人気ブログランキング |

ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 15日

サハリン近郊の町への「路線バスの旅」も楽しい

テレビでもよくやっている「路線バスの旅」。海外で同じことをやっても楽しいものです。

サハリンは鉄道の本数が少ないため、ユジノサハリンスクを中心に近郊の町を結ぶ路線バスが普及しています。今回は、ユジノサハリンスクからコルサコフ、ドリンスクからユジノサハリンスク、ユジノサハリンスクからホルムスクの移動はバスを利用しました。幹線道路は舗装されていて快適です。地元の人と一緒にバスで旅するのは面白いです。

ユジノサハリンスク駅を背にした右側にバスターミナルがあります。
b0235153_17415592.jpg

近郊の町にはたくさんのバスが出ているので、少し遠目の場所は事前に発車時刻を調べて乗車券を購入することになりますが、コルサコフやドリンスクへは10数分感覚でバスが出ているので、バスの番号と行き先を確認してバスに乗り込みます。
b0235153_174293.jpg

ターミナルの周辺には、バスを待つ乗客がいます。
b0235153_17422987.jpg

b0235153_17424047.jpg

b0235153_17425024.jpg

手前のブルーのバスはコルサコフ行きです。
b0235153_1743223.jpg

出発時刻を待つ運転手のスナップ。
b0235153_17432450.jpg

コルサコフ行きのバスは片道125RB。バスの中で運転手に払います。南に向かって約50分も走ると、海が見えてきます。

これはコルサコフ港です。桟橋の手前の小さなフェリーは稚内行きのペンギン33号です。
b0235153_17434734.jpg

北海道サハリン航路株式会社
http://hs-line.com/

これはドリンスクから乗ったユジノサハリンスク行きのバスです。片道140RB。約1時間の旅です。
b0235153_17441487.jpg

ホルムスク行きはミニバスに乗ります。片道350RB、所要2時間。本数は1時間に1本です。
b0235153_17442884.jpg

ホルムスクはサハリンの西海岸にあり、ユジノサハリンスクから山を越えて走ります。道中、真っ赤な鳥居とチャイナ風の家が見えます。結局、なんだかわかりませんでしたが、ロシア人からみると、日本と中国はミックスされてしまっているのだと思います。
b0235153_1744479.jpg

山間にはきれいにペイントされたコテージがいくつもありました。前には農園があり、これはロシア人が夏を過ごす菜園付きセカンドハウスのダーチャです。
b0235153_1745132.jpg

ミニバスの中は狭いので、乗客は片寄せあって乗っているのですが、カメラを持つぼくを見て、ある若い男性は窓側の席を譲ってくれました。そういう気遣いをする人たちなんです。

しばらくすると、港が見えてきました。ホルムスクからは対岸のロシア本土への航路もあります。
b0235153_17451917.jpg

いつもそうなのですが、午後になると海霧が晴れて、青空が見えてきました。ホルムスクは港に沿ってできた町で、すぐに丘があり、団地が並んでいます。
b0235153_17453534.jpg

これがホルムスクのバスターミナルです。
b0235153_17454711.jpg

さらに南に向かうネヴェリスク方面などの時刻表です。
b0235153_17461251.jpg


by sanyo-kansatu | 2017-09-15 17:46 | 日本に一番近いヨーロッパの話


<< 066 長白山山麓で見かけた養...      ロシア人と一緒に乗るサハリン夜... >>