タグ:国境 ( 59 ) タグの人気記事


2013年 05月 20日

過去のにぎわいを忘れたふたつの国境~開山屯と三合鎮

中国吉林省延辺朝鮮族自治州には、圏河口岸以外にも、北朝鮮との国境ゲイトがいくつかあります。
b0235153_1414855.jpg

そのうちのひとつが、図們江中流域にある龍井市開山屯の口岸です。龍井から東に向かって車で約40分走ると、図們江に出くわします。
b0235153_1414257.jpg

そこには、開山屯と北朝鮮の三峰里をつなぐ三峰橋が架かっています。1927年9月30日に竣工されたものです。
b0235153_14144265.jpg

中朝両国側ともに河原が広く、水の流れはほんの数十メートルほどです。ここにも中朝国境の風景をのんびり眺めている中国の人たちがいます。ほとんど物流の動きはなさそうですが、一応口岸(イミグレーション)のオープン時間が掲示されています。監視用のカメラも一応備えられています。実は、2013年5月、ひとりの日本人旅行客がここで写真を撮影していて、中国の公安に拘束されたことがあるそうです。北朝鮮情勢にもよるのですが、もしこのような写真を撮影したい場合は、現地の知り合いと一緒にいくべきでしょう。
b0235153_14145868.jpg
b0235153_141558.jpg
b0235153_14151249.jpg

いまでこそ鄙びた国境ですが、20世紀初頭、日本が朝鮮を保護国化し、1909年の関島協約でこの地域の帰属を清朝に認めるかわりに、鉄道など各種権益の保有(朝鮮移民の土地所有権も含む)を認めさせた頃から、急ピッチで図們江北側の「間島」エリアの開発が進んでいきます。

その後、日本によるこの地の鉄道敷設は中国側の反対に遭い、難航をきわめたのですが、朝陽川から龍井を経由して開山屯を結ぶ朝開線が、1914(大正3)年、日中合弁の天図軽便鉄道会社によって建設されます。

同じ時期、朝鮮側でも鉄道敷設は進み、清津から会寧までの咸鏡北部線が1917(大正6)年、さらに開山屯の対岸の上三峰までの開通が19(大正8)年。結果的に、朝鮮北部の清津(そして羅津)と満洲を結ぶ鉄道がつながることで、日本と満洲を直結する最短ルートが確立するのは、満洲国成立を待たねばなりませんでしたが、開山屯は当時、その重要な拠点のひとつでした。

※当時の鉄道建設に関しては、たとえば「躍進する北鮮の交通展望」(京城日報 1933(昭和8).9.27)参照。

満洲国崩壊後、このルートは用なしとなって現在に至っています。その結果、この路線はもはや鉄道の運行すらほぼ休止したありさまですが、開山屯駅は往時を偲ぶ昭和モダン風の愛嬌のあるデザインのまま、いまも残っています。
b0235153_14173621.jpg

開山屯周辺は、対岸の北朝鮮との川幅が狭く、ある時期までは中朝の民間交流が普通に行われていたと思われます。最近になって、とってつけたように中国側が鉄条網を張り巡らしているので、交流は相当難しくなっているはずです。何より中国側で同胞を受け入れようとする朝鮮族の思いが急速に失われていることが大きいと思われます。
b0235153_1418154.jpg
b0235153_1418860.jpg

開山屯から南に向かって国境沿いを車で走ると、高台から北朝鮮の街並みが見渡せるポイントがあります。上三峰から会寧に向かう鉄道が見えるのですが、ベージュに赤と紺のストライプの入った、ちょっと場違いなほどモダンな4両連結の列車が走っていました。鉄道に詳しい友人にこの写真を見せたら、旧東ベルリンの地下鉄だといいます。かつては同じ社会主義圏ということで、転用されたものと思われます。
b0235153_14183324.jpg

さて、もうひとつの口岸が、開山屯より上流にある三合口岸です。三合鎮自体は小さな農村ですが、対岸は会寧といい、そこそこ大きなまちです。前述したように、朝鮮の日本海側を代表する港町、清津と結ぶ鉄道が早い時期から会寧まで敷設されており、当時はずいぶん栄えていたことでしょう。金日成夫人の金正淑(金正日の母)の生まれ故郷ということで、北朝鮮国内では有名なところだそうです。そのせいなのか、美人が多いまちだと彼らは口をそろえていいます。面白いですね。
b0235153_14185272.jpg

実は、この口岸は中朝以外の第三国人には開放されていないのですが、2008年5月、ぼくは地元延辺朝鮮族自治州のある関係者との縁で、国境橋を視察させてもらいました。橋の真ん中までは中国領ということで、国境警備兵の案内で歩いていくことができたのです。上の写真は、橋の中央からみた北朝鮮側の口岸で、下が中国側の口岸です。橋のたもとには「1941年7月竣工」と書かれていました。
b0235153_14191317.jpg
b0235153_14192111.jpg
b0235153_14192956.jpg

三合口岸の南に見晴らしのいい高台があり、「望江閣」と呼ばれています。ここからは会寧の街並みが一望にできるため、北朝鮮ウォッチングのポイントのひとつとして、よく観光客も訪れます。北朝鮮側の口岸もよく見えます。会寧は、他の中朝国境沿いのまちに比べ、家並みもかなり立派で、整然としていることがわかります。
b0235153_14201050.jpg
b0235153_14201930.jpg
b0235153_1420276.jpg
b0235153_14204876.jpg
b0235153_14205646.jpg

このふたつの国境を訪ねると、中国と北朝鮮の建国以来、今日まで続く両国関係の特殊性ゆえに、この地域の発展の可能性が閉ざされてしまったように見えてしまいます。かつて見られたにぎわいをすっかり忘却してしまった静かな国境―開山屯と三合鎮の姿は、現在の延辺朝鮮族エリア、果ては中朝ロ三か国が国境を接する北東アジアの行きづまり感を象徴しています。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-20 14:21 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 18日

いま中国で人気の山岳リゾート、長白山

中国の名山といえば、黄山(安徽省)、廬山(江西省)、泰山(山東省)の三山が有名で、すべて世界遺産に登録されています。隆々しく変化に富む峰々が生み出す奇抜で神秘的な風景はいかにも中国人好みで、たいてい道教や儒教の世界と縁があります。

こういうのが中国の名山だとしたら、それとはまったく異なるコンセプトで、最近中国の旅行マーケットで注目されているのが、吉林省にある長白山(朝鮮名:白頭山)です。とりわけ華南や香港など、南方エリアの旅行会社が積極的にツアーを催行しているようです。
b0235153_15325345.jpg

三名山とのコンセプトの違いは、長白山がなだらかに裾野の広がる富士山のような美しいシルエットをした火山で、山頂には「天池」と呼ばれるカルデラ湖があることです。
b0235153_15324453.jpg

長白山の登山開発は1980 年代後半から始まり、現在では中国や韓国、そして日本からも多くの人々が訪れています。北緯42度に位置し、日本では北海道の駒ケ岳の緯度にあたるため、登山シーズンは6月中旬から9月中旬の3ヵ月に限られます。

2008年5月中旬ぼくが訪ねたときは、山頂部は吹雪で、天池も氷結していました。それはそれで神々しい美しさもあったのですが、やはり高原植物が一斉に花を開く初夏がベストシーズンで、ここ数年日本からもフラワートレッキングのツアーが催行されています。また、最近は冬季シーズンのスキーリゾート化も進められています。本格的なスキーリゾートとなるにはまだ時間がかかりそうですが、1年中を通して観光客が訪れるような山岳リゾートとして売り出したいようです。
b0235153_15335262.jpg
b0235153_15342655.jpg

長白山観光には現在、中国側から北坡(北坂)、西坡(西坂)、南坡(南坂)の3つの山門から展望スポットに登るコースがあります。どのスポットからでも天池を眺めることができますが、その見え方は異なっています。
b0235153_15341511.jpg

このうち、最初に開発されたのは、長白瀑布や長白山温泉がある北坡山門コースです。
b0235153_1535328.jpg

●北坡山門コース
長白山の北側に位置する山門(北坡山門)から天池を目指すコース。山門から長白瀑布に向かう道と途中から天池を眺望できる天文峰(2670m)に登る道に分かれます。
b0235153_15344846.jpg

長白瀑布
天池の水は天文峰と龍門峰の間から落差68mの長白瀑布から落ちていきます。満水期(7月)には毎秒2.15トンの水量に及ぶそうです。雪解けの頃には、水しぶきが登山路まで飛んでくるほど。東北三省で最大の滝です。
b0235153_15353975.jpg

2008年の長白山空港の開港以降、西坡山門コースで本格的なリゾート開発が進められています。北京や長春からダイレクトで長白山のすぐ麓まで乗り入れることが可能となり、登山客も急増中です。
b0235153_15353417.jpg

●西坡山門コース
長白山の西側に位置する山門(西坡山門)から天池を目指すコースです。錦江大峡谷や錦江瀑布、高山花園などの見どころも多い。頂上には5号天界碑(2464m)という中朝国境を示す石碑があります。
b0235153_15361488.jpg

錦江大峡谷
錦江大峡谷は、長白山の噴火時に生まれた巨大な亀裂からできた最大の峡谷で、長さ70km、切り込む深さが平均80mに及びます。
b0235153_15355784.jpg

高山花園
長白山は高山植物の宝庫。初夏になると海抜2000mを超えたあたりから山の斜面にさまざまな種類の花が咲き乱れます。
b0235153_15364812.jpg

西坡山門の周辺には、登山を楽しんだ後も快適にくつろげる温泉付きの山岳リゾートホテルがたくさんできています。

最近開発され始めたのが、南坡山門コースです。
b0235153_15364087.jpg

●南坡山門コース
長白山の南側の北朝鮮国境沿いに位置する山門(南坡山門)から天池を目指すコースです。山門から頂上に向かう登山道の途中に見られる高原植物の豊富さは随一といえます。
b0235153_6325972.jpg
b0235153_6345477.jpg

鴨緑江の源流となる長さ10kmの鴨緑江大峡谷もあります。また山門近くにある漫江鎮は山菜の宝庫で、地元でとれたマスの刺身や山菜料理を食べさせてくれる食堂もあります。
b0235153_6361149.jpg


※追記
先日ネットでこんな記事を見つけました。
长白山推生态游等新型旅游吸引大批境内外游客」2013年05月19日

長白山の生態は新しい旅行者を吸引している、という内容です。ここでいう生態とは、カルデラ湖の天池や原生林、火山活動の跡を残す景観などを指しています。このような景観は、中国広しといえども、長白山にしかありません。2012年、長白山には167万人の観光客が訪れ、前年度比17.6%増だったそうです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-18 15:38 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2013年 05月 18日

1990年の長白山トレッキング

ぼくが初めて長白山(白頭山)に行ったのは、1990年8月のことです。この写真はどこだと思いますか。長白山の北坂にある長白瀑布の水が滝つぼに落ちる直前の場所です。天池は松花江をはじめとした東北三省を流れるいくつもの大河の源流にあたります。これは、天池から水がこぼれ落ちる瞬間というわけです。
b0235153_145667.jpg

その年、ぼくは仕事をやめ、長い旅に出ていました。大阪港から鑑真号で上海に渡り、その後は東北三省を中心に中国や東南アジアを訪ねていました。

長白山に行ってみたいと思ったのは、当時親しかった中国の友人のお父さんが画家で、長白山の天池をテーマにした作品をいくつも描いていたからです。なかには約1000年前の噴火の光景を描いた迫力ある作品もありました。その方から中国に美しいカルデラ湖があると教えられたのです。

吉林省の通化から夜行列車で二道白河へ行き、そこからバスで長白山の北坂山門に行きました。駅前には白馬の馬車がいました。当時はまだ舗装されていないでこぼこ道を、ローカルバスで約2時間走ると、長白瀑布の近くにある一軒のロッジの前で降ろされました。
b0235153_1464734.jpg
b0235153_1463478.jpg

ロッジで荷を解くと、すぐに長白瀑布に向かいました。5分も歩くと、瀑布が見えてきました。とても涼しげです。
b0235153_147319.jpg

ロッジの人に、どうやったら天池に行けるか尋ねると、瀑布の脇の岩場を歩いて登るのだそうです。ただし、滝つぼを間近に見下ろしながら、水しぶきで濡れた狭い岩場を歩いていくのは危険だから気をつけるように、と言われました。いま考えればずいぶん勇気があったものですが、当時はまったく平気でした。

※2008年5月に長白山を再訪したとき、誰でも安全に登れるように瀑布の脇にコンクリートの階段道ができていました。景観をぶちこわしてしまっていると思いましたが、2012年に行くと、その階段道で天池に行くこと自体が禁止されていました。世界遺産登録を目指す吉林省の長白山管理委員会が天池への観光客の増加で環境悪化を懸念したからのようです。

1時間ほど岩場をよじ登ると、滝の水の落ちる場所(冒頭の写真)が見えてきました。そこを抜けると、視界が開け、紺碧の池が見えてきました。そこから数百メートル歩くと、ついに天池が目の前に現れました。
b0235153_1481225.jpg
b0235153_1483850.jpg

このとき、天池のまわりの霧は晴れていました。雲の変化は速く、太陽光が天池を照らしたり、雲で覆ったりしていましたが、実に感動的な光景でした。
b0235153_1483970.jpg

さて、天池に舞い降りることができたのですから、次は外輪山から天池の全貌を眺めてみたいものです。いったん瀑布の下に戻り、ロッジの人に行き方を尋ねたところ、3㎞ほどふもとに下ると、天文峰展望台に行く自動車道があるので、そこで車を見つけるといいとのこと。トータルで7~8㎞はあるようでした。しかし、当時のぼくはトレッキング気分で歩いていこうと考えました。なんとかなるだろうと思っていたのです。

とはいえ、山道は直線距離では測れません。いつまでたっても展望台にはたどりつけず、どうしたものかと弱気になっていたところに、救い主が現れました。1台のランドクルーザーが下から駆け上がってきたので手を振ると、停まってくれたのです(それまでの数時間、1台の車も走っていませんでしたから、本当に助かりました)。

運転していたのは、韓国から来た世界日報の記者でした。40代くらいの大柄な男性です。通行車両ひとつない道を外国人らしき人物がひとりで歩いていること自体珍しかったので、停めてくれたのです。この登山道路は韓国資本が作ったのだ。白頭山は韓国人にとって大切な山である、と彼は言いました。
b0235153_1410291.jpg

おかげで、天文峰展望台まで運んでもらい、天池を眺めることができたのでした。結局、帰りもロッジの近くまで送ってもらいました。その人は、ふもとの二道白河のホテルに泊まっていたそうです。

ロッジの隣に、小さな温泉がありました。「長白山温泉」と書かれています。効能は、関節炎と皮膚病だそうです。山あいの素朴な温泉で、とても気分がよかったです。
b0235153_1413236.jpg
b0235153_1413443.jpg

温浴客の中に、ふたりの香港人がいました。「どこから来たの?」と聞かれたので、「東京」と答えると、彼は自分は「ニューヨークから来た」といいます。なにコイツすかしているのだろうと一瞬思いましたが、話を聞くと、ふたりは映画俳優で、いま長白山の山麓でアクション映画を撮っているとのこと。翌朝、ロッジの外で映画の衣装に着替えたふたりがいたので、記念撮影しました。
b0235153_14135127.jpg
b0235153_141333100.jpg

1990年代前半、韓国による展望台行き自動車道以外は、長白山の観光開発はほとんど手がついておらず、この地を訪れるのは、92年の中韓国交樹立以降、増えてきた韓国人客くらいでした。日本人は少なかったと思います。その後、90年代後半に在日朝鮮人の事業家が長白山国際観光ホテルをこの地に建てたころから、だんだん観光地化が進んでいくことになります。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-18 14:14 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2013年 05月 18日

図們江、野ざらしにされた断橋の風景

以前、鴨緑江の河口断橋について書きましたが、今回は図們江にあるふたつの断橋を紹介しましょう。
b0235153_1225699.jpg

それは吉林省の図們と琿春の間にあります。
b0235153_1121973.jpg

まず、琿春市英安鎮にある甩湾子橋です。完成時には約 500m という長さの朝鮮と満州国をつなぐ国境橋で、対岸は北朝鮮咸鏡北道の訓戎です。欄干は途中まで残っていますが、すぐになくなります。橋を歩いていても、最初は橋が断たれていることがわからないくらい、中国側の橋桁はそのまま残っています。北朝鮮側近くになって、突然橋桁がなくなります。
b0235153_11211254.jpg
b0235153_11214040.jpg
b0235153_11212686.jpg
b0235153_1122625.jpg
b0235153_11215353.jpg
b0235153_11222662.jpg

わずか10数メートル先に北朝鮮側の橋梁が残っていて、向かって左手に国境警備のためと思われる老朽化した建物があります。時折、国境警備兵らしき軍人の姿が見えます。
b0235153_1242669.jpg

この橋は、1945年8月のソ連軍侵攻時に日本軍が爆破したそうです。国境をつなぐ橋らしく、中国側に当時のトーチカが残っています。
b0235153_1122513.jpg

甩湾子橋の東、図們江の下流側に橋脚だけが残された鉄橋跡が見えます。これは1935年に開業した琿春鉄路(のちの東満州鉄道)の甩湾子駅(満州国)と訓戎駅(朝鮮)をつなぐ鉄橋でしたが、終戦時にソ連軍がシベリア鉄道用として橋上の鉄梁をすべて収奪したため、現在の姿をしているそうです。
b0235153_11232685.jpg

もうひとつの断橋は、図們市涼水鎮にある穏城大橋です。甩湾子橋より少し上流にあります。この一帯は図們江の下流域にあたり、肥沃な平野が続きます。19世紀から多くの朝鮮農民が入植してきました。いまどき珍しく、手で田植えをする姿を見ました。牧童ものんびり羊を追っているような世界です。
b0235153_11232534.jpg
b0235153_11235550.jpg
b0235153_112413.jpg

さて、穏城大橋は1937年5月に竣工された国境橋で、対岸は北朝鮮の穏城郡です。こちらは中国側も橋桁がわずかしか残っておらず、北朝鮮側では橋脚が残されているだけです。
b0235153_11244565.jpg
b0235153_11243450.jpg
b0235153_11251323.jpg

余談ですが、さらに上流に行くと、図們市街地近くで、図們江が深く北朝鮮側に入り込むように蛇行して流れる場所があります。そこからは北朝鮮の革命記念塔のような施設がよく見えます。こうした施設は中国側から見られることを意識して造られていると思われます。
b0235153_112588.jpg

これまで中朝間に残るいくつかの断橋を見てきましたが、①終戦時に日本軍が破壊したパターン、②朝鮮戦争で米軍機によって爆撃されたパターン、さらには③ソ連軍が橋桁などを収奪し、撤去したパターンなどがあるようです。

いずれにせよ、60年以上前の話です。この間、これらの断橋は野ざらしのまま放置されてきたのです。いったい中朝間の人的交流や物流はどこまで停滞してしまっていたのか。

その土地を誰が仕切るか――。それによって地域の発展の度合いがこれほど変わるものなのか。中朝間に残る断橋を見ていると、そう思わざるを得ません。高度経済成長を達成したといっても、中国にとって延辺は所詮辺境なのですね。

かつて朝鮮農民にとって希望の地だった延辺の農村は、すでに漢族化が進んでいるといわれます。中国にとっては、それで好都合なのでしょう。

中国から見れば、ロシアや北朝鮮と国境を接するこの地域をあまり勢いづかせないほうがむしろ安泰なのかもしれません。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-18 11:28 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 17日

鴨緑江の源流は長白山南山麓の北朝鮮側にある

「中朝国境シリーズ」の第4弾です。さて、この写真はどこで撮ったものでしょうか。
b0235153_10351746.jpg

答えは、鴨緑江の源流近くです。長白山山麓を源流とし、中国と北朝鮮を隔て、吉林省長白鎮から遼寧省丹東をへて渤海にそそぐ鴨緑江。ここは、長白山に3つある中国側からの登山ルートのうち、「南坡(南坂)」の山門から車で天池を臨む山頂に向かって上る途中にあります。

この川幅わずか数メートルの急流は、中朝国境というわけです。道路脇の川の手前に中国側が設えた鉄条網が延々と張り巡らされています。中国が北朝鮮との国境に鉄条網を設えるようになったのは、北朝鮮が初めて核実験を行った2006年10月以降のことといわれます。鴨緑江の下流にある丹東新区や図們江の流域などに、いっせいに鉄条網が設えられたことはまだ記憶に新しいといえます。たいてい見せかけ程度の鉄条網で、脱北者も本気になればやすやすと乗り越えられそうなものですが、こんな山奥にまで鉄条網があったとは……。
b0235153_1037124.jpg
b0235153_10373170.jpg

これが「南坡(南坂)」の山門です。長白山瀑布が有名な「北坡(北坂)」や2008年の長白山空港の開港で、ここ数年急ににぎやかになってきた「西坡(西坂)」に続き、2012年夏に本格的にオープンした登山ルートの玄関口です。
b0235153_10374331.jpg

地図をみるとわかるように、長白山の天池を北東から南西にかけて斜めに真っ二つに割るラインが中朝の国境線になっています。ところが、その先からは直角に折れ曲がるように南東に向けて国境線が伸びています。そして、そのラインが鴨緑江の源流近くとぶつかる地点から先は、そこが国境になっているのです。
b0235153_10474721.jpg

途中から急流は車道から離れていきます。その先に鴨緑江大峡谷があります。約1000年前の長白山の噴火によってできた大きな亀裂です。この先はもう中国側からは源流を捕捉できなくなります。本当の源流は長白山の南山麓の北朝鮮側にあるのです。
b0235153_10382754.jpg
b0235153_10383417.jpg

山頂近くにある駐車場を降り、そこから登山道を数分上った先に、中国と北朝鮮の国境を示す「4号定界碑」があります。中国側は漢字で、北朝鮮側はハングルで書かれています。ここも中朝国境というわけです。「越境禁止」の看板があるのは、そこが北朝鮮領土であることもそうですが、その先はすぐに火口湖である天池に向かった崖っぷちになっていて危険だからです。
b0235153_10393298.jpg
b0235153_1039405.jpg
b0235153_10395380.jpg
b0235153_1040250.jpg

本来であれば、ここから天池が眺められるのですが、その日(2012年7月2日)、山頂付近は深い霧で、天池を見ることはできませんでした。とても残念です。というのも、山の天気は変わりやすいといいますが、車で10分も下ると青空だったのですから。
b0235153_10411153.jpg
b0235153_10411948.jpg

それにしても、天池を真っ二つに割るラインを中朝両国が国境線とした背景にはいろんな事情がありそうです。なぜなら、長白山(白頭山)を聖地とみなす民族的な心情は、明らかに北朝鮮の人たちのほうが強そうだからです。確かに、満州族にとっても長白山は特別な存在ではありますが、中国政府はこれまで満州族の民族的アイデンティティの高まりを抑えてきた張本人でもあるわけですし。

一般に、中国の人たちは「長白山の半分は中国が北朝鮮にあげたものだ」というような上から目線のもの言いを平気でします。朝鮮戦争で援軍を出したのは中国だからでしょう。援軍を出してやらなければ、白頭山の領有自体ありえなかっただろう、というわけです。

近年、長白山の観光開発が飛躍的なスピードで進んでいる背景には、「半分は北朝鮮にあげたとはいえ、長白山は本来中国のものだ」という東北工程的な史観の既成事実化があるように思います。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-17 10:42 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 16日

中朝ロ3か国の国境が見渡せる防川展望台(中国吉林省)

琿春は、中国吉林省の最東端に位置する都市で、ロシアと北朝鮮の2か国と国境を接しています。
b0235153_12564978.jpg

長白山の麓近くから中国と北朝鮮を隔てて流れる図們江が日本海に流れ着く先に、「朝ロ友好橋」(中国名「朝俄大橋」*「俄」はロシアの意味)と呼ばれる鉄橋があります。中国からみてこの朝俄大橋の手前までが中国領で、3か国のうち、中国だけが海に面していません。

ところが、この場所に展望台をつくって、観光客がのんびり見物にやってくるほどの経済力を有しているのは中国だけです。このアンバランスさゆえに、中国がどんなにこの地に港湾施設を手に入れたいとしても、ロシアと北朝朝がそれを牽制するという構図もあり、1990年代からかけ声だけは盛んに唱えられていた図們江開発は、いまもなお停滞しています。

ともあれ、3か国の国境が接する場所は珍しいため(東南アジアにタイ、ラオス、ミャンマーが接するゴールデントライアングルがあります)、吉林省延辺朝鮮族自治州を訪ねた人は、たいてい1日かけて防川展望台まで足を延ばします。

以下、延吉から琿春市街地をへて防川展望台へ。帰り道にロシアに向かう陸路の国境ゲイト、琿春口岸を訪ねるドライブコースを紹介しようと思います。
b0235153_12591981.jpg

早朝延吉を出て、図們江を横目に見ながら走りました。2013年現在、延吉・琿春間は高速道路もあるので、時間がなければそちらを走ることもできますが、車窓の風景は図們江沿いを走る一般道路のほうが面白いかもしれません。途中、道路の左手の高台の上に、地元でも有名な北朝鮮からの脱北者を収容する施設を見ることができます。
b0235153_12593980.jpg

朝食をとるため、ドライブインに立ち寄りました。北朝鮮から荷物を運ぶトラックが駐車していました。中に入ると、北朝鮮のトラック運転手たちが朝飯をかきこんでいます。彼らは犬肉のチゲ定食を食べていました。
b0235153_12595599.jpg
b0235153_130189.jpg
b0235153_13081.jpg
b0235153_1302113.jpg
b0235153_1302885.jpg
b0235153_1303640.jpg

琿春の市街地を抜けると、車は一路南下します。30分ほど走ると、北朝鮮への出入国管理所のある圏河口岸が見えてきます。ここは丹東に次ぐ規模の中朝間をつなぐ橋の国境ゲイトで、北朝鮮に向かう中国車が列をなしています。この橋は、1937年に竣工したものですが、2010年に整備されています。北朝鮮側は元汀里といいます。このイミグレーションについては、本ブログ「中朝第2の国境、圏河・元汀里で見たもの」を参照のこと。
b0235153_1312864.jpg
b0235153_1313595.jpg

そこから先は一本道をひたすら走ります。途中道路の左側にロシアとの国境を示す鉄条網が見えます。約20分走ると、防川展望台に着きます。
b0235153_1315366.jpg
b0235153_132913.jpg
b0235153_1321683.jpg
b0235153_1322332.jpg

空が広く、とてものどかな場所です。国境らしさを感じさせるのは、政府が立てた国防の標語を書いた大きな看板くらいでしょうか。土産物屋もあります。
b0235153_132441.jpg
b0235153_132506.jpg
b0235153_133151.jpg

展望台に上がると、中国、北朝鮮、ロシアの3か国が国境を接するポイントが見えました。望遠レンズを使うと鉄橋の写真もかなり大きく撮れます。
b0235153_1341139.jpg
b0235153_134193.jpg

北朝鮮領は図們江の向こう側(西側)で遠く離れているためよく見えませんが、手前から左手(東側)に広がるロシア領はよく見えます。鉄道の線路や国境防衛の施設らしき建物も見えます。
b0235153_1344131.jpg
b0235153_1344996.jpg

この展望台の少し南にある中国領のボーダーから日本海までは約16㎞だそうです。そのせいか、近くにカモメが飛んできました。
b0235153_134563.jpg

展望台では中国の観光客が記念撮影を楽しんでいました。
b0235153_1353019.jpg
b0235153_1353754.jpg

帰り道に、琿春の市街地の東はずれにあるロシアへの出入国管理所のある琿春口岸を訪ねました。周辺には、ロシアからの観光客を乗せたバスが並んでいました。これでだいたい半日のドライブコースになります。
b0235153_135542.jpg
b0235153_136149.jpg

なおそこから先の国境の向こう側の世界については、本ブログ「国際定期バスで中ロ国境越え 延辺からウラジオストクへの小旅行」を参照ください。

【追記】(2016.12.25)
その後、2014年頃から防川国境は外国人の立ち入りを禁止するようになりました。中朝国境は現在の中国からみてとても敏感な地域であり、何か不測の時代が起きたとき(たとえば、脱北者もそうですが、北朝鮮から脱北者を探しに密入国してくる公安などと遭遇するなど)、外国人がその場に居合わせたり、巻き込まれたりしたら、世界的なニュースになってしまい、そのような国境管理の不手際を中国側の公安は見せたくないからでしょう。

それでも、ここは中国。100%不可能という話でもないようです。なにしろ、現在の防川国境には、冒頭の写真には写っていない、古代中国を思わせる巨大な展望塔が2014年に建てられ、国内向けには観光地としてにぎわっているからです。

さらに、本日延辺日本人会事務局から以下のメールが届きました。以下、抜粋します。

「(2016年)10月18日から琿春高速鉄道駅から防川風景区までのバスが開通されました。途中に圏河税関など数か所にバス停もでき、移動時間は片道1時間30分で15元です。ただし、圏河税関付近に国境警備の検問所が設置されていて、北朝鮮情勢により外国人は通過できずその場で戻される場合もありますので、訪問際には事前に事務局までお問い合わせください」

つまり、中国人であれば、このバスに乗れば簡単に防川国境展望台に行けるようになりました。ただし、外国人がこのバスに乗っていくと、北朝鮮への国境ゲートのある圏河税関付近でパスポートチェックを受け、バスから降ろされてしまう公算が大でしょう。

でも、もし中国人のグループと車をチャーターするなどの方法であれば、場合によっては、行けてしまうことがあるかもしれない。そういうわけです。もちろん、無理かもしれません。でも、こういう世界がまさに国境というものの実態なのです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-16 13:06 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 15日

丹東よりずっと面白い河口断橋の遊覧ボート

前回、丹東(中国遼寧省)の上流にある河口断橋について書きましたが、ここに来たら、ぜひ遊覧ボートに乗ってみましょう。
b0235153_0155087.jpg

夏のシーズンになると、ここ河口断橋では、たくさんの遊覧ボートが観光客を乗せて、鴨緑江をクルーズします。ただし、その目的は、対岸にある北朝鮮の寒村を覗きに行くことですから、ちょっと悪趣味といえなくもない。豊かな国の人間が貧しい国の人たちが暮らす集落をわざわざ覗きにいくなんて、良識的に考えると、とてもほめられたことではありませんが、ここは中国。何事においても率直かつ好奇心旺盛な中国の人たちは、そういう遊興が大好きです。実際、中朝国境のほとんどの場所で、中国側からの遊覧ボートがあります(一方、北朝鮮側からのものは一切ありません)。

ボートは河口断橋のたもとから出ます。遊覧コースを紹介する看板があり、それによると、ボートはまず目の前の断橋の折れた近くを通り、東へ向かいます。北朝鮮側の断橋には国境兵士がいます。
b0235153_0165599.jpg
b0235153_017413.jpg

b0235153_03001.jpg

ボートは鴨緑江の北朝鮮寄りを走ります。最初に見えるのは、監獄です。そして、珍しい女子の兵営が見えてきます。近くに女性兵士の歩く姿も見えます。その瞬間、乗客から「おおっ」という声が上がります。
b0235153_0173784.jpg
b0235153_018186.jpg

川べりの道を歩く北朝鮮の人たちも間近に見えます。金日成の故居とされる建物も見えました。
b0235153_0182214.jpg
b0235153_0182963.jpg
b0235153_0183663.jpg

国境地帯らしく、北朝鮮の監視所や船も見えます。とても中国に立ち向かう力はなさそうですが…。
b0235153_018554.jpg

b0235153_0192715.jpg
b0235153_019431.jpg

そして、廃墟のような工場が見えてきました。それなりに大きな工場ですが、まるで爆撃を受けたような傷みの激しさに、驚きを禁じえません。まさか、60年前からこんなじゃないだろうに……。
b0235153_020159.jpg
b0235153_0202529.jpg
b0235153_0203374.jpg
b0235153_0204063.jpg
b0235153_020581.jpg
b0235153_0211025.jpg
b0235153_021207.jpg

ステテコ姿のような労働者たちの姿も見えました。何をしているのでしょうか。
b0235153_0212895.jpg

最後に、中朝をつなぐ鉄道橋を見て、そこで折り返します。この鉄橋も日本統治時代に造られたものだと思われますが、いまはほとんど使われていないようです。
b0235153_0215034.jpg

わずか20分ほどの遊覧でしたが、北朝鮮の生の姿を間近で見ることができ、ちょっと興奮しました。これは丹東の鴨緑江遊覧ボートよりずっと面白いと思います。
b0235153_022915.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-15 00:22 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 14日

19世紀の近代絵画のような風景~河口断橋の対岸にみる北朝鮮

中国遼寧省の丹東といえば、中国と北朝鮮を結ぶ最大の口岸(イミグレーション)のある都市ですが、そこから東に向かって約40㎞、両国を隔てる鴨緑江の上流に向かうと、河口断橋という奇観があります。
b0235153_2253442.jpg

削られて見えにくくなっていますが、昭和17年12月に竣工した橋だそうです。
b0235153_2333450.jpg

なにが奇観かというと、橋が途中でぶった切れているのです。普通であれば、橋が落ちたら、修復してつなぐものですが、河口断橋は1950年代に橋が断たれて以降、60年間そのまま放置されていまに至っているのです。この景観は、ぜひとも見ておくべきでしょう。
b0235153_22543015.jpg

b0235153_22543945.jpg

なぜ放置されているのか。建国以来、中朝の経済発展が長く遅れていたから? そのうち、中国だけが一方的に発展し、両国のつり合いが取れなくなった? といった理由だけで説明できるものなのか、ぼくにはよくわかりません。この両国の関係というのは、表向きと内情ではずいぶん違うようですし。でも、これだけの長い時間、かつてあった橋をつなぐ必要もなかったような関係とは、どういうものなのでしょう……。それを思うと、少し寒気がしてきます。
b0235153_22573772.jpg

いずれにせよ、日本が統治した時代に建設された橋が、朝鮮戦争中に米軍の空爆によって破壊されたまま、現在に至っている。その荒涼として驚くほどの静寂に包まれた河畔の風景が、実に興味深いというほかないのです。

誰でも入場料(10元相当)を払えば、橋が断たれたへさきまで歩いて行けます。
b0235153_2325050.jpg

そこから対岸の北朝鮮の集落が遠望できます。とても寂しげな光景ですが、見ようによっては、電柱を除いて、なんら近代的な意匠を見つけることのできない集落。まるで時間が停まってしまったかのような……。いまどき世界中どこを探しても見つけることのできない、19世紀の近代絵画の題材になりそうな農村風景といえなくもありません。
b0235153_22575755.jpg

b0235153_22574868.jpg

橋のたもとには、朝鮮戦争で戦死した毛沢東の息子、毛岸英の像があります。この人物の経歴については、調べるといろんな話が出てきて面白く、中国では映画にもなったようですが、たぶんここに彼の像があることは中国でもほとんど知られていないのではないでしょうか。日本時代に造られたトーチカもここには残っています。
b0235153_2305475.jpg
b0235153_2312558.jpg

ここには、土産売りもいます。彼女は北朝鮮の切手を売っていました。

人の気配も少なく寂しげな北朝鮮側に対して、中国側の河畔にはホテルが立っています。ぼくがこの地を訪ねたのは5月中旬でしたが、6月以降になると、ここで多くの中国人がレジャーを楽しむことでしょう。レストランでは川魚料理が売りで、たいそうにぎわうそうです。
b0235153_2314350.jpg
b0235153_2315684.jpg

この橋のたもとからは、鴨緑江を遊覧するボートが出ます。その話は、またあとで。→「【中朝国境シリーズ その3】丹東よりずっと面白い河口断橋の遊覧ボート
b0235153_2321696.jpg

(写真は2008年5月に訪問したときのものです)
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-14 23:03 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 14日

丹東の抗美援朝紀念館とあやうい愛国主義「歴史」教育について

5月上旬、中国が北朝鮮の国営銀行の口座を閉鎖したニュースが伝えられました。そのときふと思い出したのが、3年前に訪ねた中国遼寧省丹東にある抗美援朝紀念館のことです。
b0235153_17582781.jpg

ひとことでいえば、朝鮮戦争(1950~53年)でどれだけ中国が北朝鮮を支援したか、これでもかと宣伝する「歴史」施設です。1958年10月に建て始められ、朝鮮戦争休戦協定の調印40周年記念日である1993年7月27日に開館しています。いわゆる「愛国主義教育基地」のひとつです。
b0235153_17542289.jpg

場所は丹東駅の北西の高台にあります。高さ53mの記念塔が立ち、そこから鴨緑江が見渡せます。丹東には、中朝間をつなぐ最大の口岸(イミグレーション)があり、両国の最も太い人的交流が見られるまちです。
b0235153_17542949.jpg

館内は歴史的な資料を展示する陳列館とパノラマ館に分かれています。陳列館に入ると、まず「抗美援朝、保家衛国」のレリーフを背景にした毛沢東主席と彭徳懐将軍の彫像があります。
b0235153_1755817.jpg

ちょうど大連から高校生が見学に来ていました。中国の高校生はたいていジャージ姿で、校名がひと目でわかります。
b0235153_17552515.jpg
b0235153_17555590.jpg

朝鮮戦争の経緯を、中国から見た視点で解説する展示も豊富にそろっています。1950年10月から53 年7月の休戦までに投入された人民志願軍は約300万人、戦闘による 死傷者だけでも36万6000人いたといいます。
b0235153_1756725.jpg
b0235153_17564642.jpg
b0235153_17564432.jpg

なかでも興味深い展示は、金日成が毛沢東に援軍を乞う手紙です。「この展示のせいで、いま丹東に駐在している北朝鮮ビジネスマン(その数常時約3000人)や旅行で訪れる北朝鮮客はここには来ない」と、丹東在住の中国人の知り合いは話していました。
b0235153_17572556.jpg
b0235153_17571913.jpg

なぜ北朝鮮の人たちはここに来ようとしないのか?

ここでの展示は、北朝鮮で教えられた朝鮮戦争の「歴史」観とはさまざまな点で矛盾し、対立が起きそうですからね。それにしても、せっかく大きな犠牲を払って助けたつもりの中国が北朝鮮からさほど感謝されていないのだとしたら、なんてことでしょう。でも、そうなってしまうのは、そもそも両国の「歴史」観に起因しているのだと思います。

陳列館はともかく、パノラマ館は少々やり過ぎの感じがしました。冒頭で写真を見せたように、朝鮮戦争の巨大なジオラマがあるんです。こういうリアルなジオラマは、訪れた子供たちを喜ばすのかもしれませんが、そこに政治が絡む以上、配慮が足らなすぎると思います。
b0235153_1895792.jpg

b0235153_17592231.jpg

記念館の外には、当時使用された空軍機や戦車、掃射砲などが置かれています。大連の高校生たちはそこで記念撮影を楽しんでいます。
b0235153_17592599.jpg
b0235153_180348.jpg
b0235153_17594173.jpg

それにしても、中朝関係に対する中国国民の懐疑心や不満がこれほど高まっている今日、この「愛国主義教育基地」はこのままで大丈夫なのでしょうか。中国が「歴史」を振りかざせばかざすほど、自縄自縛になるのは、この件だけではない気がします。
b0235153_1804185.jpg


「我的祖国 愛国主義教育基地網上展館」(中国宣伝部)の紹介する抗美援朝紀念館
http://big5.cctv.com/gate/big5/space.tv.cctv.com/page/PAGE1246345067229151
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-14 18:00 | のんしゃらん中国論 | Comments(0)
2013年 05月 14日

朝鮮族がかつて多く住んでいた村々を訪ねる-龍井から長白山の麓まで

2012年7月、中国吉林省延辺朝鮮族自治州の農村地域を訪ねました。

龍井から長白山の麓までを車で走ったのですが、豊かな緑の田園風景の中に、オレンジ色の屋根(ただし、北朝鮮の家屋のように白いしっくいは塗られていません)の集落がいくつもありました。
b0235153_12391678.jpg
b0235153_12393819.jpg
b0235153_1240815.jpg

b0235153_12394174.jpg

実は、これらの集落にはもうほとんど朝鮮族の人たちは住んでいないそうです。多くが延吉や中国の大都市に移住してしまったからです。代わって住んでいるのは漢族です。
b0235153_1240138.jpg

彼らは19世紀後半に朝鮮半島から図們江を渡ってきた移民ですから、時代とともに豊かさを求めて移動していくのは性だというべきなのかもしれません。

長白山に向かう道中、いくつかの場所に立ち寄りました。
b0235153_1241139.jpg

最初は、龍井の郊外にある尹東柱の生家(龍井市智新鎮明東村)です。尹東柱は、1917年生まれの民族詩人で、龍井中学を卒業した後、ソウルの延世大学に留学。その後、日本に渡り、立教大学や同志社大学など、ミッション系の学校でも学んでいます。
b0235153_12413091.jpg
b0235153_12415731.jpg
b0235153_1242790.jpg
b0235153_12421790.jpg

尹東柱は1945年、戦時下の日本で獄中死しています。彼の詩集『空と風と星と詩』は死後出版されました。民主化運動の盛んだった1980年代に、韓国でよく読まれたそうです。韓国政府による民衆弾圧を、日本による併合時代と重ねて読んだのだといいます。延辺で尹東柱の生家が修復され、観光地化されたのは、最近のようです。

※尹東柱については、評伝ほかさまざまな資料があるが、立教大学観光学部発行「交流文化 2号(2005年)」の中のp22~p31「『すれちがい』から本当の『出会い』へ」 (田中望教授)という尹東柱に関するエッセイがわかりやすいので参照。
http://www.rikkyo.ac.jp/tourism/about/magazine/2005/pdf/vol_02.pdf

次に立ち寄ったのが、長白山特産の朝鮮人参の販売所です。裏手に朝鮮人参の栽培所があります。
b0235153_1243107.jpg
b0235153_12431710.jpg
b0235153_12432552.jpg
b0235153_12433463.jpg
b0235153_12434122.jpg

養蜂所もありました。天然の蜂蜜を販売しています。
b0235153_12441437.jpg
b0235153_12442544.jpg
b0235153_12443543.jpg

ちなみに、長白山山麓の名産品である朝鮮人参と蜂蜜は、7世紀末から10世紀初頭にかけてこの地域を支配した渤海国が、日本と交易のため使節を送って来た際、貂の毛皮に次いで人気の物産だったようです(『渤海国の謎 知られざる東アジアの古代王国』上田雄著 講談社現代新書より)。1000年たっても地場産品というのは変わらないものなのですね。

最後は、長白山の麓にある朝鮮料理の食堂です。
b0235153_1245878.jpg
b0235153_12452541.jpg

中華料理と違って、ほとんど油を使わず、焼いたり、蒸したり、素材の味を活かした料理ばかりです。すべてが地元で採れた素材を使っていて、日本人の口に合います。
b0235153_1245445.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-14 12:45 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)