ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

タグ:メディア ( 125 ) タグの人気記事


2011年 11月 15日

日経NBonline 「NBO新書レビュー」

中国に関する書籍が巷にあふれる時代です。さすがに、そろそろ一服という感じもしますが、こんなにたくさん出版されたのは、ちょっと唐突ですが、もしかしたら日中戦争の頃以来ではないでしょうか。

昭和10年代は、支那(中国)モノの出版点数がひとつのピークを迎えた時代といえます。大陸では戦闘行為が続いていた一方で、国内では支那文化の魅力を紹介したり、「日支親善」を提唱したりするなど、中国理解のための多彩な書籍が数多く出版されていました。

これに気づいたとき、最初は意外な気がしましたが、日中の人的交流が深まる時代になると、日本人は「中国とは何か」「中国人とはいかなる人たちなのか」と問わすにはいられなくなるのだと思います。

自分は読書家とはとてもいえませんが、中国関連の本やたまに観る映像作品などについて、気になったことをちょこちょこ書いてみたいと思います。

日経NBonline「NBO新書レビュー」
同サイトの書評コーナーで、以前中国関連の新書について少しだけモノ申したことがあります。

2008 年当時、ぼくは北京オリンピック開幕式における究極の時代遅れともいうべき、演出された国威発揚の光景を見てしまったことで、中国の独善的なナショナリズムに対する強い生理的な拒絶反応が高まっていたようです。その嫌悪感はいまも変わりませんが、中国の国情、そして彼らの生きる時代に対する理解も一方で深める必要があると感じています。

それなりに幸せな「格差社会」~『不平等国家 中国』 園田茂人著 中公新書
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080619/162798/


オリンピックは早すぎた
『変わる中国 変わるメディア』 渡辺浩平著 講談社現代新書



「中国を信じる」「信じたい」「信じさせてくれよ…」
『加油(ジャアヨウ)……!』 重松清著 朝日新書



「誠意が“分からない”」人と付き合うには
『日本と中国──相互誤解の構造』 王敏著 中公新書

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-15 19:47 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 15日

「職場の人間関係学:なぜ中国駐在1年内に「心の危機」が起きるのか」

プレジデント2011年3.7号
「中国人の操縦術:もし彼らが突然「上司」「部下」になったら」


プレジデント2011年 7月 4日
「職場の人間関係学:なぜ中国駐在1年内に「心の危機」が起きるのか」

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-15 19:36 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 06日

「中国人を狙え!日本版「医療ツーリズム」の光と影」

「中国人を狙え!日本版「医療ツーリズム」の光と影」
プレジデント 2011年1.3号
 近年注目されている医療観光をめぐる各地の動きを追っています。ただし、これは2010年夏から秋にかけて取材したものです。震災後、一気に停滞しましたが、最近ようやく新しい動きも始まっています。
中国人を狙え!日本版「医療ツーリズム」の光と影
[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-06 20:29 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 05日

連載「レジャー超大国、中国」(日経ビジネスNBonline)

連載「レジャー超大国、中国」
(2007年11月~08年2月)
 日本で中国インバウンドブームに火がついたのは、北京オリンピックが閉幕した08年秋頃からですが、中国が海外旅行市場拡大に向かう胎動期ともいえる04~07年頃の国内レジャー消費の盛り上がりや、始まったばかりの訪日旅行をめぐる動きを扱いました。07年当時の訪日旅行は、まだ送客数が少なかったせいもあり、クレームもほとんどないというのが現場の了解事項でしたが、事態はその後大きく変わっていきます。その実情に関しては、「データでわかる日本の未来 観光資源大国ニッポン(洋泉社MOOK)」や、やまとごころ.jpの連載で書いています。なぜ中国人の訪日旅行市場が荒れてしまったのか、今後もその背景を明らかにしていきたいと思います。
(1)「はい、チーズ」。上海に押し寄せるおのぼりさんの「記念写真」
(2)外灘で記念撮影する特別な意味
(3)上海観光客が見る紅の「三丁目の夕日」
(4)あの千葉の“ザウス”が上海に復活!?
(5)デジイチぶらさげ、街角モデル撮影会。上海人の初々しいホビーライフ
(6)上海人の最新旅行シーンは「地球の歩き方」式
(7)リュクスな富裕層は、チャイナスタイル外資系がお好き
(8)総取引金額45兆円の「銀聯カード」をひっさげて
(9)日本社会に興味津々「なぜ女子高生はミニスカートなのだ?」
(10)日本観光で「対日観がガラッと変わった」人も急増!
(11)中国人は、東京ならここに行きたがる!
爆発中の観光ブーム、日中関係を変えるか

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-05 21:22 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2011年 11月 05日

小連載「上海不動産ミステリー」(日経ビジネスNBonline)

小連載「上海不動産ミステリー」
(2007年9月~10月)
 胡錦濤政権になって拍車がかかった中国の不動産投資をベースにした経済の活況により、不動産価格高騰のペースが大都市圏でピークを迎えたのは2007年頃ではなかったでしょうか(地方都市は数年遅れます)。「とにかくなんでもいいからド派手で目立つやつを建てちまえ」とばかりに量産された上海近郊のバブル建築を訪ねたのがこの頃です。巨大なマンション群を前にしながら、人が住んでいる気配のほとんど感じられない異様な光景はいまでも忘れられません。当時これは絶対おかしいとぼくは思っていましたが、「中国と日本では発展段階が違う」との関係者のことばに「そういうもんかな」と疑心暗鬼の面持ちで薄ら寒い光景を眺めていたことを思い出します。
b0235153_19245254.jpg

(1)“チャーチル”が佇む無人の英国式ニュータウン
(2) 家は徹底的に投資物件なのだ
(3) チャイナリスクは、実は安全弁でもある
(4) 中国不動産がサブプライムローン問題に「非連動」なワケ
(5) そこまでやるか? パリをエッフェル塔ごと縮小コピー

 これは世界各地に出店している北朝鮮レストランの実態を暴く(?)番外編企画です。
(番外編)上海の夜、北朝鮮の女性従業員に癒やされる

「お客さんは中国人」
(2008年7月~8月)
 「世界の市場」となった中国において日本の小売やサービス、外食産業がどう格闘しているかをレポートするもくろみで始めた連載ですが、諸事情があって中途で終わってしまいました。このテーマの重要性はますます高まっていますが、中国人をお客さんとすることがいかに難しいか、いまだに痛感することばかりです。とはいえ、今後もあきらめずにトライしていかなければならないと思っています。
(1)日本人がウエディングの「感動」をお売りします-2008年から婚姻ラッシュ。酒盛り披露宴をどう商品化する?
(2)日本の「婚礼ソフト」を上海に落とし込めるか-上海OLの本音は「披露宴なんかやりたくない」!?
(3)日本で鍛えられた「サイゼリヤ」が“行列のできる店”に
(4)上海のサイゼリヤに見る、ファミレスが「ハレ」の場だったあの日
[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-05 19:34 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)