ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ロシア ( 64 ) タグの人気記事


2017年 07月 28日

018 鷹の巣展望台のキリルとメテディウスの像(ウラジオストク)

b0235153_882622.jpg

金角湾を見下ろす鷹の巣展望台には、ギリシャ語をスラブ語に翻訳しスラブ世界にキリスト教を布教した東方正教会の宣教師キュリロスとメトディオスの兄弟の像が建っている。彼らはスラブ語諸族が使うキリル文字の原型となるグラゴール文字を考案した。彼らの像をここに建てた理由は何か。ウラジオストクが極東に位置するスラブ語圏最果ての地であることは間違いない。(撮影/2012年7月)

※ロシア人がウラジオストクを開港したのは、ウスリー河以東の現在の沿海地方を勢力下に入れた1860年の北京条約以降です。このような極東の地の果てまでスラブ圏を広げようとしていたロシアと日本の関係もこの頃から始まります。まもなくウラジオストクへの日本人のビザ緩和で、8日間の自由渡航が始まりますが、この150年の歴史の中で、再び日本人とウラジオストクの新しい関係が生まれるのだとしたら、とても面白いと思います。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-28 08:09 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 27日

017 鷹の巣展望台からのウラジオストク港の眺め

b0235153_925569.jpg

ウラジオストク旅行者が必ず訪れる鷹の巣展望台からは、金角湾をまたぐ金角橋と港の全貌が見渡せる。正面のはるか先に見える島影はルースキー島だ。橋脚の高さは225m、全長は2.1kmの吊り橋で、2012年9月のAPEC開催時に開通した。かつてウラジオストクは軍港で、ここから何隻もの軍艦が見渡せたものだが、いまはほぼ姿はなく、平穏そのものに見える。(撮影/2012年7月)

※いまやウラジオストクの顔となった金角橋。9月下旬に開催されるウラジオストクマラソンでは、この橋もコースになっています。

第3回ロシア国際ウラジオストクマラソン参加者募集中!
http://inbound.exblog.jp/26970086/

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-27 09:29 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 26日

016 ウラジオストクの目抜き通りを闊歩するロシアンガールズ

b0235153_9405447.jpg

金角湾に沿って東西に延びるスヴェトランスカヤ通りを歩く地元の女性たち。ウラジオストクの目抜き通りに、彼女らが颯爽と繰り出す夏は、街がいちばん華やぐ季節かもしれない。(撮影/2012年7月)


※取材先で道行く人たちのスナップを撮ろうとすることはよくあるのですが、この町ではつい若い女性のスナップばかり撮ってしまいます。

ウラジオストクの美女たち
http://inbound.exblog.jp/20115798/

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-26 09:42 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 25日

015 旧日本総領事館沿いの通りを歩くロシアンガールズ(ウラジオストク)

b0235153_7365587.jpg

金角湾に面した中央広場の向かいに位置する老建築は、かつて日本総領事館だった。1916年に完成した美しい建物は、現在沿海地方の裁判所として使われている。(撮影/2012年7月)


※ウラジオストクには、かつて約5000人の日本人が住んでいた時期がありました(1930年代前半まで)。そのため、当時の日本関連の建物や施設が多く残っています。その一部については、以下の記事で紹介しています。

「浦潮旧日本人街散策マップ」でウラジオストクの日本のゆかりの地を訪ねる
http://inbound.exblog.jp/20103380/

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-25 07:49 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 24日

014 ウラジオストクはストリートアートがあふれる町

b0235153_8335154.jpg

ロシアの最果ての地でありながら、沿海地方の文化の中心でもあるウラジオストクの町には、ストリートアートがそこかしこで見られる。窓のそばに腰かけ、マンドリンを弾くマドロスは銅細工の人形だろうか。窓から彼を見つめる女性もペインティングである。(撮影/2012年7月)

※ウラジオストクはアートギャラリーが多く、芸術活動が盛んな町で、在住アーチストらによるストリートアートのその他の作品については、現地在住の宮本智さんが発信する情報サイト「ウラジオ.com」(http://urajio.com/)が紹介しています。

ウラジオ発:芸術アーティスティックな壁絵(ストリートアート)
http://urajio.com/item/0557


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-24 08:34 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 23日

013 ウラジオストクは坂の多い港町

b0235153_16442739.jpg

港町であるウラジオストクは、良好な入り江である金角湾に向かって町全体がゆるやかな坂道になっている。南に向かって下る通りの先には停泊している船舶が見える。(撮影/2012年7月)


※港町には坂道がよく似合います。サンフランシスコもそうですし、函館や長崎もそう。特に日本の港町の多くは、ウラジオストクの開港と同じ時期に生まれていることを思うと、親しみがわいてきます。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/


[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-23 16:45 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 22日

012 ウラジオストクの海水浴 その3

b0235153_21321131.jpg

極東ロシアの短い夏を彩る光景のひとつがウラジオストクで海水浴を楽しむ地元の人たちの姿だった。波打ち際で遊ぶロシア人の子供たち。(撮影/2012年7月)

※ロシア人の子供はかわいらしくて、見ていて飽きない。考えてみると、広大なロシアの中でも、夏に地元の海で海水浴できるのは、ウラジオストクなど沿海地方の人たちだけではないかと思われる。黒海沿岸もそうかもしれないが、海ではない。サハリンも、夏でも海の水は冷たいそう。そう思うと、すごく貴重な光景なのかもしれない。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-22 17:30 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 21日

011 ウラジオストクの海水浴 その2

b0235153_96465.jpg

ウラジオストク駅からローカル電車に乗ってサナトリウムという名の駅を降りると、そこは海水浴場だった。ビーチ沿いの木陰でピンポンに興じる女の子たちのスナップ。(撮影/2012年7月)


※海水浴場では、子供連れのファミリーやカップル、若者たちのグループなどがのんびり過ごしていた。この海浜公園には、軽食やドリンクを販売している店やカフェもある。海の向こうに見える道路は「ロシア連邦道路A370」で、ハバロフスクまで延びている(海の中を走るのはここだけ)。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-21 09:06 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 20日

010 ウラジオストクの海水浴 その1

b0235153_8281323.jpg

ウラジオストク駅からローカル電車に乗って郊外に向かうと、車窓から海水浴客の姿が見えてきた。ビーチ沿いまで車を乗りつけ、家族で一緒に午後のひとときを過ごしていた。(撮影/2012年7月)

※波打ち際にシートを広げ、若い夫婦と母親、小さな女の子らしき子どもの4人家族が海水浴を楽しんでいる。ウラジオストク市内から車で30分ほどで来られる気軽さがうらやましい。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
北東アジア《ボーダーNOW》
http://border-tourism.jp/northeast-asia-borders/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-20 08:28 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2017年 07月 19日

009 ウラジオストク駅からローカル電車で行く海水浴場

b0235153_835024.jpg

ウラジオストク駅からローカル電車に乗って郊外に向かうと、海水浴場が見えてきた。海沿いのビーチに車で市内から来た海水浴客の姿が見える。(撮影/2012年7月)

※ウラジオストク駅を出た郊外電車は、ムラヴィヨフ=アムールスキー半島の西岸を走る。車窓に広がるアムール湾内には、砂浜や夏の別荘(ダーチャ)、キャンプ場などが多く、にぎわいを見せる。


今年4月、ボーダーツーリズム(国境観光)をテーマにした以下のサイトを立ち上げました。同サイトの一コーナー「北東アジア《ボーダーNOW》 」では、北東アジアに広がる国境地域で出会った人や文化、街の風景を、佐藤憲一の写真を中心に紹介しています。

ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
http://border-tourism.jp/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
北東アジア《ボーダーNOW》
http://border-tourism.jp/northeast-asia-borders/

※現在、同サイトは鋭意コンテンツを積み増し中で、エリア名のみ記載されているものの、コンテンツが用意されていないページが多くあり、お見苦しいことをお詫びします。少しずつ時間をかけて構築していくつもりなので、ご理解ください。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-07-19 08:05 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)