ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 19日

『地球の歩き方Platウラジオストク』が発売されました

気がつくと、本ブログはずいぶん長くお休みしていたものです。

すべてをそのせいにするつもりはありませんが、今年の1月から3月上旬くらいまで、ひさしぶりに手がけたロシアの旅行書の編集作業でそこそこ忙しくしていたせいです。

で、本日『地球の歩き方Platウラジオストク』(ダイヤモンド・ビッグ社)が発売の運びになりました。昨年11月に現地取材に行った内容をメインにまとめたものです。

b0235153_15370473.jpg
ウラジオストクってどんなところ? その姿については日本ではほとんど知られていないと思いますが、想像する以上にヨーロッパです。おいしいものもたくさんありますし、バレエも観られるし、市場もあるし、2泊3日の旅行で十分楽しめます。成田からのフライトはわずか2時間半、だから「日本からいちばん近いヨーロッパ」と言っているのです。


さて、この本の刊行を記念して、知人が以下のイベントを企画してくれました。人前で話をするのはあまり得意ではないのですが、この際がんばってウラジオストクの魅力についてお話したいと思います。

≪2時間半で行けるヨーロッパ~ウラジオストクの知られざる魅力≫

★日時 2018年5月26日(土)14:00~16:00(13:40受付開始)

★ゲスト:中村正人さん(ボーダーツーリスト・編集者&ライター)
A.アレックスさん(ミュージシャン、シェフ、通訳、翻訳者)※アレックスさんのご登壇はご本人のご都合で予定とします

★定員:15名

★会場:土屋グループ銀座ショールーム
〒104-0061東京都中央区銀座3丁目8-10 銀座朝日ビル3F

☎0120-406-211/03-5579-9981
https://www.hometopia.jp/branch/ginza/

★参加費:4,000円(税込)≪(紅茶+お菓子付き)≫

※お申込みはメール(tokokitani@yahoo.co.jp)にて、「ウラジオストク旅」申し込みと明記した上、お問い合わせください。メール到着後、申し込み方法をご返送いたします。参加費振込完了で参加決定となります。キャンセル料は3日前から発生しますので、ご注意ください。


★ゲスト/プロフィール
中村正人(なかむら・まさと) 
ボーダーツーリスト(国境観光の専門家)。おもなフィールドは日本の近隣の国々(ロシア、中国、モンゴル、朝鮮半島など)で、情報サイト『ボーダーツーリズム(国境観光)を楽しもう』(border-tourism.jp)を主宰。『地球の歩き方Platウラジオストク』(ダイヤモンド社)の著者。好評発売中!


ゲスト(予定)
A.アレックス
1990年ウラジオストク生まれ。ミュージシャン、シェフ、通訳、翻訳などマルチな活動を展開中。昨年公開された二宮和也主演の『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶』(last-recipe.jp)でロシア語監修を担当し、シェフ役でも出演。モルドバワインのPRも手がける。


≪中村正人さんから一言≫
成田からフライト2時間半。「日本にいちばん近いヨーロッパ」こと、極東ロシアのウラジオストク旅行がいまひそかに盛り上がっています。今年はロシアで開催されるサッカーワールドカップの年でもありますが、いまなぜ注目かといえば、昨年8月からウラジオストクへの空路と航路で電子簡易ビザの発給が始まったからです。


この町には以下の6つの魅力があります。

①日本海に面した港町
②ヨーロッパの町並み
③多民族とミックスカルチャーの町
④グルメと文化の町
⑤1年を通して豊富なイベント
⑥郊外に広がる大自然


でも、なぜこんなに近くにヨーロッパが…? 実は、その謎解きがウラジオストク旅行の本当のテーマといえるかもしれません。セミナーでは、そんなウラジオストクの魅力をお話したいと思っています。


[PR]

by sanyo-kansatu | 2018-04-19 15:46 | 日本に一番近いヨーロッパの話


     瀬戸内国際芸術祭とLCC拡充で... >>