ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 21日

041 中国黒龍江省、綏芬河はロシア国境の町

b0235153_1037170.jpg

中国黒龍江省東南部に位置する綏芬河は、満洲里からハルビンを経て極東ロシアに至る東清鉄道の東端に位置する国境の町だ。20世紀初頭、ロシア人によって建設された正教会が高台の上にいまも残る。現在、地元のキリスト教会の礼拝が行われているが、正教会ではないようだ。(撮影/2014年7月)

※綏芬河は中ロ東部国境で日本人など両国人以外の外国人も渡れるふたつの国境ゲートのうちのひとつです。ハルビンに比べると小さな町ですが、そこかしこに古い洋館が残っています。かつては日本人も多く住んでいました。この写真は、ロシア正教会の聖堂を背景に、朝鮮族のおばさんと子供が歩いているという、この町を象徴するイメージカットです。


ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう(綏芬河編)
http://border-tourism.jp/suifenhe/
Facebook:ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう
https://www.facebook.com/bordertourism.jp/
[PR]

by sanyo-kansatu | 2017-08-21 10:38 | ボーダーツーリズム(国境観光)


<< ついに起きてしまった。運転でき...      中国客だけ数が増えても延べ宿泊... >>