ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

タグ:レストラン・グルメ ( 91 ) タグの人気記事


2017年 10月 03日

中国人は領袖の意向を“忖度”するのがホントに好きですね

今日の朝日新聞の朝刊にこんな記事がありました。

(核心の中国)一強:上 実績強調、再燃する習氏崇拝 バラ色の報道で権威付け(朝日新聞2017年10月3日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S13162711.html

(一部抜粋)中国東北部にある吉林省延辺朝鮮族自治州光東村。9月半ば、一面に広がる水田で収穫を待つ稲穂が陽光に輝いていた。人口800人ほどの山村の様子が一変したのは、2年前の夏のことだ。

共産党総書記の習近平(シーチンピン)は2015年7月、朝鮮族の農村であるこの村を視察先に選び、民家や水田を見て回った。その様子が報道されると、全国から人が集まるようになった。

「習大大(習おじさん)が私の家にやってきた!」

そんな看板を掲げた民家の近くで、チマ・チョゴリ姿のガイドが、雲南省から来た約30人の一行に身ぶり手ぶりを交えて説明していた。

「総書記は朝鮮族がするように靴を脱ぎ、オンドルであぐらをかいたんです」

観光シーズンには1日千人以上がバスを連ねてやってきて、習が手にした地元の米には北京や上海などから注文が殺到。売り上げが3倍になった。村の農家を束ねる男性は「注文が途切れず、昨年収穫した2千トンも売り切れた」と声を弾ませた。

「総書記の言葉を学べ」と、動員される党員の視察旅行もあり、習が足を運んだ先々が「観光スポット」になっている。


これを読んで「あっ」と思いました。というのは、昨年この話の舞台である延辺朝鮮族自治州延吉市内の民族食品会館という地元農産品の展示場を訪ねたとき、習総書記が訪ねたという光東村の米が置かれていたのを見たからです。
b0235153_945432.jpg

この記事にあるように、2015年7月15日、総書記がこの村の水田を視察したときの写真が商品パネルに使われていました。なるほど、いまの中国では領袖が訪れたという話がヒット商品や、観光客を呼び込んだりすることにつながるというわけです。中国人というのは、どんだけ領袖の意向を“忖度”するのが好きなんだよ、と思ってしまいます。
b0235153_945251.jpg

ところで、延吉の民族食品会館では、地産品の展示だけでなく、実際に延辺の朝鮮族料理の調理を学んだり、試食を楽しめる体験館もあります。
b0235153_945475.jpg

b0235153_946111.jpg

b0235153_9462923.jpg

b0235153_9465446.jpg

b0235153_947963.jpg

b0235153_9472715.jpg

面白いのは、なにげに北朝鮮の工芸品や各種土産も紛れ込ませて紹介していることです。いまでこそ、制裁の対象である彼らの産品を扱うとは何事かという話かもしれませんが、彼らは同族なのですから。
b0235153_9475257.jpg

もうひとつおかしかったのは、習総書記が称賛した延辺米のパッケージに「光東越光 コシヒカリ」と日本語入りの商品名が書かれていたことです。ただし、この地で生産される米は、満洲国時代に寒さに強い東北地方の稲が持ち込まれ、品種改良された経緯もあり、「コシヒカリ」と呼んで日本米とのつながりを商品名に込めるのはまんざらウソでもないのです。
b0235153_9482156.jpg

まさか彼らも総書記がこの村を訪れたときは、決してそんな商品名は見せなかったと思いますけれど。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-03 09:49 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2017年 10月 03日

081 この店のウエイトレスもロシアから来た

b0235153_8584721.jpg

「アラウンド・ザ・ワールド」で働く、花柄のワンピースを着たふたりの女性もロシア人。MARINAさん(左)はイルクーツク出身のブリヤート系で、SVETAさん(右)はウラジオストク出身。この店のオーナーも、ウラジオストクから来たロシア人。ハルビンのロシア料理店急増は、黒龍江省を舞台とした中ロのビジネス交流の拡大が背景にある。いわば、ハルビンは“出戻り”ロシア人の町でもあるのだ。(撮影/2014年7月)

※東洋系の彼女、一見中国人かと思うかもしれませんが、ブリヤート系(モンゴル系)のロシア人なんです。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-03 08:59 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 01日

080 ロシア人女性歌手の歌声を聴きながら

b0235153_1655474.jpg

ハルビンのロシア料理店「アラウンド・ザ・ワールド」で歌っていたのは、ロシアから来たKSENIAさん。中東アジア風のエキゾチックな風貌の彼女は、スタンダードなジャズのナンバーだけでなく、ロシア歌謡も歌う。後者のほうがいかにもハルビン的で、独特のムードにひたれる。(撮影/2014 年7月)

※中ロ国境の町、満洲里にロシア人ダンサーがいたように、ハルビンのレストランにもロシア人シンガーがいます。食事をしながらこんな楽しみが味わえるのが、いまのハルビンです。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-01 16:55 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 30日

079 ハルビンのロシア料理店ではライブ演奏も

b0235153_10532784.jpg

もう一軒のハルビンのロシア料理店「アラウンド・ザ・ワールド」では、ロシア人歌手によるライブ演奏も行われる。ロシア人が好きなシャンパンと一緒にライブを楽しもう。テーブルの上にあるのは、ロシア風餃子のペリメニやサーモンのソテー、ロシア風サラダなど。(撮影/2014年7月)

※サーモンのソテー、おいしいです。ロシア料理は日本人の口に合うと思います。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-30 10:54 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 24日

073 ロシア人ウエイターのワーリャさんはイルクーツク出身

b0235153_13275596.jpg

ハルビンのロシア料理店「カチューシャ」では、イルクーツク出身で留学生のワーリャさんがウエイターをしていた。いまやハルビンは黒龍江省やシベリアを含めたこの地域では最大の都市で、お隣のロシアからの留学生やビジネスマンも多い。(撮影/2014年7月)

※彼も、歴史的にみると、“出戻り”ロシア人のひとり。ハルビンはロシアシベリア地方に住む彼らの就職先になっています。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-24 13:28 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 23日

072 ハルビンのロシア料理店のシックな店内

b0235153_12571716.jpg

ハルビンのロシア料理店「カチューシャ」は、地元ハルビン出身の中国人男性とロシア人カップルが経営している。店内はロシア風に木のぬくもりを感じさせるシックな内装で、客層も洗練されている。中国料理店のように大声を出したり、騒いだりする人はいない。(撮影/2014年7月)

※このレストランは中央大街の繁華街から少し離れた松花江に近い場所にあることもあるせいか、客層も悪くありません。店内は静かでくつろげます。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-23 12:58 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 22日

071  ハルビンで味わうロシア料理

b0235153_6272273.jpg

ハルビンにはロシア料理店がたくさんあり、本格的なロシア料理が味わえる。写真は、松花江のほとりにある料理店「カチューシャ」のもの。おなじみのボルシチやビーフストロガノフ、ロールキャベツ、ポテトサラダなど。ロシア産のワインも楽しめる。(撮影/2014年7月)

※10年くらい前は、中華料理風なんちゃってロシア料理しかなかったハルビンですが、今はもう違います。ロシア人が移り住んで、調理をしているのですから。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-22 06:28 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 21日

070  秋林デパートのロシアパン

b0235153_841195.jpg

ハルビンの老舗デパート「秋林公司」は1900年開業。イルクーツク出身のロシア人実業家のチューリンがハルビンに支店を開き、ロシア製の食材を販売した。その後、秋林公司は中国に引き継がれた。いまも当時の製法を受け継いだ秋林印のパンが有名だ。(撮影/2014年7月)

※ぼくがハルビンを初めて訪ねた1980年代も、街角でロシア風パンが売られていました。正直なところ、それほどおいしいとは思いませんでした。今回、この写真を撮るために秋林デパートのパン工房を訪ねたとき、ロシア人から当時の製法を引き継いだ中国人の職人の歴史などが解説されたパネルが置かれていて、自分たちのパン作りの歴史を回顧していたのが印象的でした。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-21 08:44 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 20日

069 ハルピンビールは地元で大人気

b0235153_9143891.jpg

ハルビンは中国最大のビールの消費地でもあり、地ビールの「ハルビンビール」は地元でも大人気。この地域では、瀋陽が本社で、中国最大手の雪花ビールもあり、シェアを競いあっているが、ハルビンに行ったらこちらがおすすめ。ラベルのデザインも雪花より洗練されている。(撮影/2016年7月)

※ハルビン人のビール消費量は世界の都市別ランキングで3位といいます。確か、1位はミュンヘンだったと思います。この町に来ると、その理由がわかります。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-20 09:15 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 09月 16日

066 長白山山麓で見かけた養蜂家たち

b0235153_10265436.jpg

初夏になると、長白山山麓に多くの養蜂家が集まってくる。彼らは季節によって蜜箱をトラックに載せて移動する、さすらいの養蜂家だという。高原植物の咲き乱れるこの山麓は、良質の蜂蜜が採れることで有名だ。(撮影/2012年7月)

※長白山の山麓は自然の宝庫です。毎回必ず立ち寄る蜂蜜の店があるのですが、採れたてを瓶詰めした新鮮そのもの、天然100%です。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(長白山編)
http://border-tourism.jp/changbaishan/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-09-16 10:27 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)