タグ:国境 ( 59 ) タグの人気記事


2013年 05月 14日

朝鮮からの移民が開墾した龍井のいま(吉林省延辺朝鮮族自治州)

龍井は延辺朝鮮族自治州の中心都市・延吉の南西に位置する人口約20万人の都市です。自治州内で最も多く朝鮮族が集住する地域とされます。もともと森林の広がる荒地で、村落が形成されたのは、図們江を渡ってきた朝鮮半島からの移民がこの地(間島。中国では延辺と呼ぶ)を開拓した19世紀後半のことです。

朝鮮半島からの農民の移動は明末に遡りますが、清朝は東北三省を王朝発祥の地として封禁政策を執っていました。そのため、清朝と朝鮮は間島の領有権をめぐって争っていました。

知り合いの朝鮮族の研究者によると、清朝が1881年に琿春に招墾局を設置し、可耕地を調査したところ、すでに間島に多くの朝鮮農民が入り込んでおり、住民の8割に達していたそうです。間島地域は朝鮮北部より平野が多かったためだといいます。

清朝は朝鮮に越境民をすべて帰国させるよう要求しましたが、その数が多くどうすることもできなかったそうで、朝鮮農民を領民と認め、課税することにしました。その後、清朝は朝鮮農民を募集し、この地をさらに開墾させることにしたため、いっそう朝鮮移民は増えたようです。

その後、日本が朝鮮半島の権益を手中にしていきます。1905年の日本による朝鮮の保護国化によって、間島問題は日本と清の問題となります。日露戦争後の1907年、日本は龍井に朝鮮統監府間島派出所を置きます(2年後に間島領事館を設置)。そして、1909年の間島協約により、日本は間島を清朝の領土と認めたかわりに、朝鮮移民は土地所有権を手に入れました。それまで漢族の小作人でしかなかった朝鮮農民にとって、これがさらなる移住を促したのです。

その一方で、間島は抗日独立運動が盛んな地域のひとつとなり、「間島パルチザン」の拠点とも呼ばれました。

さて、近年都市化の進む延吉に比べ、龍井の市街地には落ち着いた雰囲気があります。
b0235153_1163616.jpg

郊外にはリンゴなどの果樹園が広がるのどかな田園風景が見られます。
b0235153_1172749.jpg

龍井発祥の地とされる井戸が残る記念碑
b0235153_1175214.jpg
b0235153_118381.jpg

龍井には、日本統治時代の建築が今でも比較的よく残っています。

1926年に建てられた旧間島領事館(現龍井人民政府庁舎)
b0235153_1161197.jpg

庁舎の裏には、パルチザンらを拷問した当時の記録が展示されています。一般には公開されていませんが、あるご縁で見せてもらいました。ただし、撮影は禁止です。漢族の暮らす地域には、この手の「戦争犯罪」記念館は多くありますが、龍井の人たちには、訪れた日本人をあまり刺激したくないとの配慮がありそうです。確かに、この地の歴史は、そんなに単純なものではないからでもあるでしょう。
b0235153_11132245.jpg

旧領事館周辺に残る当時の官舎
b0235153_11132376.jpg
b0235153_11134091.jpg

b0235153_11135750.jpg
b0235153_11141590.jpg
b0235153_11141744.jpg
b0235153_11144179.jpg

b0235153_11282130.jpg

旧東洋拓殖銀行間島支店
b0235153_11151843.jpg

b0235153_11151856.jpg

龍井駅も当時のまま残っています
b0235153_1115545.jpg
b0235153_11155470.jpg
b0235153_11161385.jpg

龍井中学はこのまちで最も古い教育機関です。日本語クラスもあります。ただし、最近は日本語を学ぶ学生が減っているそうです。
b0235153_11184220.jpg
b0235153_1119992.jpg
b0235153_11191047.jpg
b0235153_11193241.jpg

b0235153_11513474.jpg

龍井中学の敷地内には、龍井の歴史館があります。同校出身の民族詩人・尹東柱(1917年生まれ。生家は龍井市智新鎮明東村にある)の生涯を紹介する展示などもあります。
b0235153_11212424.jpg
b0235153_11212988.jpg
b0235153_11214288.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-14 11:21 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2013年 05月 12日

世界遺産のまち、集安~のどかな鴨緑江沿いの風景

2008年5月中旬、中国吉林省の集安を訪ねました。ここは高句麗の都があったまちとして世界遺産にも登録されています。

北朝鮮は鴨緑江をはさんだ目と鼻の先で、対岸の満浦の街並みも見渡せます。世界遺産のまちといっても、娯楽もない辺境の土地ですから、集安の人たちは夏になると、川べりに繰り出し、のんびり鴨緑江を眺めて過ごしています。
b0235153_13254364.jpg
b0235153_1326815.jpg

ひとつのアトラクションとして、鴨緑江をモーターボートで遊覧することができます。約10分、対岸の満浦の近くまで行って引き返してくるだけのことですが、川沿いを歩く北朝鮮の村人の姿を間近で見ることもできます。
b0235153_1326777.jpg
b0235153_13263259.jpg
b0235153_13262472.jpg
b0235153_1326487.jpg
b0235153_13263834.jpg
b0235153_1327423.jpg
b0235153_13271391.jpg
b0235153_132739100.jpg

北朝鮮側は川沿いまで山が迫っていますが、中国側は河原が広がっているので、バーベキューを楽しんでいる家族や洗濯をするおばさんたちも見かけました。
b0235153_13274644.jpg
b0235153_13281348.jpg

集安には一応鉄道駅があり、通化と1日数本の列車が運行しています。かつては対岸と鉄道で結ばれていたはずですが、現在往来はないようです。国境を結ぶ大橋は残っていて、口岸(イミグレーション)はあります。
b0235153_13282018.jpg
b0235153_1329818.jpg
b0235153_13291519.jpg

車で市内から10分ほど東に向かうと、対岸の満浦の街並みが見渡せます。旧式の工場が白い煙を巻き上げていました。
b0235153_1333692.jpg
b0235153_13323444.jpg
b0235153_13332376.jpg
b0235153_13325014.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-12 13:32 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 05月 12日

ドラマ『太王四神記』の舞台-集安(中国吉林省)は世界遺産のまち

中国吉林省東南部に位置する集安は、紀元前37年、朱蒙が高句麗の建国の地とした卒本(現在の桓仁。その山城が五女山城)から遷都し、427年に平壌(現在の北朝鮮)に再び遷都するまでの約400年間、高句麗の都でした。鴨緑江に面して北朝鮮と国境を接する中国領内にあります。東側に鴨緑江が流れ、西側に険しい禹山がそびえるという防御に適した地形を利用し、五女山城と同様、尾根に沿って石垣の城壁を築き、その内側に王城を建てました。

朝鮮半島で最も長い約700年間王朝の続いた高句麗は、集安に多くの王陵と貴族の古墳を残しています。なかでも有名なのが、19代好太王=タムドクの墓のそばにある好太王碑です。碑文には朱蒙による高句麗建国と最初の3代の王の伝説、そしてタムドクの功績が記されています。現在も多数の城壁跡や古墳が残っており、世界遺産として登録されて以降、数多くの歴史ファンが訪れています。ご存知の方も多いと思いますが、韓国歴史ドラマ『太王四神記』でペ・ヨンジュンが演じたのがタムドクでした。

以下、2004年に世界遺産に登録された集安の主な遺跡を紹介します。

●丸都山城
高句麗を代表する山城。度重なる中国軍の侵略のため、209年、国内城からこちらの山城に移りました。
b0235153_9494932.jpg
b0235153_11255148.jpg
b0235153_9501394.jpg
b0235153_9502689.jpg
b0235153_1126157.jpg

b0235153_9511050.jpg

韓国からツアーで来たおばさんたちもいました。実際、韓国客も多いのですが、遺跡を解説する石碑や資料館には、英語と中国語だけで、ハングルは一切使われていません。中韓の歴史認識問題が影響しているのでしょう。
b0235153_9512533.jpg

瞭望台跡
b0235153_11264173.jpg

b0235153_11272598.jpg
b0235153_11273464.jpg

●山城下貴族墓地
b0235153_1128195.jpg

●禹山貴族墓地
古墳内部の墓室に入れるのは「5号墳」のみ。墓室壁面に四神(青龍、白虎、朱雀、玄武)が描かれています。
b0235153_11282882.jpg

b0235153_11291668.jpg

長川一号墓前室北壁(レプリカ)
五女山城の遺跡には出土されない金銀の宝飾品や壁画があるのが集安の特徴です。壁画には、当時の高句麗人が騎馬にまたがり、日々の生活を送る姿が描かれています。
b0235153_1129326.jpg

●好太王碑
好太王碑は現在、ガラス張りの建物に収められています。
b0235153_11293496.jpg
b0235153_11295317.jpg
b0235153_1130091.jpg

●好太王陵
タムドクの王陵とされる古墳です。
b0235153_1130208.jpg
b0235153_11303130.jpg

●将軍墳
花崗岩を積み上げています。好太王の息子の長寿王の陵墓という説が有力です。
b0235153_11305014.jpg
b0235153_11311255.jpg

●国内城遺址
平時の王宮は現在の集安市内にありました。現在は城壁の一部が残るのみ。集安市民はかつての王城の中に住んでいるわけです。
b0235153_11313763.jpg
b0235153_11315189.jpg

北東アジアの最強古代国家、高句麗

高句麗は古代北東アジアを約700年間支配した王国で、その最大版図は現在の中国東北地方と朝鮮半島北部にまたがっています。建国の地は遼寧省と吉林省の境界に近い卒本(現在の桓仁)でしたが、集安に遷都してから徐々に周辺勢力を服従させ、4世紀初めにはついに楽浪郡などの中国勢力を滅ぼし、4世紀後半の広開土王(タムドクのこと。即位391~412年)の時代には、南方の百済を攻略。倭の侵攻に苦しむ新羅を助け、北では後燕を倒し、高句麗は全盛期を迎えます。

韓国歴史ドラマは、『三国史記』や好太王碑の碑文などに書かれた古代国家の建国神話や伝説に大胆すぎるほどのファンタジー化を試み、魅力的な登場人物を設定することで多くのファンを虜にしました。それらはあくまで伝承の人物の物語ですが、実際に韓仁や集安を訪ねると、ドラマの各シーンの時代背景や設定に対する理解が深まるのでとても面白いです。
[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-12 11:33 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2013年 05月 04日

長白山(白頭山)は5つ星クラスの高原リゾート開発でにぎわっています

近年、中国の旅行マーケットで吉林省の長白山(白頭山)がにわかに注目されているのはワケがあります。中国ではまだ珍しいハイソな高原リゾート気分を味わえる唯一といってもいい場所だからです。

特に西坂(西坡)と呼ばれる長白山の西側の裾野には、5つ星クラスの山岳リゾートホテルが続々と誕生しています。2008年に西坂に長白山空港ができたことで、アクセスが飛躍的によくなりました。日本からでも北京経由で同日着が可能となったのです。この利便性と快適なリゾートホテルができたことで、中国全土から長白山を訪れる旅行者が増えているのです。これはほんの1、2年前からのことです。

2012年7月上旬、ぼくは長白山を訪ねています。以下、現地で視察した2つの5つ星リゾートを紹介しましょう。

長白山宝石国際大酒店(长白山乾元宝石温泉度假酒店)
b0235153_18245665.jpg

b0235153_13575520.jpg

池北地区(北坡山門側)にある準5つ星の高級リゾートで、客室数は441室。ホテルで使用される水はすべて長白山の鉱泉だそうで、温泉プールもあります。周辺にはゴルフ場もあり、さらなるリゾートを開発中でした。
b0235153_18243149.jpg
b0235153_18253375.jpg
b0235153_18245253.jpg

b0235153_1358234.jpg

b0235153_13583949.jpg

b0235153_13585188.jpg

長白山天域度暇酒店(长白山天域度假酒店)

ぼくはこのリゾートに宿泊しました。2011年6月にオープンした西坡山門の近くにある高級山岳リゾートで、英語名は「ホライゾン・リゾート」。長白山空港から車で5分、西坡山門まで10分の好ロケーションです。館内には露天温泉もあります。
b0235153_18264684.jpg
b0235153_18265426.jpg
b0235153_182741.jpg
b0235153_18271232.jpg
b0235153_1827218.jpg
b0235153_18273015.jpg
b0235153_18273998.jpg

このとき、ぼくらをアテンドしてくれたのが、延吉にある山岳ツアー専門の延辺大衆国際旅行社です。

同社は、長白山の登山代理権を所有するトレッキング&ハイキング専門旅行会社で、西坂からの長白山縦走コースを開発、登山ガイドも多数在籍しています。

延辺大衆国際旅行社
中国吉林省延吉市公園路1208号文化城A座1201室
www.alpinechina-tour.com

これが長白山空港です。
b0235153_18294046.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-05-04 18:29 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)
2013年 04月 28日

中朝最深部、長白鎮鴨緑江沿いから見た北朝鮮の村

2012年7月2日、中国吉林省の長白鎮から臨江までの鴨緑江沿いを、延吉在住の朝鮮族の知り合いの運転する車で走りました。長白鎮は、中朝国境1300kmの最深部にあたる辺境地域です。

その日、ぼくらは長白山の南坂から北朝鮮国境沿いの道を車で南下してきました。40分ほど走ると、鴨緑江の下流が見えてきました。
b0235153_1355655.jpg
b0235153_13553668.jpg

長白鎮の対岸は北朝鮮の惠山というまちです。かなり老朽化していますが、オレンジ色の瓦に白いしっくいをふちどった屋根のある朝鮮の家並みが見えます。
b0235153_1356364.jpg
b0235153_13561148.jpg

車を停めて対岸を眺めると、川べりでたくさんの子供たちが水浴びしていました。望遠レンズで覗くと、川で洗濯する女性やシャンプーする女の子、黄色い浮き輪を抱えて川で泳いでいる子たちもいます。
b0235153_13563338.jpg
b0235153_13565047.jpg
b0235153_1357899.jpg

同じ光景は中国側ではまったく見られません。時折走り去る車を除くと、静寂に包まれていて、北朝鮮側にだけ生活感があふれているのです。これはどうしたことなのでしょうか。
b0235153_13554124.jpg

しばらく川沿いの道を西に向かって走っていると、長白鎮の口岸(イミグレーション)が見えてきました。なかなか立派な建築物ですが、人の往来は見えません。
b0235153_1358617.jpg
b0235153_13582477.jpg

そのくせ、長白鎮には多くのマンションが建設されていました。さすがに丹東のような高層建築ではありませんが、こんなに人の少ない地域で大丈夫なのだろうか、と思ってしまいます。これはもう全国規模の話なのですが、中国の地方政府によるむやみな不動産開発の行く末が気になります。
b0235153_13584445.jpg

同行してくれた朝鮮族の知り合いが、長白鎮生まれの友人の話としてこんなことを聞かせてくれました。

「長白鎮は密輸の王国で、金持ちが多いことで知られています。対岸の惠山もその恩恵を受けて、北朝鮮のまちとしてはかなり豊かです。もともと長白鎮は9割の住民が朝鮮族だったのですが、その多くが延吉や大連、その他の大都市に移住したため、現在は大半が漢民族です。
b0235153_1404632.jpg

数年前まで、その友人は鴨緑江を死体が流れるのを何度か見たそうです。北の脱北者が国境警備兵に撃たれるからです。中朝国境は長白山をはさんで西の鴨緑江と東の豆満江(图们江)が国境となっていますが、朝鮮族の多い豆満江のほうが脱北者が多いと言われています。同じ朝鮮民族ということで、以前は脱北者をかくまう朝鮮族もいたからですが、最近は犯罪に手を染める脱北者も多く、公安の取り締まりも厳しくなっているため、かくまう人は少なくなりました。

私の家でも親の代までは北朝鮮の親戚に経済的援助をしてきたのですが、私の代からはもう援助しなくなるように思います」

それから約3時間、鴨緑江沿いを走りました。対岸には北朝鮮の鉄道駅が見え、金日成の肖像画がいまだに掲げられています。ヤギの群れを追うのどかな村人やイチゴ売りのおばさんにも会いました。西に向かうほどだんだん川の幅が大きく、水量も豊かになっていきます。
b0235153_140333.jpg
b0235153_1405339.jpg
b0235153_1411033.jpg
b0235153_1413164.jpg
b0235153_1414578.jpg

道中、この地方の人民解放軍の将軍を乗せた10台ほどの車の隊列に出くわしたのですが、なんと連中は車線を無視して道路の真ん中を走るものですから、対向車はみんな脇に停車しなければなりません。しかも、ノロノロ運転で、民間車は追い越したくてもできません。たまらず運転していた朝鮮族の男性は言いました。
b0235153_1421989.jpg

「いまの中国でいちばん威張っていて、汚職もひどいのが軍隊です。まったく許せない!」

軍部が特権階級として威張り散らしているのがいまの中国だというわけです。この国はまるで先祖返りしていますね。

そうこうするうちに、車は臨江に到着しました。ここも辺境には違いないのですが、かなり大きなまちのようです。
b0235153_1424287.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-04-28 14:03 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 03月 23日

2013年の春、中朝国境にある羅先(北朝鮮)にカジノが3つもできました

2012年6月に北朝鮮の羅先を訪ねたとき、香港資本で1999年に開業したエンペラーホテル&カジノを視察したのですが、現地の関係者の報告によると、2013年になって新たに2つのカジノが羅先にオープンしたようです。

エンペラーホテル&カジノ http://www.emperorgroup.com/page.php?p_id=238
b0235153_1327945.jpg
b0235153_13271797.jpg
b0235153_13272377.jpg
b0235153_13272976.jpg

新たに登場したのは、今年1月に開業した羅津ホテルの前にできたカジノと、2月20日に開業した羅津港に停泊するクルーズ客船「皇星号」のカジノです。

羅津ホテルの前のカジノは江西省の中国人が経営しているそうです。また客船のカジノは宿泊も可能で、船籍はシンガポール。朝鮮人やマレーシア人、フィリピン人、カンボジア人、中国人などの船員やサービススタッフが働いているそうです。エンペラーホテル&カジノの場合、最低500ドルを両替しなければ中に入れませんが、これらの新しいカジノに入るには、そうした条件はないといいます。
b0235153_13291497.jpg
b0235153_1328758.jpg
b0235153_13281882.jpg
b0235153_13282750.jpg

昨今の北朝鮮情勢からすると、およそ信じられないような話ですが、現地関係者によると、「カジノの開業と今の朝鮮情勢は関係ありません。どちらも昨年から準備されていたものです。羅津ホテル前のカジノも、建設に1年以上かけて今年1月13日に開業しました。客船のカジノも、1年ほど前から計画は聞かされていましたが、実際に入港してきたのは最近です。いずれも春からの観光シーズンに間に合わせることを目標にしていたのかもしれません」とのこと。

さらに、先鋒でもそうでしたが、羅津の市街地に現在、外国人観光客向けの大型商業施設が建設されています。ホテルやレストランが入るそうです。

いま北朝鮮は国際的な緊張の震源地となっていますが、これまでもそうだったように、同じ時期にまったく別の動きも起きているのです。こうして中朝国境の街では、中国の投資による開発が静かに進められています。
b0235153_13344299.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-23 13:43 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)
2013年 03月 23日

中朝第2の国境、圏河・元汀里は中国車がいっぱい

中国と北朝鮮は鴨緑江と図們江の2つの河川を国境としています。両国のイミグレーション(中国語で口岸)は、それぞれの上流域から下流域まで大小合わせてかなりの数があります。そのうち最大なのが、中国遼寧省丹東市(北朝鮮側は新義州)の口岸です。現在その次に規模が大きいのが、吉林省琿春市にある圏河口岸(北朝鮮側は元汀里)です。

圏河口岸は、北朝鮮側が経済特区の羅先で、最近橋も整備され、自家用車で簡単に入れることもあって、交通量が増えています。

まずは中国側のイミグレーションの風景から。車が列をなして並んでいます。大半は羅先経済特区内限定のマイカードライブ旅行の参加者の自家用車ですが、物流関係のトラックも見られます。イミグレーションの中には、小さな免税店があります。洋酒や中国ワイン、タバコなどが売られています。北朝鮮入国後、現地の関係者にいろいろ融通を利かせてもらうためには、土産を手渡すことは欠かせません。売られているものを見れば、彼らの好みがわかります。図們江に架かる圏河橋は、もともと1937年に架けられたものですが、2010年に整備されました。中朝両国間をつなぐ国際バスもあるようです。
b0235153_15264219.jpg
b0235153_15263798.jpg
b0235153_15265969.jpg
b0235153_15265657.jpg
b0235153_15272062.jpg
b0235153_15271771.jpg

北朝鮮側の元汀里の税関の中はさすがに写真は撮れませんが、出国手続きをすませ、中国に戻る前に北朝鮮側から見た国境の橋を撮りました。北朝鮮に入国するのも出国するのも、ほぼ中国車です。
b0235153_1531044.jpg
b0235153_1531101.jpg
b0235153_15311961.jpg

中国側の圏河口岸に戻ると、構内に北東アジアの地図が貼られていました。琿春市を中心に400海里(約740km)の円を描くと、韓国、北朝鮮はほぼすっぽり収まるとともに、ロシア沿海州南部、中国遼寧省、吉林省のほぼ全域に加えて、日本の環日本海側の地域が入ります。この中で中国だけが海に面しておらず、自国の港を持っていません。中国が北朝鮮の羅津港の開発に投資しているのはそのためです。
b0235153_15421438.jpg

構内に、中国の都市部でよく見かける別荘地のジオラマが展示されていました。琿春のような最果ての地でもバブルな不動産投資が進められていることに、中国経済のあやうさを感じざるを得ません。
b0235153_15502512.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-23 13:15 | ボーダーツーリズム(国境観光) | Comments(0)
2013年 03月 23日

国境の村から羅先の市街地へ(1930年代の満洲国の地方都市のような世界)

中国吉林省琿春市にある圏河口岸の国境ゲートを抜け、図們江に架かる圏河橋を渡ると、北朝鮮側の元汀里の出入国管理所があります。ここで入国手続きをすませると、バスに乗って羅先に向かいます。経済特区の羅先は、先鋒と羅津が合併してできた直轄都市です。

元汀里の出入国管理所から先鋒まで農村の1本道を走ります。この道路は中国が羅津港を利用するために投資して舗装工事を施したものです。道中、北朝鮮の農村の風景が続きます。
b0235153_1283125.jpg
b0235153_128394.jpg
b0235153_1284821.jpg
b0235153_1285450.jpg
b0235153_129310.jpg

約40分ほど走ると、先鋒の街並みが見えてきます。市街地に入ると、5、6階建ての団地がたくさん建っています。通りはほとんど舗装されていませんが、掃除が行き届いているというのか、ゴミひとつなく清潔な印象があります。中国の都市と比べると、それは際立って感じられます。もちろん、無駄なゴミの少ない清貧な社会だからかもしれませんが、団地のベランダの上にはたいてい花や植物の小鉢が置かれています。

これらの団地がいつ頃建てられたのかわかりませんが、先鋒の街の印象は、1980年代に日本で刊行された「望郷満洲」ものの写真集に出てくる1930年代の満洲国の地方都市の写真を思い出させます。駅からまっすぐ伸びた広い道にちらほらと建築が建ち始めている開拓途上の風景です。それは、延辺在住のある朝鮮族のビジネスマンが「羅先は80年前からほとんど変わっていません」と話してくれたように、1930年代から時間が停まってしまったかのような光景です。これは1980年代に中国東北地方の省都ではない地方都市を訪ねたときの印象とよく似ています。
b0235153_12151679.jpg
b0235153_12153987.jpg
b0235153_12153483.jpg
b0235153_12155696.jpg

それでも、先鋒の中心部では外国人観光客のためのショッピングセンターが建設されていましたし、羅津に向かう道中、電話局や羅津ホテルといった1990年代以降に建てられたと思われる建築もわずかですが、ありました。
b0235153_1231296.jpg
b0235153_12311145.jpg
b0235153_12312188.jpg

羅津には先鋒に比べると発展した市街地がありました。中心部に旧羅津ヤマトホテル(南山旅館)があり、飲食店や商店が並ぶいくつかの通りが交差しています。広場には「先軍朝鮮の太陽、金正恩将軍万歳」「全党、全国、全民が農村を支援しよう」といったスローガンが掲げられた巨大なボードがありました。
b0235153_12364335.jpg
b0235153_12365965.jpg
b0235153_123792.jpg
b0235153_12371863.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2013-03-23 12:45 | 朝鮮観光のしおり | Comments(0)
2011年 11月 24日

「大走破!中朝国境1300kmウォッチングツアー」(2008~09年版)

中朝国境は、長白山を源流とする鴨緑江と図们江の2つの河によって隔てられている。
その西端に位置する遼寧省丹東市から東端の吉林省珲春市までは約1300km。
ローカルバスや夜行列車を乗り継ぎ、国境沿いの町を走破した。
そこで見たのは、荒涼としていながらもどこか人懐こい国境の風景だった。
b0235153_10223744.jpg

b0235153_10233284.jpg

b0235153_10292035.jpg
b0235153_10305887.jpg
b0235153_1032141.jpg

[PR]

by sanyo-kansatu | 2011-11-24 10:23 | 北東アジア未来形:満洲の今 | Comments(0)