ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロシア ( 145 ) タグの人気記事


2017年 11月 04日

104 ポーランド生まれの木材商人コヴァルスキーの館(ハルビン)

b0235153_8584766.jpg

ハルビン駅から紅博広場に向かって郵政街を左に曲がった先に、かつてポーランド生まれの木材商人コヴァルスキーの建てた洋館がある。彼は東清鉄道建設が始まった1898年にハルビンに来て、木材ビジネスで巨万の富を築いた。ハルビンを代表する豪邸で、新中国建設後は毛沢東をはじめとする領袖たちの黒龍江訪問時の住居兼執務室として使われた。現在、革命領袖視察記念館となっている。(撮影/2014年7月)

※ハルビンには古い洋館がたくさん残っていて、その豪奢さに驚かされます。東京の鳩山御殿などよりずっと高い価値があるはずです。20世紀初頭のハルビンの繁栄ぶりがわかります。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-11-04 08:59 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 25日

099 アールヌーヴォー建築はKFCになっていた

b0235153_8284364.jpg

かつてハルビンを代表するロシア正教会(中央寺院)のあった紅博広場の近くにある、ユニークなアールヌーヴォー建築も旧東清鉄道社宅だった。1990年代には中国への進出の早かったベネトンのショップだった時期もあったが、現在、KFCとして使われている。(撮影/2014年7月)

※この種の中国のユニークな建築の存在に最初に目を付けたのは、外資系企業でした。中国建国以降、灰色の社会主義建築で覆われていたハルビンのあちこちに残っていたロシア時代の建築は、文革当時はブルジョワ的とされ、その一部は破壊されたものもあったのですが、改革開放以降の新時代に見直されることになります。いまではお化粧直しされ、市を挙げたPRに使われています。時代の波に翻弄されながらも生き残ってきたこれらの老建築はハルビンの魅力のひとつとなっています。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-25 08:30 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 24日

098  旧東清鉄道社員の宿舎(現ハルビン南崗展覧館)

b0235153_8433899.jpg

ハルビンに東清鉄道を建設したロシア人たちの社員宿舎だったという建物は、この町にあるアールヌーヴォー建築の代表作のひとつ。現在はハルビンの100年間の歴史を展示する博物館として使われているが、かつては幼稚園として使われた時代もあった。(撮影/2014年7月)

※ぼくはこのユニークな建物が幼稚園として使われていた1990年の頃、ここを訪ねたことがあります。子供たちが好むようにピンクや黄色などに塗りたくられ、あの当時のハルビンとしては斬新かつポップな様相を呈していました。いまは博物館で、1920~30年代のロシア文化が花咲くハルビンの写真や遺品を観ることができます。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-24 08:44 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 23日

097 ハルビンはアールヌーヴォーの街

b0235153_9251553.jpg

19世紀末にロシア人に造られたハルビンには、ヨーロッパから多くの外国人が集まってきており、さまざまな様式の西洋建築が建てられた。なかでも当時隆盛を極めたアールヌーヴォー建築が、遠く離れたこの地に周回遅れで建てられた面がある。その有機的なモチーフや曲線を多用するデザインは遊び心にあふれていて、当時のハルビンはまるでおとぎの国のようでもあった。(撮影/2014年7月)

※いまでこそ、高層ビルもずいぶん建てられたハルビンですが、昔からロシアや日本時代のユニークな建築が印象的な街です。建築を訪ねて旅する人も多くいます。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ハルビン編)
http://border-tourism.jp/haerbin/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-23 09:25 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 16日

091 外国人の訪問はNGとなった満洲里の中ロ国境

b0235153_8303947.jpg

中ロの鉄道の国境は、国門景区と呼ばれ、観光客に開放されており、中国側の国門ビルに上ってロシア側を眺めることができる。ところが、2015年頃から外国人は訪問できなくなった。そのため、フェンス越しに両国の門を眺めることしかできない。近年、中国当局は国境地域の外国人の訪問に以前より敏感になっている。(撮影/2016年7月)

※手前に見えるのが中国の国門で、その右手に小さく見えるのがロシアの国門です。中ロ国境に限らず、最近中国政府は外国人に国境地域に近づかせたくないようです。実際には、最初はNGといわれていても、行ってみたら大丈夫だったというアバウトな状況も中国ではよくあるのですが、ボーダーツーリストとしては、ちょっと困った時代に向かいつつあるようです。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-16 08:31 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 15日

090 満洲里 ロシア行きイミグレーション

b0235153_10441984.jpg

満洲里市内から国門景区に向かう途中に、ロシア行きの陸路のイミグレーションがある。国際バスもそうだが、自家用車で中ロ両国を往来する車はここでパスポートチェックを受ける。中国で買い込んだ生活必需品をトランクにあふれんばかりに積み込んだロシアからの旅行者の車が並んでいた。(撮影/2016年7月)

※今回は車で通り過ぎただけでしたが、外国との陸路のイミグレーションが存在しない日本人にとって、国境の町でしか見ることのできない光景に強い憧れを感じます。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-15 10:46 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 13日

089 国際バスターミナルのチケット売り場

b0235153_8442285.jpg

満洲里国際バスターミナルのロシア行きチケット売り場の窓口は、わずかひとつだけ。運賃は、中ロ国境の最初の町、ザバイカリスクまで92元、ボルジャまでは102元とある。バスに乗り込むロシア人の姿も見られたが、それほど多くの乗客がいるようには思えない。(撮影/2016年7月)

※ロシアへの日帰りツアーでは、中ロ国境のロシア側の町、ザバイカリスク(后贝加尔斯克 Забайкальск)や140kmほど離れたクラスノ カメンスク(克拉斯诺卡缅斯克(中国名:红石市)Краснокаменск)という町を訪ねます。シベリアの辺境の田舎町を訪ねるツアーですが、ネットで参加者の声を拾うと、地元のレストランや教会を訪ねたり、けっこう楽しそうです。ツアー代は400元くらいでした。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-13 08:45 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 12日

088 満洲里国際バスターミナル

b0235153_1055596.jpg

ロシア方面行きの国際バスターミナルは、ひたすら巨大なビルだった。でも、実際にはビルの門は閉じられ、利用されているわけではなかった。ロシア人などを乗せる実際のターミナルはお隣の小さなビルの中にあった。(撮影/2016年7月)

※ここからバスに乗ってロシアに行きます。ターミナルの周辺では、ロシア人の姿をちらほら見かけました。中国人であれば、ノービザで日帰りや1泊2日くらいのロシアツアーに行けますが、日本人はそうはいかないので、残念です。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(満洲里編)
http://border-tourism.jp/manzhouli/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-12 10:06 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 10日

086 ウラジオストクは日本車ばかり走っている

b0235153_13523923.jpg

極東ロシアでは、1980年代後半から日本の中古車が大量に輸入された。おかげで、街を走っている車の大半は日本車。右側運転なのに、右ハンドルの日本車が大人気なのだ。これが極東ロシアに与えた影響は計り知れないものがあるという。(撮影/2014年6月)

※ショッピングセンターの駐車場など、車が多く駐車している場所に行くと、日本車ばかりなので、ここは日本かなと思ってしまうほどです。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(ウラジオストク編)
http://border-tourism.jp/vladivostok/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-10 13:53 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 10月 09日

日本時代の記憶がそこかしこに残るサハリンの港町コルサコフ

コルサコフは少々くたびれた感じの港町ですが、戦前から稚内と航路もつながっており、日本時代の樺太の記憶がそこかしこに残っています。

日本からの航路の玄関口としては垢抜けなさがちょっと残念な港町コルサコフ
http://inbound.exblog.jp/27262734/

港に近い線路跡のさびれた光景は、日本のどこかの昭和の風景のようにも思えてきます。
b0235153_23182762.jpg

日本時代に建てられたレンガ倉庫も残っています。
b0235153_23184258.jpg

これは旧北海道拓殖銀行大泊支店ですが、現在改修中です。元の姿をプリントしたカバーをかけられているのは、少々興ざめですけれど。
b0235153_2319217.jpg

港からレーニン広場に向かってクラスナフローツカヤ通りのゆるやかな坂道を歩いていくと、左手に古い石段があります。これは日本時代に建てられた亜庭神社に上る階段です。階段を上ると、当時の社殿は残っていません。
b0235153_23191629.jpg

この通りと並行して南北に伸びているソビエト通りは、この町のメイン通りです。商店やカフェが並び、週末には市が出ます。そこに昭和モダン風の建物があります。
b0235153_23193187.jpg

この建物の前の門に表札を取り外した跡が残っています。このような跡は、中国の大連など日本時代の家屋が多く残っていた都市でも見かけることがあります。
b0235153_23194620.jpg

この町いちばんのホテル・アルファには、亜庭神社から運んできたのではないかと思われる石の灯篭や水おけを蒐集しています。
b0235153_2320582.jpg

ホテルの前になんのことはないその一部が置かれていました。
b0235153_23205478.jpg

b0235153_23211235.jpg

日本時代の記憶を伝えようとしているのがコルサコフ郷土歴史博物館です。これまで見てきたサハリンの田舎町の博物館同様、地元の歴史や自然、日本時代の歴史や生活用具などが展示されています。
b0235153_23213394.jpg

コルサコフ郷土歴史博物館(Корсаковский историко-краеведческий музей)
http://sakhalin-museums.ru/museum/korsakovskiy_muzey/

樺太時代をいまに伝えるサハリン州郷土博物館
http://inbound.exblog.jp/27174994/
ノグリキ郷土博物館で知るサハリン北部に住んでいた先住民族たち
http://inbound.exblog.jp/27122360/
先住民とロシア人、日本人の関係を物語るポロナイスク博物館の展示
http://inbound.exblog.jp/27257855/

これまで見てきたサハリン北部や中部には複数の先住民族がいましたが、コルサコフのあるサハリン南部に住んでいたのはアイヌだけだったことから、この町の歴史を美しく整理した展示パネルの最初のページはアイヌの時代です。その後、樺太南部が日本領になるまで3つの時期に分かれます。まずロシアがサハリンを発見した航海時代、そして江戸後期から明治時代の日ロの交渉前の樺太が日本人とロシア人、先住民が混住していた時代、最後は明治8年(1875年)の樺太・千島交換条約で、樺太はロシア、千島列島は日本と国境画定されて以後の時代です。
b0235153_23221021.jpg

1904年~05年の日露戦争後の日本時代はパネルだけでなく、ひとつのコーナーになっています。
b0235153_2322304.jpg

1905~45年、この町は「大泊」と呼ばれました。当時の建築物のパネルです。
b0235153_23225272.jpg

これが当時の港の光景です。当たり前のように日本家屋が並んでいます。
b0235153_2325097.jpg

やはり当時のカフェや料亭のおちょこや徳利が展示されています。
b0235153_23252318.jpg

当時の日ソ国境画定の地図です。こうした時代があったことをロシアの博物館は歴史として淡々として伝えています。
b0235153_2325448.jpg

ここにもありました。お約束の「ロシア人は文明人」の小部屋です。
b0235153_23262348.jpg

最後は、稚内からの定期船をはじめとした国際定期航路や貨物船が発着するコルサコフ港を一望する展望台です。見晴らしの良い丘の上にあり、「朝鮮人望郷の丘碑」が立っています。
b0235153_23264731.jpg

b0235153_2327650.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-10-09 23:27 | 日本に一番近いヨーロッパの話 | Comments(0)