タグ:メディア ( 117 ) タグの人気記事


2012年 12月 29日

高級車を連ねて経済特区を爆走 中国の観光客と北朝鮮に行ってみた(「週刊東洋経済」2012.9.29号)

b0235153_2111215.jpg6月下旬、中国吉林省の延吉(延辺朝鮮族自治州)を起点に、北朝鮮咸鏡北道の羅先を訪ねた。

 
中朝国境の陸の出入国ゲートとして丹東(遼寧賞)に次ぐ存在である圏河の税関は、日本海に近い図們江下流の琿春市にある。そこで筆者が見たのは、自家用車が何十台も列をなす渋滞だった。周辺は集落さえない中国最辺境のどんづまりで、最初は何事かと思ったが、後に中国人観光客の一行とわかった。

北朝鮮側に入ると、そこは海外資本に開かれた羅先(羅津、先鋒)経済亜貿易特区という地帯だ。ここでは1996年から外国人旅行客を受け入れているが、今年から朝鮮国際旅行社の手配する団体バスではなく、新しいツアー形態としてマイカーでのドライブ旅行が採用されたのだ。

図們江を渡り、北朝鮮側で入国手続きを済ませると、接待役(監視役)が現れた。筆者ら「日本人観光団」は従来どおりバスに乗せられた。

農村の1本道を約45分走ると、先鋒の町が見えた。表通りは積み木のような団地、その裏手に朝鮮家屋が続く。街中はこぎれいで清掃が行き届いている。行き交う車はない。

土ぼこりを上げつつバスを抜き去ったのは、20数台からなる中国マイカー軍団だった。その後、筆者らは終始彼らの後を追うことになる。訪問地は基本的に同じだからだ。


最初に案内されたのは先鋒の国際商品展示会。北朝鮮産品の販売所だ。日本海のカニや昆布などの海産物、地酒、工芸品、平壌医科大学の漢方薬のブースもある。陳列された商品の質や会場のそっけない雰囲気は、中国の80年代改革開放初期の商品展覧会を思い起させた。販売員はその頃の中国女性に似て清楚な印象だが、派手なチマチョゴリに身を包み、外国人の接客にずいぶん慣れていた。

北朝鮮観光ではお約束の、地元少年少女による歓迎の舞踊公演もあった。その日の晩には、羅先を訪問中の外国人約400名が羅先劇場に集められた。わずかの日本人とフランス人を除けば、みな中国人だ。

道路を改修したのも走るのも中国人

外国へのドライブ旅行という新趣向は、中国の中間層の嗜好にマッチしている。今回出会ったのは遼寧省瀋陽からのグループだが、彼らは自慢の高級外車で中国内の高速道路を約8時間走った後、北朝鮮に入国した。そこから羅津港までは50数キロの一本道。ドライブとしては、さぞ物足りなかったことだろう。

国境から羅津港までの道路は、日本海へのアクセスを手に入れたい中国が改修した。北朝鮮は特区のインフラを中国に無償で作らせているが、その道路をわが物顔で走るのもまた中国人。この構図は、今の両国の関係を表している。

中国人ツアー客にとって北朝鮮は「文化大革命が終わった頃のよう」と過去を振り返り、自国の経済成長を実感、自尊心を満たすには格好の場所である。高級車の団体旅行などは大幹部の来訪でもなければありえない。それを一般の中国人が楽しむ姿には、強い無力感を覚えるに違いない。それはまさに30年前、中国人が味わった思いでもあるのだが。

翌日は朝から雨。当初朝ロ国境の豆満江駅に行く予定だったが、ロシア方面から市内に至る道路は舗装されていない悪路のため断念。代わりに香港資本で99年に開業したエンペラーホテル&カジノを訪ねた。

2004年に延辺の地方政府幹部がここで公金を使い果たす事件が発生。一時カジノは撤去されたが、07年に再開された。顧客の99%は中国人。従業員の多くは北朝鮮人だが、一般人民は入館禁止だ。ミャンマーやベトナムの国境地帯にある中国人専用カジノと同様の存在だが、館内は閑散としていた。

この地域の問題は、インフラの絶対的な立ち遅れである。今回の羅先滞在中、日中はずっとどこも停電だった。日本統治下の36年に開港された羅津港からは、近年中国企業が上海に向けて石炭を数回積み出した。だが、市内の道路や中朝間の鉄道輸送に支障があり、今春を最後に再開されていない。

羅先へのドライブ旅行に参加したことがある延吉在住の朝鮮族ビジネスマンは、「羅先は1930年代からまったく変わっていません」と言う。日本の敗戦後に新しくできたのは、地元の発展に直接つながらないソ連製の化学プラントとカジノだけ。日本時代に投資された港湾施設や鉄道などのインフラは老朽化するに任されており、中朝が今進めているのはその再活用なのである。

中国という投資者を得て、北朝鮮はゆっくりと開放に向けて動いている。だが、高句麗の時代から続く長い不信の歴史があるだけに、北朝鮮が中国に向ける視線は複雑だ。そこにロシアの思惑も絡む。この地域の先行きを占うのは簡単ではない。

「週刊東洋経済」2012.9.29号より

上から、圏河イミグレ-ション、中国人マイカードライブ、地元少年少女による舞踊公演、、羅津港、エンペラーホテル&カジノ、勝利化学工場

b0235153_2133386.jpg
b0235153_2144235.jpg
b0235153_2153013.jpg
b0235153_005767.jpgb0235153_2163287.jpg
b0235153_7105695.jpg
b0235153_218473.jpg
[PR]

by sanyo-kansatu | 2012-12-29 21:00 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)
2011年 11月 26日

外国人記者説明会(トラベルマート2011 その2)

トラベルマートの初日午前には決まって外国人記者を集めた説明会があります。主催者である観光庁が外国メディアに向かって訪日旅行促進のための日本政府の考え方やプロモーション活動について広報する場です。
b0235153_181989.jpg
今回外国人記者たちが注目していたのは、今年10月観光庁が打ち出した外国人1万人の訪日無料チケットの提供(Fly to Japan事業)に関する詳細でした。日本政府が本当に無料航空券を提供してくれるとなれば、外国人記者たちが「次号のトップページの見出しはこれだな」と期待をこめるのも当然です。

外国人1万人に無料航空券…観光庁11億円予算
ところが、説明会の担当者である観光庁国際交流推進課の課長さんの口は実に重かったのでした。本来であれば、外国人記者の最大の関心事である「無料チケット」情報の発表は、この説明会を成功裏に終えるための格好のアピールポイントだったはずです。ドカーンと鳴り物入りで発表したっていいくらいの大ネタです。

それなのに、担当官氏はその実施時期をめぐって「12月の国会審議が通って、うまくいけば来年4月にプロモーションが始まるだろう」などと内輪の事情を真正直に明かしてしまったのです(そんなこと、外国の皆さんに知らせる必要があったでしょうか)。本来広報とは相手に伝えなければならないメッセージをどこまで明快かつ印象的に伝えられるかが勝負のはずです。

担当官氏の英語力に関しては、同じ日本人として追及するのは控えたいと思いますけど、せめて説明会で想定される質問にどう答えるべきか事前にシュミレーションするなり準備はしてほしいものです。今回呆れたのは、事前に外国人記者から用意してもらった質問を、氏は順番に読み上げ、それに答えるという一人芝居を始めてしまったことです。

なぜその場であらためて質問記入者に声をかけ、質問の意図を披露してもらった後で、それに答えるというようなインタラクティブな演出ができなかったのか。

ここ何年か、外国人記者説明会に出席しているぼくからすると、観光庁側の準備不足が目に余ります。せっかくのPRの場が台無しです。

こんな無味乾燥な説明会がさして問題とならないのは、理由があります。観光庁側のスピーチ担当者は毎年コロコロ変わりますが、来日する外国人記者の半分くらいは常連なので、説明会の中身のなさについては、彼らも想定内だからです。

ぼくはすでに何人かの外国人記者とは顔見知りで、彼らとは冗談を言い合ったりする関係です。ひとりの日本人として、日本のお役人さんの仕事ぶりに情けない思いをしていることを、いつの日か気がついてもらいたいものです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-26 18:21 | “参与観察”日誌 | Comments(0)
2011年 11月 15日

日経NBonline 「NBO新書レビュー」

中国に関する書籍が巷にあふれる時代です。さすがに、そろそろ一服という感じもしますが、こんなにたくさん出版されたのは、ちょっと唐突ですが、もしかしたら日中戦争の頃以来ではないでしょうか。

昭和10年代は、支那(中国)モノの出版点数がひとつのピークを迎えた時代といえます。大陸では戦闘行為が続いていた一方で、国内では支那文化の魅力を紹介したり、「日支親善」を提唱したりするなど、中国理解のための多彩な書籍が数多く出版されていました。

これに気づいたとき、最初は意外な気がしましたが、日中の人的交流が深まる時代になると、日本人は「中国とは何か」「中国人とはいかなる人たちなのか」と問わすにはいられなくなるのだと思います。

自分は読書家とはとてもいえませんが、中国関連の本やたまに観る映像作品などについて、気になったことをちょこちょこ書いてみたいと思います。

日経NBonline「NBO新書レビュー」
同サイトの書評コーナーで、以前中国関連の新書について少しだけモノ申したことがあります。

2008 年当時、ぼくは北京オリンピック開幕式における究極の時代遅れともいうべき、演出された国威発揚の光景を見てしまったことで、中国の独善的なナショナリズムに対する強い生理的な拒絶反応が高まっていたようです。その嫌悪感はいまも変わりませんが、中国の国情、そして彼らの生きる時代に対する理解も一方で深める必要があると感じています。

それなりに幸せな「格差社会」~『不平等国家 中国』 園田茂人著 中公新書
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080619/162798/


オリンピックは早すぎた
『変わる中国 変わるメディア』 渡辺浩平著 講談社現代新書



「中国を信じる」「信じたい」「信じさせてくれよ…」
『加油(ジャアヨウ)……!』 重松清著 朝日新書



「誠意が“分からない”」人と付き合うには
『日本と中国──相互誤解の構造』 王敏著 中公新書

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-15 19:47 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 15日

「職場の人間関係学:なぜ中国駐在1年内に「心の危機」が起きるのか」

プレジデント2011年3.7号
「中国人の操縦術:もし彼らが突然「上司」「部下」になったら」


プレジデント2011年 7月 4日
「職場の人間関係学:なぜ中国駐在1年内に「心の危機」が起きるのか」

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-15 19:36 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 06日

「中国人を狙え!日本版「医療ツーリズム」の光と影」

「中国人を狙え!日本版「医療ツーリズム」の光と影」
プレジデント 2011年1.3号
 近年注目されている医療観光をめぐる各地の動きを追っています。ただし、これは2010年夏から秋にかけて取材したものです。震災後、一気に停滞しましたが、最近ようやく新しい動きも始まっています。
中国人を狙え!日本版「医療ツーリズム」の光と影
[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-06 20:29 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 05日

連載「レジャー超大国、中国」(日経ビジネスNBonline)

連載「レジャー超大国、中国」
(2007年11月~08年2月)
 日本で中国インバウンドブームに火がついたのは、北京オリンピックが閉幕した08年秋頃からですが、中国が海外旅行市場拡大に向かう胎動期ともいえる04~07年頃の国内レジャー消費の盛り上がりや、始まったばかりの訪日旅行をめぐる動きを扱いました。07年当時の訪日旅行は、まだ送客数が少なかったせいもあり、クレームもほとんどないというのが現場の了解事項でしたが、事態はその後大きく変わっていきます。その実情に関しては、「データでわかる日本の未来 観光資源大国ニッポン(洋泉社MOOK)」や、やまとごころ.jpの連載で書いています。なぜ中国人の訪日旅行市場が荒れてしまったのか、今後もその背景を明らかにしていきたいと思います。
(1)「はい、チーズ」。上海に押し寄せるおのぼりさんの「記念写真」
(2)外灘で記念撮影する特別な意味
(3)上海観光客が見る紅の「三丁目の夕日」
(4)あの千葉の“ザウス”が上海に復活!?
(5)デジイチぶらさげ、街角モデル撮影会。上海人の初々しいホビーライフ
(6)上海人の最新旅行シーンは「地球の歩き方」式
(7)リュクスな富裕層は、チャイナスタイル外資系がお好き
(8)総取引金額45兆円の「銀聯カード」をひっさげて
(9)日本社会に興味津々「なぜ女子高生はミニスカートなのだ?」
(10)日本観光で「対日観がガラッと変わった」人も急増!
(11)中国人は、東京ならここに行きたがる!
爆発中の観光ブーム、日中関係を変えるか

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-05 21:22 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 05日

小連載「上海不動産ミステリー」(日経ビジネスNBonline)

小連載「上海不動産ミステリー」
(2007年9月~10月)
 胡錦濤政権になって拍車がかかった中国の不動産投資をベースにした経済の活況により、不動産価格高騰のペースが大都市圏でピークを迎えたのは2007年頃ではなかったでしょうか(地方都市は数年遅れます)。「とにかくなんでもいいからド派手で目立つやつを建てちまえ」とばかりに量産された上海近郊のバブル建築を訪ねたのがこの頃です。巨大なマンション群を前にしながら、人が住んでいる気配のほとんど感じられない異様な光景はいまでも忘れられません。当時これは絶対おかしいとぼくは思っていましたが、「中国と日本では発展段階が違う」との関係者のことばに「そういうもんかな」と疑心暗鬼の面持ちで薄ら寒い光景を眺めていたことを思い出します。
b0235153_19245254.jpg

(1)“チャーチル”が佇む無人の英国式ニュータウン
(2) 家は徹底的に投資物件なのだ
(3) チャイナリスクは、実は安全弁でもある
(4) 中国不動産がサブプライムローン問題に「非連動」なワケ
(5) そこまでやるか? パリをエッフェル塔ごと縮小コピー

 これは世界各地に出店している北朝鮮レストランの実態を暴く(?)番外編企画です。
(番外編)上海の夜、北朝鮮の女性従業員に癒やされる

「お客さんは中国人」
(2008年7月~8月)
 「世界の市場」となった中国において日本の小売やサービス、外食産業がどう格闘しているかをレポートするもくろみで始めた連載ですが、諸事情があって中途で終わってしまいました。このテーマの重要性はますます高まっていますが、中国人をお客さんとすることがいかに難しいか、いまだに痛感することばかりです。とはいえ、今後もあきらめずにトライしていかなければならないと思っています。
(1)日本人がウエディングの「感動」をお売りします-2008年から婚姻ラッシュ。酒盛り披露宴をどう商品化する?
(2)日本の「婚礼ソフト」を上海に落とし込めるか-上海OLの本音は「披露宴なんかやりたくない」!?
(3)日本で鍛えられた「サイゼリヤ」が“行列のできる店”に
(4)上海のサイゼリヤに見る、ファミレスが「ハレ」の場だったあの日
[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-05 19:34 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)