山国際観光ホテルの外観です。ご覧のとおり、平壌によくある朝鮮風の建築でした。中国側からすると、これも問題とみなされたかもしれません。ここは中国なのだから、というわけです。そうでなければ、取り壊しまでする必要はないではありませんか。

こうしたもろもろの背景があったにせよ、このホテルの野趣あふれる露天風呂は素晴らしかったと言っておきたいと思います。

今、長白山周辺には国際的なリゾートホテルが続々建設されています。その一軒にぼくは泊まったことがありますが、施設は立派に設計されているものの、肝心の温泉の運用に問題がありました。お湯がぬるすぎるのです。泉質については、さすがに悪くはないのでしょうが、お湯の温度調節ができていないのです。おそらく現地スタッフはこうしたことに慣れていないのでしょう。

その点、長白山国際観光ホテルの露天風呂はまさに源泉かけ流しそのもので、湯加減もサイコ―でした。在日の方とはいえ、日本の温泉文化をよく知る人物が設計していたからでしょう。

【追記1】
5月末になって以下のニュースが報じられました。

金正恩体制の聖地「白頭山」へ向かう観光鉄道工事再開(Daily NK 2015年5月30日)
http://dailynk.jp/archives/44934

その一部を抜粋します。

「白頭山観光鉄道(三池淵線)」は、朝鮮の霊山であり、金正恩体制の聖地「白頭山」と麓を結ぶ鉄道だ。両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)と鯉明水(リミョンス)を結ぶ森林鉄道として日本植民地時代に開通したが、1948年に一般鉄道に転換。これまで革命史蹟訪問に利用されてきたが、1994年に大洪水で路盤が流出した。(中略)

今回の工事において、北朝鮮当局は始発駅を渭淵(ウィヨン)駅から数キロ内陸に入った大五川(テオチョン)駅に変更、線路を付け替えて路線を新設した。

再開した理由だが、金正恩体制の正当性の柱「白頭の血統」をより強調するためにも復旧すべきという判断があったと見られる。金正恩氏は、白頭山観光鉄道の新設路線の測量結果を受け取り、2015年4月から復旧工事を再開せよと指示を下したという。

しかし、故日成氏の誕生や人民軍創設記念日などの準備に忙殺されたが、5月25日になって、ようやく工事が始まった。両江道の内部情報筋によると、2万人にも及ぶ人々が特別列車に乗って現地に到着したという。また、工事用の機械や資材を載せた列車も続々と到着している。

しかし、今回動員されたのは通常の「6.18突撃隊」ではなく、各道で選抜された人員からなる「白頭山観光鉄道突撃隊」という。

当初は、3万人が動員され「2020年の完成」を目指したが、完成目標が来年の10月10日に労働党創建日に前倒しとなった。また、前回の工事中断後「高山果樹農場」の建設に投入されていた「6.18突撃隊」も今後は再合流して、合計7万人という大規模動員を投入する予定という。

今のところ、「労働者用の宿舎を建設している段階」(内部情報筋)だが、目標に間に合わせるために「速度戦」、つまり杜撰で手抜きだらけの突貫工事になる可能性が高い。

※朝鮮に対する批判的な姿勢はお約束事の「突貫工事になる可能性が高い」で結ばれている記事ですが、朝鮮側に白頭山を観光地化したいという意向があることはうかがえます。それが実現できるかどうかはまた別の話です。

【追記2】
さらに、7月には中国発白頭山行きのバスツアーが始まったようです。

今年7月から中国発白頭山(北朝鮮)ツアーが始まったそうです
http://inbound.exblog.jp/24763312/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-04-30 09:19 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)
2015年 03月 27日

訪日客増加で客室も足りない!?  多様化する宿泊ニーズに対応した新サービスや業態転換はどこまで進むか

今日の朝刊で以下の記事が報じられていました。

国内宿泊客最多4.7億人、14年外国人33%増(朝日新聞2015年3月27日)
http://www.asahi.com/articles/ASH3V4W9BH3VULFA01B.html

一昨日、やまとごころのサイトに寄稿したのが、ちょうどこのテーマでした。以下、全文を掲載します。

http://www.yamatogokoro.jp/report/2015/report_11.html

訪日外国人数が1300万人(2014年:1341万人)を突破し、全国の観光地や都市部で外国人旅行者の姿をよく見かけるようになった。

なかでも東京や大阪など大都市圏のホテルは客室稼働率が上昇。外国客の国内手配を担当するインバウンド関係者からは、春と秋の繁忙期には各国の訪日ツアー客の受入を断念しなければならない事態が常態化しているとの声が聞こえてくる。

政府は2020年までに訪日外国人2000万人の目標を掲げるが、都内の旅館やホテルの客室数は現在約14万室。訪日2000万人時代には「1万室が不足する」(JTB総合研究所)といわれる。

早くもこの時点で訪日を希望する外国客の受入をお断りしているようでは、達成は難しい。昨年、本レポートで指摘したツアーバスの不足問題とともに、客室不足も今後の訪日旅行市場の成長にとって大きな懸念材料になっている。

ホテルの客室不足は2020年まで続く!?

2014年の国内ホテルの客室稼働率は好調だった。だが、都市別にみると地域差がみてとれる。前年比で大きく伸ばしたのは、ともに3.0%増の大阪(88.9 %)や沖縄(77.3%)だが、名古屋のように0.7%減(84.0%)の都市もあるのだ。通年で86.0%と高い稼働率で推移する東京も、8月以降は前年度を下回る月が多かった。

売り手市場となったことからホテルの客室単価が上昇している影響が考えられる。海外の旅行会社からは「都心のホテルは予約がただでさえ入らないうえ、高くなった」という恨み節が聞かれる。客室を押さえられないため、ツアー催行を断念するケースも増えているからだ。低価格で大量送客するビジネスモデルの団体ツアーでは、都内の宿泊施設を避け、近隣県にシフトしているのだ。「東京はホテルが取りにくい」という風評の広がりは気になるところだ。

こんな指摘もある。ある上海の旅行関係者は「20年まで日本のホテル不足は続くだろう」と観念しているという。なぜなら、都内の客室供給は今後それなりに増えるだろうが、五輪後の需要の落ち込みをふまえ、日本の開発業者は慎重だからだ。上海万博(10年)前のホテル開業ラッシュで、中国の高級ホテルは軒並み客室稼働率の低下に悩んでいる。日本側が上海を反面教師にするのは当然だと彼らはみているのである。

もっとも、訪日外国客の宿泊実態はさまざまだ。全体の5人のうち4人を占めるアジア系、すでにFIT化している成熟市場の欧米系、富裕層から訪日客のボリュームゾーンであるミドルクラス層、さらにはお金をなるべくかけずに旅行を楽しむバジェットトラベラー層に至るまで、国籍や階層、年代別に異なるその実態は多様化している。

問題は単に客室不足だけではないのだ。多様化する宿泊ニーズへの適切な対応こそが求められている。

これは新規ビジネス創出のチャンスである。以下、この喫緊の課題に応えるべく、国内で生まれつつある新しい宿泊サービスや業態転換などのユニークな動きをみていきたい。

都内のホテル地区が可視化してきた

2014年12月、ラグジュアリーリゾートの代名詞であるアマンリゾーツによる「アマン東京」が大手町タワー(千代田区)に一部営業を開始した。国際的に評価の高い同グループが手がける初の都市型ホテルだけに、巨大な和紙で覆われたガーデンレセプションなど、日本の伝統素材が使われた館内の優雅な意匠の数々は、海外からも注目されている。
b0235153_1448239.jpg

アマン東京 http://luxury-collection.jp/hotel/Amantokyo/

一般に外資系ラグジュアリーホテルは、物件を所有せず、運営に特化する経営スタイルを採用。都心の再開発の目玉である超高層複合ビルの上層階に入居し、客室数を絞り込んでいることが特徴だ。アマン東京は84室。客室数だけみれば一般のビジネスホテル並みで、今日急増する訪日外国客の客室不足の解消には必ずしもつながらない。

富裕層向けの外資系ラグジュアリーホテルの動向は華やかな話題性があるものの、訪日外国客のボリュームゾーンを占めるのは、やはりミドルクラスの旅行者である。こうした我々日本の一般国民の感覚に近い外国客が利用する宿泊施設の集まる地区が近年、都内に現れている。これは欧米やアジアのインバウンド先進都市にはほぼ見られることで、東京でも遅ればせながら可視化してきたといえる。

現在、都内の主なホテル地区は、新宿や銀座、品川、上野、浅草などだろう。これらの地区は、外資系ラグジュアリーホテルが集中する東京駅周辺(八重洲、丸の内、日本橋など)や六本木とは明らかに街の景観が異なっている。エリアによって宿泊施設のタイプや旅行者の層も色合いが違う。同じ地区の中に、欧米やアジアの個人客、ビジネス客が利用するシティホテルと、一般レジャー客のための宿泊特化型ホテルチェーンやビジネスホテルが混在していることも多い。最近では、若いバジェットトラベラー向けのゲストハウスが増えている浅草から隅田川沿いのようなエリアもある。

気がついたらまわりに外国人が……東新宿は外客FITゾーンに変貌中

新宿は1970年代に開発された西新宿のホテル地区が広く知られているが、近年JR山手線をはさんだ内側の東新宿にある手ごろな価格帯のビジネスホテルを利用する外国客が増えている。主に欧米からの個人レジャー客だ。この地区のホテルは以前、地方からの出張客やレジャー客が主に利用していたが、外国客もそれに加わりつつあるのだ。円安の影響で50米ドルを切る価格帯のホテルも多いことから、いまや東新宿は外客FITゾーンになっている。
b0235153_1449516.jpg

なかでもこの地区では老舗の「東京ビジネスホテル」は外国客比率の高いことで知られる。関係者によると「うちは昔から欧米客が多い。口コミで訪ねてくる方ばかり。西新宿のホテルに比べると宿泊料金は半分(1泊4100円~)だから、長期滞在される方が多い。うちを拠点に箱根や京都に行ってこられる方もいる」という。シンプルなホテル名が外国客にわかりやすいことも大きいようだ。

フロントサービスもチェックイン・アウトの手続きなど簡略なもので、西新宿のシティホテルのようなコンシェルジェ機能は特にない。施設や客室も決して新しいとは言えない。それでも、コストパフォーマンスを重視する宿泊客には問題ないようだ。彼らは自らネットを活用し、東京滞在を楽しんでいる。
b0235153_14491926.jpg

東京ビジネスホテル http://tbh.co.jp/

最近、東新宿ではアジアからの個人客も増えている。香港や東南アジアから来た若い旅行者が、新宿3丁目や東新宿の地下鉄駅から重いスーツケースを引きずり、ガラガラ音をたてながらホテルに向かって歩いている。都心に位置しながら閑静な住宅街だった東新宿の住人からすると、気がついたらまわりに外国人がいっぱい、という現象が起きているのだ。

東新宿は、明治通りをはさんで歌舞伎町や伊勢丹があり、東京を代表する繁華街に近いという絶好のロケーションでもある。交通の便もよく、東京滞在をリーズナブルに楽しむには好都合の場所なのだ。直近の話題としては、歌舞伎町のコマ劇場跡地に15年4月に開業する「ホテルグレイスリー新宿」がある。最上階の30階にゴジラの世界を体感できる客室を設けているという。すでに巨大なゴジラの頭部はお目見えし、「アジア最大の歓楽街」で異彩を放っている。海外で圧倒的な知名度を誇る歌舞伎町に立地していることから、外国客の人気を呼ぶことだろう。
b0235153_14504365.jpg

ホテルグレイスリー新宿 http://gracery.com/shinjuku/

サービス付き賃貸など新種の宿泊形態も

ここ数年、全国展開する宿泊特化型ホテルチェーンが都心に続々進出している。たとえば、東新宿には「アパホテル」がすでに3軒開業しているが、これは新宿に限った話ではない。共立メンテナンスは2015年4月アジア客に人気の上野御徒町に「ドーミイン」を開業する。またダイワロイヤルは17年春に東京五輪会場に近い有明エリアにビジネスホテル「ダイワロイネット」を開業予定だ。これらのホテルチェーンは、地方ではアジアからの団体客の受け皿となっているが、大都市圏では急増する個人客の動線をふまえた出店となっている。

ドーミイン http://www.hotespa.net/dormyinn/
ダイワロイネット http://www.daiwaroynet.jp/

新しい宿泊サービスも登場している。

たとえば、銀座では新タイプの国内ビジネスホテルチェーンの進出ラッシュが起きている。14年12月に三井不動産が東銀座に「ミレニアム三井ガーデンホテル」を開業。15年春には京浜急行電鉄も東銀座に「京急EXイン」、16年秋には相鉄ホールディングスが「相鉄フレッサイン」を新橋に2ヵ所新設する。これらのホテルはサービスの効率化を進めた従来の宿泊特化型とは違い、外国客やカップルの利用を想定。客室の約7割はダブルベッドにしたり、英語や中国語のスタッフを配備したりしているのが特徴だ。

ミレニアム三井ガーデンホテル http://www.gardenhotels.co.jp/millennium-tokyo/
京急EXイン http://www.keikyu-exinn.co.jp/

相鉄フレッサイン http://fresa-inn.jp/


ホテルのようなサービスを受けながら長期滞在できるサービス賃貸(高級サービスアパートメント)も増えそうだ。

東急リロケーションは16年春に部屋に乾燥機やミニキッチンを備える中長期滞在用の「東急ステイ銀座」を開業予定だ。グローバル企業で働くビジネスマンや観光客などの取り込みを図る。

東急ステイ http://www.tokyustay.co.jp/

サービス付き賃貸は、海外駐在や長期出張の経験のある人なら利用したことがあるだろう。アジアの主要都市では、ホテルに併設されるケースが多い。家具や家電製品は備え付けで、ホテルに比べて割安な料金で毎日の清掃やリネン交換などのサービスが受けられる。滞在日数にもよるが、敷金や礼金が不要で煩わしい手続きがない点も人気の理由だ。コンシェルジュサービスを提供する施設も多い。

日本では海外に比べ普及が遅れていたが、17年にはシンガポールのリゾートホテルチェーンのバンヤンツリーがサービスアパートメントの進出を予定している。

京都や大阪でも外資進出が活発化

外資系ラグジュアリーホテルの進出は京都でも起きている。2014年2月、「ザ・リッツ・カールトン京都」が開業。古都の景観を守るため、地下2階まで掘り下げてレストランや宴会場を配置した。料金は1泊6万5000円からという。また15年春には米スターウッドグループの最高級ブランド「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」が開業する。

ザ・リッツ・カールトン京都 http://www.ritzcarlton-kyoto.jp/
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都 http://www.suirankyoto.com/

京都は盆地で、1200年以上の歴史遺産も多く、大規模再開発によるホテル建設に適した土地を見つけるのは難しいといわれていた。これまで修学旅行などの団体客を多く受け入れていたが、少子化の影響で国内需要は限界がある。一方、外国客は増加基調にある。

米国の旅行雑誌「トラベル+レジャー」が14年7月発表した世界の人気観光都市ランキングで、京都市が初めて1位となった。同誌は北米の富裕層を中心に読まれる月刊誌で、発行部数は約100万部。ランキングは風景や文化・芸術、食などの項目の総合評価で決まる。京都市を13年訪れた観光客数は5162万人、外国人宿泊客数は113万人と過去最高だった。

こうしたことから、行政も世界の富裕層の力で京都を活性化しようと規制緩和や特例措置で外資の誘致を後押ししている。16年に開業予定の「フォーシーズンホテル京都」は現在、東山地区の病院跡地に建設中だ。当初は隣に京都女子高校があったため、ホテル建設は認められていなかったが、例外規定で進出が実現した。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の人気で、大阪のホテル競争も激しくなっている。14年7月の人気映画『ハリー・ポッター』をテーマにした新エリアの開設で、夏のUSJの入場券予約は前年比6倍増。同社と提携するホテルは利用者が大幅に増えている。

14年に関西国際空港を利用する外国客が630 万人(前年比136%増)と3 年連続で前年を上回り、過去最高となっている。背景には、関空に乗り入れる国際旅客便に占めるLCC比率が22.4%(14年冬季:週174便)に上昇、国際線の発着回数が過去最高になったことがある。関空と伊丹空港を合わせた14年度上期(4月1日~9月30日)の訪日外国客も、初めて日本出国者を上回るなど、関西の訪日旅行市場は全国や関東平均を上回るペースで拡大している。

簡易宿が外客向けホテルに業態転換

実際、2014年の大阪の客室稼働率は88.9 %(前年比3.0%増)と東京より高かった。それだけホテルの客室不足も深刻である。

JR大阪環状線今宮駅を降りると、通りをはさんで住人とまちの雰囲気が一変する地区がある。大阪のドヤ街として知られる西成区あいりん地域だ。その一角に「ビジネスホテル来山北館」がある。外観は普通のビジネスホテルだが、1泊シングルで2500円と格安。風呂やトイレは共用だが、全室Wifi完備。ロビーには共用キッチンがあり、気軽に利用できる。LCCを利用する海外のバジェットトラベラーのニーズにぴったりの宿泊施設である。
b0235153_14532017.jpg

ビジネスホテル来山北館 http://www.chuogroup.jp/kita/ja/

ホテルの立地には西成区あいりん地域という特殊性がある。山田英範取締役によると、同ホテルはかつて労働者のための簡易宿泊所だった。ところが、バブル崩壊以降、労働者を取り巻く環境が変わり、宿泊客が激減したという。2004年、父親から家業を引き継いだ彼は、外国客向けの宿泊施設に業態転換を始める。まず着手したのは、HPの多言語化だった。さらに、宿泊客が自由に利用できるロビーの改修を進めると、HPを見た外国客が訪れるようになった。「宿泊客のうち日本人と外国人の割合は半々。時期にもよるが、韓国3~4割、中国・台湾・香港3~4割、タイ2割、欧米2割」とのことだ。

同じような簡易宿から外客向けホテルへの業態転換は、東京山谷地区(台東、荒川区)でも起きている。

ホテル市場を活性化する海外予約サイト

こうした多様な宿泊施設と外国客を直接結びつけているのが、海外から参入するホテル予約サイトである。予約サイトはいま、日本のホテル市場を大きく変えつつある。訪日客の増加にともない、海外からのネット予約が増えているからだ。

国内ではどんなに無名の宿泊施設でも、予約サイトのプラットフォームの上では、見せ方次第で外国客の目に留まる可能性がある。東新宿の老舗ビジネスホテルの「ホテルたてしな」の関係者も「昔は国内客がメインだったが、いまでは閑散期は外国客のほうが多くなる。海外からの予約はExpediaなどを使ったネット予約が大半だ」と語る。

これは高級外資ホテルからゲストハウスに至るまで事情は共通している。ホテル予約サイトが国内の宿泊施設の業態転換や新種のサービスの創出を後押し、市場の活性化を促しているのだ。

ラブホテルの外客向け活用も

これまでみてきた宿泊施設の関係者の話に共通するひとつの指摘がある。外国客には固定観念はない、ということだ。

興味深い話がある。客室不足に悩む大阪市は2014年、外客向けにラブホテルの活用を検討。「交通の要所である京橋や天王寺などのラブホテル街を対象に、フロント拡幅などの設備更新に補助金を出して業態転換を促せないか模索」(朝日新聞2014年8月4日 大阪版)したという。

ところが、関係者によると「進展はなかった」という。ラブホテルは小規模経営者が多く、新規施設の投資や多言語化の対応などに難があるためだ。

こうしたなか、清潔でくつろげる客室やカラオケ、ジャグジーバスなどのエンターテインメント設備を備えたレジャーホテル(ファッションホテル、ブティックホテルともいう)の中に、外国客の受入に取り組む施設が現れている。

関西を中心に47軒のチェーン展開を広げる「ホテルファイン」では、11年からHPを立ち上げ、ネット予約を開始した。ウォークインが基本のこの種のホテルで、予約を受け付けることは機会損失につながりかねないため、賭けでもあった。

翌年、海外のホテル予約サイトから問い合わせがあり、登録を決めるとすぐに海外からの予約が入るようになった。同ホテルの関係者は「外国客には日本人のような固定観念はない。単純に価格とスペック、サービス内容で宿選びをする。その点、レジャーホテルは客室が広く、ファミリー利用にも適している。日本が得意とするハイテク設備もある。それが優位に働くようだ」と語る。

日本の若いカップルと海外のファミリー客がフロントの前で鉢合わせするところを思い浮かべると苦笑してしまうが、この3年間外国客数は順調に伸び続けているという。
b0235153_145448.jpg

ホテルファイン http://www.hotel-fine.co.jp/

都内のインバウンド関係者によると、新宿歌舞伎町でもラブホテルを利用する外国客が増えているという。先にみた簡易宿のケースもそうだが、既存の施設の業態転換はこれからの訪日旅行市場の拡大のためには不可欠かつ有効な取り組みといえるだろう。
b0235153_14542128.jpg

新宿歌舞伎町でも外国客のラブホテル利用されている

客室不足が顕在化するなか、この状況を打開するには、個別多様化した訪日客のニーズに即した施設やサービスをどれだけ提供できるかにかかっている。通念にとらわれない発想による新しい取り組みはすでに始まっている。すべては外国客のニーズをどこまで細かく捕捉できるかにかかっている。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-03-27 14:54 | やまとごころ.jp コラム | Comments(0)
2015年 02月 06日

バックパッカーのまち、蔵前で見つけたおしゃれな外国人宿

先週の某日の午前中、ある会社を取材するために、台東区の蔵前を訪ねました。
b0235153_56356.jpg

11時過ぎに取材を終えて、隅田川に並行して走る江戸通りの都営浅草線蔵前駅前あたりに立ったとき、まだお昼には少し早く、「孤独のグルメ」の井之頭五郎さんのような気分になって、このまちを歩いてみたくなりました。理由は、1年前にNui. Hostel & Barという外国人ツーリスト向けの安宿を訪ねたことがあり、この界隈がバックパッカーのまちだという噂を知っていたからです。

とはいえ、その時点ではNui以外になんの情報もなく、どちらに向かって歩いていけばいいのやら……と立ちつくしていると、目の前にしゃれたステーショナリーショップのような店があります。
b0235153_573100.jpg

そこは「KONCENT」というデザイン雑貨のセレクトショップでした。

詳しくは同ショップのサイトを見ていただければわかりますが、アッシュコンセプトというデザイン会社が制作したアイテムをメインに国内外のデザイン雑貨を販売しています。仕事先に書類を送る際、ちょこっとしたメッセージを書き込んでしのばせておくようなメモ書きがほしかったので探してみましたが、地に真っ赤なバラがあしらってあったり、五線譜が印刷されていてステキな感じなのに細長すぎて使いにくかったりと、少々斬新すぎて実用には不向きというものが多く、残念ながら購入に至りませんでした。でも、また来たくなる店でした。

KONCENT REAL SHOP
http://www.koncent.jp/

レジの下にこの界隈のエリアマップが貼られていました。飲食店やショップが地図に落ちています。これはいい。「これ、もらえませんか」とショップの女の子に尋ねると、「すいません。この地図はすべてなくなっちゃったんです」とのこと。「だったら、写真撮ってもいい?」と聞くと、「ええ、どうぞ」と言われたので、撮りました。実際は浅草方面も含むもっと広域の地図なのですが、さすがに今日は時間もないし、そこまで歩くつもりはないので、近場に絞って撮ったのがこれです。
b0235153_575353.jpg

白地に赤の数字が飲食店で、赤字に白抜きの数字がショップなのですが、ずいぶんいろいろあることがわかります。

さて、どこから訪ねてみようか。地図をみると、「バックパッカーズホテル ケイズハウス東京」とあります。ここはやっぱりバックパッカーのまちなんですね。覗きに行ってみよう。散策開始です。

ゲストハウスの手前に蔵前神社がありました。ビルの谷間にぽっかりと存在している涼しげな空間。現代の日本らしくて、外国人にとっても面白いのではないでしょうか。
b0235153_581344.jpg

これがケイズハウス東京。ホテルの前には欧米系の女の子ふたり組のバックパッカーがいました。なるほどね。
b0235153_582948.jpg

外からじろじろ見ているだけだとかえって怪しいので、思い切ってホテルの中に入ってみました。小さなフロントとロビーがあって、若い外国人ツーリストのみなさんがいっぱいいます。

ホテルの女性スタッフが顔を出したので、「あのぉ、こちらのゲストハウスはいつごろオープンされたのですか」とぶしつけに尋ねると、「2006年です」と言って、ホテルのブローシュアを手渡してくれました。それをみると、都内にもう1か所と京都や富士山、高山、広島など全国9か所に系列ホテルがあるようでした。料金はドミトリーで2500円前後から。

「どこの国からの旅行者が多いんですか」。この際、ずうずうしく聞いてしまいました。「時期によっても違うんですが、いまは韓国とオーストラリアが多いですね」。確かに、ロビーには欧米系とアジア系の旅行者がぞろぞろ同居していましたが、大半はその両国のみなさんのようです。「ぼく日本人で、泊まるつもりもないのに、すいませんね」と、いまさらながら言い訳すると、「たまによくそういう方来られるんですよね。大丈夫ですよ」と笑って返してくれました。

バックパッカーズホステル ケイズハウス東京
http://www.kshouse.jp/tokyo-j

さて、この界隈を歩いていると、どうしても目に留まってしまうのが、ベーゴマや凧、けん玉などの懐かしのおもちゃを並べた古いお店です。こういうのが何軒もあります。
b0235153_5103884.jpg

b0235153_59168.jpg

b0235153_591799.jpg

b0235153_592831.jpg

ネットで調べたところ、この界隈は昭和30年代頃から玩具問屋を中心に発展したまちで、「東京下町問屋街」と呼ばれているそうです。以前は玩具や文具、花火などのお店が中心でしたが、いまはビーズや装飾品、手芸など雑貨系のお店も加わり、その筋では知られているとか。
b0235153_594470.jpg

以前、都内の地下鉄に日本に旅行に来ていた欧米人の家族が乗り込んできて、小学校の高学年くらいの男の子の背中におもちゃの日本刀が指されていました。「これは絶対忍者になりきってるな…」と思いましたが、彼にこのまちのことを教えてあげたくなります。浅草寺の仲町で売られているみやげの一部は、ここから仕入れられているに違いありません。
b0235153_51002.jpg

こういう昨年流行った型落ち的なグッズを見かけるのも、いかにもな感じです。

昭和の子どもたちを夢中にさせた野球盤のゲームで有名なエポック社もありました。
b0235153_5105971.jpg

東京下町問屋街
http://www.tonya-gai.com

実は、この界隈には近年、若手のクリエイターが集まり、彼らの工房兼ギャラリーショップも増えていて、「カチクラ」(御徒町と蔵前の頭から採った造語)と呼ばれるものづくりのまちとしても注目されているそうです。冒頭の「KONCENT」も、このまちを代表するスポットのひとつです。

「KONCENT」の入居しているビルも、元玩具問屋だったとか。江戸時代からものづくりのまちとして知られた台東区らしい変身ぶりが面白いですね。

歴史という意味では、1984(昭和59)年9月場所千秋楽を最後に閉館された蔵前国技館があったのもこのまちです。蔵前国技館は1954(昭和29)年9月以降、昭和の相撲黄金期の舞台でした。跡地は現在、東京都下水道局の処理場と「蔵前水の館」になっています。

さて、江戸通りをはさんで元国技館のあった隅田川沿いに足を運ぶと、一軒の老舗風食堂をみつけました。「ぶためし」と貼り紙があります。やっぱり下町のお昼はこの手の店だろうと思って入ってみると、ラーメン屋さんでした。ちょっと意外。
b0235153_5114231.jpg

中はそこそこ混んでいました。券売機の前にふたりの女の子がいて、メニュー選びに思案している様子です。そのあとに並ぼうとすると、ひとりの子が「ワタシ、漢字読めないんです」と日本語で言って、ぼくに先を譲ろうとします。ん? 彼女、どうやら外国人のようですが、「漢字が読めない」ってことは? 「まあまあそう言わず、あなたたちが先なんだから」とかなんとか、そんなやり取りがあって、たまたま空いていたのが、彼女たちの隣の席だったので、「どこの国から来たの?」。そう日本語で聞くと「韓国です」。やっぱり、そうなんだ。

彼女たちは韓国の光州から来たそうです。1週間ほど、東京を旅行するとか。「お泊りは?」と聞くと、これからぼくが訪ねようと思っていたNui. Hostel だそう。「このホテルは韓国でとても有名です。値段が安いのに、とてもきれいでおしゃれだから」「へえ、そうなんだ」「ドミトリーにいるの?」「へへへ、そうです」。

この店の人気メニューがラーメンとぶためしのセットでした。かなりのボリュームです。背脂系っていうんですか、すごいこってりスープです。あとでネットで調べたら、人気店のようでした。
b0235153_512692.jpg

元楽
http://www.genraku.com

彼女たちも同じメニューをチョイスしていたので、「これ女の子には量が多いね。食べられる?」と聞くと、「もちろんですよ」。こういう返しはいかにも韓国の人らしいですね。なんだか面白くなったので、「写真撮ってもいい?」と聞くと、「もちろんですよ」でカシャ。左の彼女はポーズを決めてくれました。
b0235153_5124416.jpg

食事を終え、ふたりと別れると、Nui. Hostel を覗きに行きました。客室の窓に布団を干してる光景は安宿らしくていいですね。

冒頭の写真は1階のラウンジで撮った欧米のカップルですが、先ほどの彼女たちが言うように、宿泊客には韓国人が多そうです。
b0235153_513272.jpg

Nui. Hostelについては、ネットにいろいろ書かれているのでそれに譲るとして、このスペースではライブもやってるそうです。
b0235153_513148.jpg

Nui. Hostel & Bar
http://backpackersjapan.co.jp/nui/

コーヒーを頼んでしばらくのんびりしていると、ベビーカーを押したママさんふたりがお茶を飲みに来ました。なるほど、ここは外国人ツーリストだけでなく、ご近所の住人も遊びに来るんですね。青山とか六本木でもないのに外国人がいっぱいたむろしている独特の空間……。なんとなく気持ちはわかります。

蔵前はすっかりバックパッカーのまちになっていました。でも、玩具問屋や人気ラーメン店、おしゃれな雑貨屋などもあり、個性的なまちです。今度時間がもっとあるとき、じっくり歩いてみようと思います。

最後に極私的に気に入った店を紹介します。ちょっと話の流れからはズレるようですが、江戸通りに面して古色蒼然たるたたずまいを見せていた古本屋です。
b0235153_5134980.jpg

「浅草 御蔵前書房」。「大江戸、大東京関係、相撲文献」の専門店だそうです。
b0235153_514398.jpg

そこで一冊の古本を見つけてしまいました。少々値のはる買い物だったのですが、「大東京の魅力 名所名物案内」。1935(昭和10)年刊行の東京のガイドブックです。
b0235153_5141671.jpg

実はこの本、いまから80年前に書かれたものですが、訪日外国人を意識した内容になっています。のちに戦争で中止となってしまうまぼろしの東京オリンピックを控え、これから日本の首都、東京をPRするぞ、という案内書です。ちょうどいまの東京と似た気分があふれていて、興味深いです。内容については、後日また。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-02-06 05:14 | 東京インバウンド・スポット | Comments(0)
2015年 01月 26日

「橋下市長、西成の観光地化はいいから、Wifiだけ飛ばしてくれ!」

今年の初め、ぼくは大阪にいました。ある中国語の通訳案内士の方にお会いするためです。

その方に「面白い宿」として紹介されたのが、大阪市西成区あいりん地域にある「ビジネスホテル来山北館」でした。
b0235153_12363028.jpg

JR大阪環状線の今宮駅を降りると、大通りをはさんで住人とまちの雰囲気が一変する地区があります。そこがあいりん地域です。ぼくはこれまで大阪とはあまり縁がなく、今回初めてその地に足を運んだのですが、意外にアクセスがいい。今宮駅からも近いですが、地下鉄御堂筋線の動物園前駅からだと徒歩30秒という場所に、そのホテルはありました。外観はよくあるビジネスホテルという感じです。
b0235153_12365314.jpg

1泊シングルで2500円(連泊すると、翌日から2200円にディスカウント!)。風呂やトイレは共用ですが、ぼくは海外のゲストハウスの利用は慣れているほうなので、Wifiさえ使えれば、それほど気になりません。そんなことより、「面白い宿」ということでご紹介いただいた以上、この宿のステイを体験しつくすことにしました。

ここでいう「面白い」とは、外国人が多く宿泊している施設という意味ですが、まさか元簡易宿泊宿を改装したホテルのことだとは思ってもいませんでした。

これがぼくの泊まった部屋です。ベッドが一つ入ると、ほとんど歩くスペースはありません。
b0235153_1237225.jpg

部屋のタイプはいくつかあるようです。洋室だけでなく、和室やドミトリーもあります。
b0235153_12373827.jpg

b0235153_12374991.jpg

b0235153_1238035.jpg

狭い廊下の両脇に個室が並ぶ光景は、ここだけ見ると、かつての簡易宿泊所の雰囲気が残っているといえるかもしれません。
b0235153_1238151.jpg

1階のフロントを抜けると、ロビーには洋間と日本間(といっていいのでしょうか)の2タイプのキッチン&食卓のスペースがあります。その隣にテレビとソファがあり、ここで宿泊客は自炊をし、くつろぐことができます。
b0235153_12382919.jpg

b0235153_12384490.jpg

奥にお風呂とシャワー室があります。
b0235153_1239249.jpg

ダーツも置いてあります。コーヒーは宿泊客のみ飲み放題だそうです。
b0235153_12391349.jpg

外国人旅行者のための掲示板や各種観光案内、地図、フリーペーパーが置かれているラックもあります。
b0235153_12393719.jpg

このホテル発のオリジナル日帰りツアー(英語版と中国語版あり)の告知も貼られています。まるで海外のゲストハウスそっくりではありませんか。興味深いことに、このツアーを主催しているのは旅行会社ではなく、関西の某都市の自治体だそうです。若い外国人客が多いホテルだと聞きつけた市のスタッフが自分たちのまちを知ってもらおうと企画したのだそうです。もし時間があって、このツアーに外国人旅行者の皆さんと一緒に参加できれば、このホテルならではの楽しさをより味わうことができますね。
b0235153_12395969.jpg

もちろん、パソコンも利用できます。館内はどこでもWifiフリーです。
b0235153_12401992.jpg

さて、このホテルの宿泊客ですが、ざっとロビーで見ている限り、日本人より海外のバックパッカー風の若い旅行者が多そうでした。欧米系もいれば、アジア系もいます。

面白かったのは、お風呂の入り方の説明書があったことです。よく外国客が訪れる温泉旅館でこの手のイラストを見たことがありますが、やっぱりこれは基本なのですね。
b0235153_12405730.jpg

b0235153_12411722.jpg

このホテルでは、夜だけでなく、早朝からお風呂に入れるのがうれしいです。
b0235153_12413180.jpg

実は、こういうホテル(立地がドヤ街にあるゲストハウスのこと)に泊まったのは初めてだったので、その晩FBにのせたところ、友人のふたりの女性ライターさんがするどく!?反応して、こんなやりとりになりました。

●1月某日のぼくのFBにて

(ぼく)今大阪にいて、知り合いの紹介で西成区あいりん地域の来山ホテルという元労働者向けの簡易宿泊所を改装したホテルに泊まっています。想像以上に安くて快適で驚いています。

(A女史)ひょえ〜!周辺の治安は悪くないの?

(ぼく)それが山谷と一緒でかつてのどや街の一部のホテルが外国人ゲストハウスになっているんです。欧米のバックパッカーも泊まっています。さっき一緒にお風呂に入りました。

(A女史) (^_^;)

(B女史)女性とかはいますか?

(ぼく)もちろんいます。

(B女史)安いとは1泊いくらくらいなのでしょう?昔のイメージで判断してはダメですね。

(ぼく)1泊シングル2500円、連泊すると2200円です。

(B女史)ひゃ~。安い~。でも清潔そうに見えますね。とっても狭いのかしら?

(ぼく)でも自炊できるラウンジやPCコーナーもあり、全室Wifi対応です。

(A女史)場所が場所だからでしょ? ホテルはリノベしてあるみたいだから問題…というか心配ないでしょうが、夜ひとりでホテルに帰るのとかどうなのかしらん

(ぼく)ラウンジにバックパッカーのみなさんがいてくつろいでいます。

(A女史)あ、いやいや、道のり

(A女史)その値段でWi-Fiあるなら部屋は狭くても別にいいけどね

(ぼく)地下鉄駅から徒歩1分。今ホテルのすぐ外にいるのですが、欧米の若いバックパッカーや労働者のおじさんがふらふら目の前を通りすぎて行きます。

(A女史)駅から1分とはいいですね

おふたりの質問&コメントの趣旨はよくわかります。どうしてまたそんなところに? と思ったことでしょう。ぼくは別にすかして答えているわけではありませんが、ちょっとばかし得意げだったかもしれません。

さて、今回泊まった「ビジネスホテル来山北館」について、トリップアドバイザーをみると、宿泊者の声がいろいろあります。その内容については、以下をご参照ください。

トリップアドバイザー「ビジネスホテル来山北館」
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g298566-d1084498-Reviews-Raizan_Kitakan-Osaka_Osaka_Prefecture_Kinki.html

同館は、ホテル中央グループが運営するホテルのひとつです。

ホテル中央グループ
http://chuogroup.jp/

このグループが運営するホテルは、外国人バックパッカーが多く宿泊していることで知られているようです。

トリップアドバイザーによると、「中央グループのホテルの中で最もバックパッカーズ色が強いホテル」がここだそうです。

ビジネスホテルみかど
http://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g298566-d1081268-r133109424-Business_Hotel_Mikado-Osaka_Osaka_Prefecture_Kinki.html

このホテルの評価は「大阪市で 268 軒中 40 位」。かなり高いではありませんか。ぼくの泊まったビジネスホテル来山北館も十分面白かったですが、ここには多くの楽しい口コミが書かれています。

それにしても、いったいこのホテルを誰が運営しているのだろうか……。

思い切ってフロントのスタッフに話を聞きたいと伝えたところ、翌日の午後、同グループの山田英範代表取締役に話を聞くことができました。

後日、山田さんに「ご自身のプロフィールを簡単に教えてください」とメールを送ったところ、返信された内容は以下のようなものでした。

山田英範 やまだひでのり
1977年1月14日生まれ
学生時代にバックパッカーとしてアジアを旅していた経験を生かし、外国人バックパッカーに快適に滞在してもらえる安宿づくりを目指し、ホテルを経営する。

以下、山田さんとビジネスホテル来山北館の森川マネージャーとの一問一答です。

――このホテルはいつごろ、どんな経緯で海外のゲストハウスのような世界になったのですか?

「もともとこのホテルは父親が経営していたんです。ぼくは25歳のとき、勤めていた会社をやめてオーストラリアに2年ほどワーキングホリデーと語学留学の旅に出ていました。2004年に帰国して、このホテルに入社し、スタッフとして勤めることになりました。

当時、ホテルはガラガラで、稼働率は最悪の状況でした。いずれ父親のあとを継ぐことになると思い、どうやって経営を立て直すか考えました。まずは宿泊客を呼び込むためにHPを立ち上げることにしました。

ところが、HPを見てホテルに来た人たちの中に、日本語のわかる韓国や台湾の若い旅行者がいたんです。そのとき、初めてこんな需要があるんだな、と思いました。

旅から帰ったころ、漠然とバックパッカー宿みたいなのを経営してみたいなと思っていました。旅先で出会った仲間の中にも、そういう夢を持っている人は多かった。でも、それを実現するには、資金を貯めなくてはならないし、そう簡単ではない。その点、ぼくはそれができる環境にあったんです。

しかし、当時の従業員は誰も英語をしゃべれない。経営状況も悪いということで、そういう夢は一時封印した。ところが、HPを立ち上げたとたん、外国客が現れたのです。

そこでHPの多言語化を図ることにしました。英語、中国語、ハングル対応にしたのです。うちと同じ元労働者の簡易宿泊所を改装して外国人宿になった東京山谷のホテルニュー紅陽の話を耳にしたので、オーナーの方に話を聞きに行ったのも、この頃です」。

ホテルニュー紅陽
http://www.newkoyo.com/japan.html

――まずはHPの多言語化なんですね。それからどうしたのですか。

「1階にロビースペースをつくることから始めました。もともと簡易宿泊所でしたから、フロントを抜けると、ちょうど2階以上の客室フロアと同じで、廊下の両脇に個室が並ぶという構造だったものをぶち抜きにした。それから外国人のためにシャワー室を設け、トイレや客室の洋式化を進めました。もちろん一気にはできないので、徐々に進めていったんです」。

――なるほど。外国客の需要に応えるためには、ロビースペースとシャワー、洋室が必須なんですね。

「寝るだけの場所から旅行者のためのスペースへ。そのためにはなにをすべきか。自分はバックパッカーだったので、それがわかるんです。そうやって少しずつ変えていきながらいまに至っているわけです」。

――外国客の比率は? どこの国の人たちが多いのでしょうか。

「宿泊客のうち日本人と外国人の割合は半々です。時期にもよりますが、国籍の比率は韓国が3~4割、中国台湾香港も3~4割、タイ2割、欧米2割というところでしょうか。外国客の比率が高くなるオンシーズンは3月と8月。オフは11月、1~2月。グループホテル5軒で年間の外国人ステイは8万泊、1日平均200名というのが実績です」。

――予約はホテルのHPに直接入ってくるのですか。

「大半はHostelworldのような宿泊サイトを見て、予約を入れてきます。現在、それ以外にもAgodaやBooking.comなどにも登録していますが、最初はバックパッカー系の予約サイトということで、Hostelworldに登録してもらうようお願いしたところ、予約が入るようになり、他のサイトからも登録するよう話がきました」。

Hostelworld
http://www.japanese.hstelworld.com
世界各地のバックパッカーホステルの即時予約サービス。

――ホテルのスタッフは若い方が多いですね。

「父親からこのホテルの経営を譲り受けて何年かたちますが、ホテルにとって大事なのは施設ではなく、スタッフだと思っています。トリップアドバイザーの口コミをみていても、スタッフの印象が良ければ、リピーターがついてくれるからです。

その意味でスタッフの教育が重要なんですが、英語力だけでなく、どれだけ宿泊客のことを考えて対応できるかが大事なんです。先日も大浴場のボイラーが壊れてしまい、お風呂に入れない日があったのですが、そういう場合も、スタッフが宿泊客にどう伝えるかで評価が分かれるんです。宿泊客に納得してもらうような対応とはどういうことか。スタッフのレベルを上げるというのは、どこまでやっても終わりはありません」。

ところで、山田さんの話は、若い経営者が父親の稼業を継いで、時代のニーズに即した新ビジネスを始めるというよくあるストーリーだけでは終わらないところがあります。ホテルの立地が、大阪市西成区あいりん地域という特殊な事情があるからです。
b0235153_14402454.jpg
b0235153_14411864.jpg

後日、ぼくはメールで山田さんにこんなぶしつけな質問を送りました。

――貴ホテルの外国人客は、ホテルの周辺のあいりん地域についてどのように理解しているのでしょうか。ホテルの前を通り過ぎていく労働者の人たちについて治安などを気にする声はないですか。というのは、若い欧米系の女性なども泊まっているのを見たからです。

山田さんはこう回答してくれています。

「気にする声はあります。しかし、他のアジアのホテルよりも安全という声もよく聞かれます。こちらの声も、トリップアドバイザーのコメントによく出てきておりますので、生の声を見ていただいた方が実感していただけるのではないでしょうか」

確かに、アジアの安宿の世界を少しでも知っている人間からすれば、「他のアジアのホテルよりも安全」というのは同感です。そんな偏見よりむしろ、このまちがアジアの安宿街のようになっているのだとしたら、それは興味深いことです。

ここから先は、ぼくの個人的な見解、いやそれ以前の、初めてこのまちを訪れて感じたことをもとにしたひとり語りにすぎません。西成区の事情について、何も知らないぼくがあれこれ発言できるとは思えないからです。でも、ひとことだけ。

実は、その後、ネットで検索していたところ、ホテル中央グループの古いHPが残っていて、その中に山田さんが綴ったと思われる文章を見つけました。もしかしたら、彼は現在、ここに書かれている内容とは違う考えを持つに至っているのかもしれないと思いましたが、今回話を聞いて、オーストラリアから戻ってきた当初、彼がこの地域の特殊性をどう受けとめ、ホテルを経営することの意味について何を考えていたか、よくわかる内容だったので、一部転記させてもらいます(もちろんネットでも読めます)。

「西成の街の変貌 
外国人旅行者の増加をきっかけにこの街は変わるのか
街を変える為に何をするべきか           

ドヤ街からヤド街へ

自己紹介
2004年よりこの仕事に携わる事に成った。代々簡易宿所を経営し私で5代目に成るらしい。生まれた時よりこの仕事をする運命だったのかもしれない。
当時27歳だった私はこの仕事を始める時にある野望を胸に抱いていた。

「西成のあいりん地域を変えてやる」
「日雇い労働者の街から外国人旅行者の集まる街へ」
「ドヤ街からヤド(宿)街へ」

ドヤとは簡易宿泊所のことで、宿(やど)を「人がすむところではない」と自嘲的に逆さまに読んだのが始まりといわれる。このような差別的な言葉である。

ドヤをヤドへ。労働者の街から旅行者の街へ。西成で一番マイナスイメージに成ってるあいりん地域(新今宮周辺地域)を西成一の街へ。
これが私の一生の夢であり実行していかなければ成らない事である。

中央グループ
専務取締役 山田英範」

山田さんの当時の「野望」については、同じサイトの以下の文章の中でより具体的に述べられています。

第一章 あいりん地域をカオサンの様な街へ
http://www.chuo-group.com/No1.html

第一章-3 私もバックパッカーでした
http://www.chuo-group.com/no1-3.html

第一章-4 来山南館のスタッフの一人としてデビュー
http://www.chuo-group.com/No1-4.html

先日、ホテルのロビーで山田さんに話を聞いたとき、こうした彼の思いや地域の事情についてぼくは十分理解していなかったので、最後に「今後の展望をどうお考えか」というようなずいぶんお気楽な質問をしていました。そのとき、彼はこう答えています。

「ここがアジアの安宿街のようになる必要はないと思う。実は、大阪市では西成特区構想と称してまちを活性化するためのプロジェクトを立ち上げているのですが、ぼくに言わせれば、橋本市長、西成の観光地化はいいから、Wifiだけ飛ばしてくれ! そう言いたいですね」。

彼はかつての「野望」を口にしませんでした。繰り返しますが、このときぼくは西成の観光地化プロジェクトについても、まったく知りませんでしたから、彼の発言の真意を理解していたとはいえません。彼はこう付け加えました。

「観光地化というけれど、本当に旅行者が求めているものは、旅をした人間しかわからないところがある。その意味で、いま西成にいちばん必要なことがあるとすれば、施設でもイベントでもなく、Wifiなんですよ」。

大阪市の進める西成特区構想の概要については以下から参照できます。これを読むと、この地域で起きていることの一端を知ることができるのと同時に、彼のことばの背後に感じられる行政の取り組みに対するどこか冷めた感じも、納得したくなるような思いがしました。

大阪市「西成特区構想」
http://www.city.osaka.lg.jp/nishinari/page/0000168733.html

西成特区構想プロジェクト
http://www.city.osaka.lg.jp/nishinari/category/2389-4-0-0-0.html

西成特区構想プロジェクト「観光振興専門部会」
http://www.city.osaka.lg.jp/nishinari/cmsfiles/contents/0000168/168733/25kanko.pdf

第1回あいりん地域のまちづくり検討会議
https://www.youtube.com/watch?v=cdb9NT4pBcQ&feature=youtu.be
なかでも怒号の飛び交うこのYOU TUBEの動画は印象的でした。
b0235153_1442614.jpg

結局、ぼくはこの宿に2泊して、ホテルの周辺をずいぶん歩くことができました。

動物園前商店街というのが近くにあるのですが、ちょっとした異次元トリップ感がありました。実際、若い外国人旅行者たちが一眼レフ片手にシャッター通り化の進むこの商店街を歩く姿を見かけました。彼らにも魅かれる何かがあるに違いありません。
b0235153_7593536.jpg

訪日外国人旅行者の国籍はさまざまで、目的や旅行スタイルなど千差万別です。なかでもバックパッカーのような、なるべくお金をかけずに長期で旅する外国人たちを吸い寄せる安宿が集中する地区は、世界中至るところにあります。そうした安宿の必要性や楽しさを身をもって理解している元旅人たちが始めた取り組みをみると、ぼくは諸手を挙げて支持したくなります。

外国人旅行者が増えることで、このまちが蘇るなどとは簡単にはいえませんが、山田さんとそのスタッフたちによって、これまで考えてもみなかったまちの変化のタネが蒔かれていくとしたら面白い。その可能性を信じたいと思います。
b0235153_14422255.jpg

ビジネスホテル来山北館
大阪府大阪市西成区太子1-3-3
http://www.chuogroup.jp/kita/ja/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-01-26 12:55 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2015年 01月 19日

大連賓館(旧大連ヤマトホテル)にいまも残る秘密の部屋

2014年に創業100周年を迎えた大連賓館(旧大連ヤマトホテル)が、数年前から館内に同館の歴史を紹介する展示室を開業しています。
b0235153_8384195.jpg

b0235153_8393340.jpg

普段は宿泊客にも見せない秘密の部屋も見せてくれるということで、昨年7月訪ねてみました。日本統治時代、大連ヤマトホテルは国内外の賓客、政治家や外交官、経済界の重鎮などをもてなす帝国ホテル的な位置付けでしたから、当時の建築技術や国力の粋をつくした壮麗な世界でした。
b0235153_8405071.jpg

まもなく100周年を迎える大連ヤマトホテルの現在
http://inbound.exblog.jp/20581894/

展示室を参観したい場合は、フロントの右手に貼られた掲示板にあるとおり、専属ガイドを呼んでもらうことになります。宿泊客でなければ、1名50元です。
b0235153_8403288.jpg

展示室は2階にあります。残念ながら、展示室内の撮影はNGでした。開業から今日に至る歴史を写真と遺品を並べて解説しています。

これは展示室に入る前の解説文です。もったいぶってあるわりには、ささやかな展示室です。以前、日本を代表する箱根富士屋ホテルの資料室を見せていただいたことがあるのですが、比較しては気の毒でしょう。
b0235153_841274.jpg

展示室を見終わると、ヤマトホテルや満鉄にゆかりのある遺品(当時ホテルで使われていたコーヒーカップやワイングラスなど)を販売するショップに案内されます。よくある中国の骨董土産店です。以前は大連市内にこの手の品を集めた骨董ショップがいくつかありましたが、最近姿を見かけなくなったと思っていました。最近は満鉄グッズを喜んで購入するような日本客も減り、このような場所にまとめられているようです。
b0235153_8443178.jpg

b0235153_8444378.jpg

こうした満鉄の社名の入った木版は年代がわかりませんが、どう価値を付けていいか難しいものです。
b0235153_845046.jpg

これはヤマトホテルで使われていたコーヒーカップでしょうか。以前ぼくは満鉄の食堂車で使っていたというワイングラスを購入したことがあります。ただし、これらが本物なのかどうか、いろいろ言う人もいます。
b0235153_8455359.jpg

2階から大食堂が見下ろせます。
b0235153_846535.jpg

最後に見せてくれるのが貴賓室です。普段は宿泊客にも見せないというのは、この場所です。黄金色に塗られた柱が醸し出す雰囲気は、ラストエンペラーの偽皇宮のようにも見えますが(たぶん当時とはかなりイメージが違うのでは、と想像します)、こういう仰々しい舞台を必要としていたホテルであったことをあらためて知ることができます。
b0235153_846418.jpg

それにしても、ガイド料50元はちょっと高いですね。実は、同じような館内ガイドは、瀋陽の遼寧賓館(旧奉天ヤマトホテル)でもやっていたようです。また改装によって当時の趣はすっかりなくなってしまった長春の春誼賓館(旧新京ヤマトホテル)ではこのようなことはやっていませんが、ハルビンの龍門大廈(旧ハルビンヤマトホテル)では、同館の100年の歴史を解説した立派なパンフレットを用意しています。今度そのパンフレットをもとにハルビンヤマトホテルの歴史(おそらくこの4館のうち、いちばん数奇な歴史をたどった)をひもといてみようと思っています。

現存するヤマトホテルのすべて
http://inbound.exblog.jp/23923802/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-01-19 08:48 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2015年 01月 01日

明治の文豪も訪ねた満洲三大温泉はいま

日露戦争後、関東州と南満州鉄道附属地を手に入れた日本は、満鉄主導で現在の東北地方の開発を進めましたが、いかにも日本らしいと思うのが、各地に温泉を開発し、行楽地にしたことです。

なかでも有名だったのが、湯崗子温泉(鞍山)、熊岳城温泉(営口)、五龍背温泉(丹東)でした。当時は「満州三大温泉」と呼ばれていました。

これら満州の温泉を世に広めるのに一躍買ったのが、明治の文豪たちです。

最初の話題提供者は、『満韓ところどころ』を書いた夏目漱石。彼が訪ねたのは日露戦争後わずか 4年目( 1909(明治 42)年)で、満鉄沿線は開発途上でした。それでも、漱石は熊岳城温泉と湯崗子温泉を訪ねており、兵士の療養小屋に毛の生えた程度の温泉宿の様子を「すこぶる殺風景」と評しています。

時代は移って大正期に入ると、紀行作家として有名な田山花袋のベストセラー『温泉めぐり』や『満鮮の行楽』などの読み物の中に、満洲三大温泉の滞在記があります。花袋が訪ねた 1920年代になると、それぞれ洋風の温泉ホテルができていました。

「私達はビイルを飲んだり、湯に浸かったりして、そこに午後二時までいた」(熊岳城温泉)

「温泉場としては、内地では、とてもこれだけのものは何処にも求めることが出来なかった。日本風の室ではあったけれども、副室がついていて、半ばベランダのように椅子だの卓だのが並べてあるのも心地が好かった」「今までに嘗て見たことのない、箱根、塩原、伊香保、何処に行ったって、こうした設備の整ったところはないと思われる立派な浴槽」(湯崗子温泉)。

この時期、すでに満洲にモダンな温泉地ができていたことがわかります。

昭和に入ると、与謝野寛・晶子夫妻が湯崗子温泉を訪ね、こう書いています。

「鉄道の本線に沿って便利なために、在満の邦人が絶えず南北から来て浴遊し、ことに夏期には露西亜人や支那人の滞浴客もあって賑ふそうである」(『満蒙遊記』)。

夫妻が訪れたのは 1928(昭和 3)年。湯崗子温泉は日本国内の多くの温泉地より一足先に国際的なリゾートになっていたのです。

では、当時これほど栄えていた満洲三大温泉は現在、どうなっているのでしょうか。明治の文豪たちが訪ねた名温泉はいま……。

2010年5月、ぼくはこれらの温泉地を訪ねました。

まず湯崗子温泉。そこは温泉療養のための国際医療センターとなっていて、ロシア人が多く訪れていました。

その一角に龍宮城のような建物があり、そこはかつてラストエンペラー溥儀が滞在した温泉ホテル「対翠閣」を大幅改修したものでした。館内には、溥儀のために造られた豪華浴室「龍池」が残っていました。この浴室は対になっていて、皇后専用の浴室「鳳凰」も併設。料金を払えば誰でも個室風呂として利用できます。
b0235153_13503592.jpg

これが絢爛豪華な溥儀の個室風呂「龍池」です。
b0235153_1351439.jpg

対翠閣(現龍宮温泉)の前で記念撮影する溥儀夫妻(1932年3月8日)
b0235153_13511991.jpg

次に熊岳城温泉。戦前期に大連や満鉄沿線の人々が大衆的な行楽地としてレジャーを楽しんでいた熊岳城には有名な温泉ホテルがありました。

これが戦前期の温泉ホテルの絵はがきです。
b0235153_135138100.jpg

ところが、訪ねるのが1年遅かったのです。地元の人の話によると、09年頃に解体され、いまや高級温泉リゾートとして再開発されていました。
b0235153_1352836.jpg

リゾート内には日本式の露天風呂がいくつも造られていました。
b0235153_13522171.jpg

五龍背温泉も、大型の湯治療養施設がいくつもできていました。

幸い1936年に満鉄が造ったという露天風呂と湯小屋が残っていました。
b0235153_135244100.jpg

当時の温泉ホテルの建物は、現在は軍の施設内にあり、外国人は訪問できませんが、地元の友人に写真を撮って来てもらいました。昭和モダンの雰囲気が残っていました。
b0235153_1353060.jpg

満洲三大温泉の泉質は、硫黄や酸性泉などの刺激のある「火山性の温泉」ではなく、地熱で温泉が湧く「非火山性の温泉」です。どの温泉も、日本統治が終わると、日本的な行楽地というより、ソ連の影響を受けた湯治療養施設に転換していきます。

2000年代に入り、中国が豊かになってくると、日本風の温泉リゾートを開発する動きが各地に起こりました。その際、日本統治時代の老朽化した温泉ホテルの多くは姿を消してしまったのです。

満洲三大温泉を訪ねるには、大連からのアクセスが便利です。湯崗子温泉と熊岳城温泉は瀋陽と大連を結ぶ高速鉄道を途中下車。いまでは1時間もかかりません。五龍背温泉には、瀋陽からなら瀋丹線で途中下車。大連からだと、まず丹東までバスで行き(所要4時間)、そこからバスか鉄道に乗り継いで行けます。

●湯崗子温泉
湯崗子龍宮温泉
鞍山市湯崗子温泉旅游度暇区
http://www.tgz.com.cn/

●熊岳城温泉
天沐営口熊岳温泉度暇村
営口市経済技術開発区熊岳鎮温泉村鉄東街
http://www.youkecn.com/ts_list.asp?id=14700&classID=31

●五龍背温泉
五龍背鉄路療養院
丹東市五龍背鎮温泉路303号
http://www.wulongbeiwenquan.cn/

それぞれの温泉地の詳しいレポートはいずれまた。

【追記】(2017.3)
2015年12月に大連と丹東を結ぶ高速鉄道(丹大高鉄)が開通したことで、五龍背温泉へのアクセスが断然楽になりました。同都市間は所要2時間に短縮されたからです。

高速鉄道で大連から2時間! 日帰り可能になった中朝国境の町、丹東
http://inbound.exblog.jp/26451900/

ちなみに丹東市内に、日本式の温泉施設「江戸温泉城」があります。ここもすごく面白いスポットです。

北朝鮮の町並みが露天風呂から丸見え!?  丹東の「江戸温泉城」にて
http://inbound.exblog.jp/26446784/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2015-01-01 13:58 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)