人気ブログランキング |

ニッポンのインバウンド“参与観察”日誌

inbound.exblog.jp
ブログトップ

2014年 04月 29日 ( 3 )


2014年 04月 29日

朝鮮国際旅行社創立60周年記パ-ティで語られたこと

2013年8月24日は、朝鮮国際旅行社の創立60周年にあたります。その日、平壌で海外の旅行業者らを集めた記念式典が行われました。
b0235153_20371175.jpg

出席者は北朝鮮観光に尽力したイギリス、イタリア、ドイツ、スペイン、アメリカ、ロシア、中国、台湾、日本などから訪れた旅行業者80数名です。

その日のスケジュールは以下のようなものでした。

午前9時 万寿台大記念碑を訪問、献花(金日成主席と金正日総書記の銅像あり)
       朝鮮軍が拿捕した米国スパイ船「プエブロ号」展示見学
       朝鮮革命博物館を見学 
昼食   玉流館で朝鮮冷麺の食事
午後2時 羊角島ホテルで「朝鮮観光の展望」レクチャー
   5時 高麗ホテルで記念パーティ
   8時 メーデースタジアムで大マスゲーム「アリラン」公演
b0235153_20361420.jpg

それぞれ面白かったのですが、ここでは羊角島ホテル会議場で開かれた国家観光総局主催のレクチャー「Tourism Policies and Prospective Plan of DPR Korea」を報告したいと思います。北朝鮮が今後、外客誘致をどのように進めるか、その展望が語られています。
b0235153_20504681.jpg

そのレクチャーは、朝鮮国際旅行社が制作したプロモーションビデオの放映から始まりました。長いのでその一部を紹介します。

朝鮮国際旅行社60周年記念式典プロモーションビデオの一部
http://youtu.be/gSH4C4zvnfQ

そして、観光総局の担当者のスピーチです。最初に1953年8月24日、朝鮮国際旅行社が創立された経緯について説明がありました。朝鮮戦争休戦後、国際機関の視察を受け入れる必要からだそうです。以後、「廃墟から国を建てなおす」ため、観光事業に取り組んできたといいます。当初は、ソ連や東ドイツなどの東側「友好国」の親善訪問などがメインだったようですが、1980年代半ば、政策を転換。87年に国家観光総局を立ち上げ、世界観光機関(World Tourism Organization)に加入。その年、日本人の一般観光客を初めて受け入れています。

現在、北朝鮮は平壌プラス6地域の観光特区化を目指しているそうです。6地域とは以下のとおりです。

●元山―金剛山

朝鮮を代表する名山、金剛山は東海岸の江原道にあります。1990年代半ばから韓国経由の国際観光が開放され、韓国人約200万人、その他外国人約2万人が訪れています。現在、韓国経由の入国は休止していますが、韓国資本の現代的なホテルや免税店、温泉施設などが残されており、北朝鮮でほとんど唯一の国際水準のリゾート地といえます。

元山は東海岸最大の港湾都市で、美しい海水浴場があります。平壌から車で約5時間。元山から金剛山までは約2時間半です。

この地区では、登山や温泉(泥風呂が有名)に加え、さまざまなビーチアクティビティが楽しめると説明されました。韓国客の受け入れをいつ再開するかについてはわかりませんが、韓国が投資した金剛山の観光インフラがほとんど使われていないのだとしたら、残念なことです。また元山港には、あの万景峰号が停泊しており、咸鏡北道の羅先から中国東北三省や極東ロシアの観光客を乗せたクルーズ旅行も進めているようです。元山では空港を拡張し、国際会議ができるホテルも建設しているとのことです。

※今回、実際に金剛山を訪ねています。その模様は「2013年の金剛山観光はどうなっているのか?」参照。

●七宝山

七宝山は、朝鮮6大名山のひとつで、東海岸の咸鏡北道にあります。中国東北三省や極東ロシアに近いため、登山や海水浴客の誘致を進めています。戦前期に日本からの航路の玄関口としてにぎわった清津の再開発がいま始まっているそうです。

●白頭山

「朝鮮革命の聖山」とされる白頭山は、中朝国境にまたがる標高2750mの休火山で、「天池」と呼ばれるカルデラ湖の美しさは有名です。中国では「長白山」と呼ばれています。金日成将軍率いる朝鮮人民革命軍がこの一帯を拠点にしていたとされることからそう呼ばれているのですが、ふもとにはスキー場や温泉などもあります。

中国側と協力して山頂付近の国境を越えて両国を往来できれば、多くの登山客を呼び込むことが可能となるでしょう。中国側では、現代的な山岳リゾートホテルやスキー場の開発が急ピッチで進んでいることから、北朝鮮側もそれに乗じて観光客誘致に取り組みたいところでしょう。

●妙高山

朝鮮の4大名勝に数えられるのが、妙高山です。無数の滝や渓流の美しさで、登山客の誘致を進めようとしています。世界各国から金日成主席に届いた贈り物を展示しているという国際親善展覧館があります。

●南浦

平壌の西方、西海岸に面した港湾都市の南浦には、高句麗遺跡や温泉、ゴルフ場などがあります。紅葉の美しい九月山も有名です。

●開城

先ごろ、世界文化遺産に登録された高麗王朝の古都が開城です。古い街並みが残る民俗保存区域が有名です。朝鮮分断を象徴する板門店は、開城から東南約8㎞の場所にあります。せっかく世界遺産になったのですから、もっと積極的にアピールしていいと思います。
b0235153_2012942.jpg

b0235153_20121679.jpg

要するに、平壌と上記6つの観光地区が北朝鮮観光のハイライトだというわけです。

ただし、それは日本人観光客受け入れが始まって間のない1990年当時と基本的に変わっていません。

それでもあえて特筆すべき点をあげるとすると、白頭山の国境観光を中国側と協働で進める展望があるらしいということでしょうか。確かに、カルデラ湖を真っ二つに分ける中朝国境の両サイドにイミグレーションを設け、観光客の往来を開放すれば、両国の名勝や観光スポットをめぐる国境観光が楽しめることから、年間20万人の登山客が見込めるだろうというのです。これ自体は面白い計画です。中断した金剛山の韓国客が延べ200万人に達したことからわかるように、北朝鮮にとって国境観光を活性化することは、外貨獲得の有効な手段といえるでしょう。
b0235153_20131279.jpg

ただし、中国吉林省延辺朝鮮自治州の関係者らによると、例の粛清騒動後の中朝関係の悪化もあり、すぐに進展するようには思えません。だいたいこの計画は数年前からすでに話題になっていたものですが、中朝国境に近い場所での北朝鮮の核実験もあり、ずっと動いていないのです。北朝鮮側は「いかなる国の協力も歓迎」とはいうものの、中国側からすると、朝鮮側のインフラ投資をするのは結局誰なのか。常に朝鮮側が他力本願に見えることでしょう。また近年、中国国内で不穏な動きが見られる少数民族問題にも影響を与えそうな国境観光をどこまで積極的に進めるべきか、ためらいがあるかもしれません。

朝日新聞2013年8月13日によると、韓国・平和自動車の朴相権社長が北朝鮮当局から得た情報として「北朝鮮が経済難を打開するため六つの地域で観光特区作りを進め、そのために軍が管理してきた三つの空港を民間の管理に移した」ことを明らかにしたそうです。「六つの地域」とは、白頭山や元山、七宝山などで、今回の記念式典でのレクチャーの内容と一致しています。

なかでも急ピッチで進めているのが元山地区だと同記事には書かれていましたが、昨年冬に完成した馬息嶺スキー場もその一部で、翌日、式典出席者一行は建設中の馬息嶺スキー場に視察に行きました。こうしたレジャー開発の動きは、確かに新しい領導による取り組みを感じさせるものですが、常に相反する事態が同時進行するのがこの国の姿といえます。本人たちがどんなに一生懸命でも、それでは対外的にその思いはなかなか伝わりません。

いずれにせよ、気長に事態を眺めていくほかなさそうです。今年7月に長白山を訪ねる計画があるので、現地の事情を見てこようと思っています。
b0235153_20134283.jpg

レクチャーが終わると、出席者はバスで高麗ホテルに戻り、レストランで食事会が開かれました。その後、マスゲームの観覧がありました。その話は別の機会に。

by sanyo-kansatu | 2014-04-29 20:34 | 朝鮮観光のしおり
2014年 04月 29日

北朝鮮の観光政策の転換と日本人受け入れ状況の変遷

北朝鮮観光について調べてみると、いくつかの興味深い論考がすでに記されていることを知りました。たとえば、若手の北朝鮮研究者、磯崎敦仁氏の仕事です。

特に5年ほど前に書かれた以下の2つの論文が参考になります。

「北朝鮮の日本人観光客受け入れ」(月刊国際観光情報2009年4月号)
「多様化する北朝鮮観光とその問題点」(月刊国際観光情報2009年5月号)

以下、ざっと両論文のポイントを紹介させていただきます。

まず「北朝鮮の日本人観光客受け入れ」から。最初に磯崎氏の研究スタンスがこう記されます。

「現在、多くの旅行記が出版され北朝鮮観光の実態を把握するのに大きな助けとなっているが、それらはあくまでも紀行文であるため総じて主観的かつ断片的な内容であり、北朝鮮観光の意義や背景、政治経済との関連性を考察ないし分析したものは皆無に等しい」。

一方、韓国では1990年代後半、「金剛山観光開発を取り巻く観光資源論、観光行動論、南北朝鮮間の経済協力といった視覚」による観光研究が見られたものの、「日本人観光客の受け入れについて触れられることはなかった」。

そこで同論文では「日本人を対象としたインバウンド政策の変遷を整理し、その特性を探る。その手法として、北朝鮮の文献や各旅行会社のパンフレットといった第一次資料のほか、北朝鮮観光に携わる複数の関係者への聞き取り調査の結果を素材」にしたといいます。

これまで本ブログでも、北朝鮮の旅行ガイドブックの中身にもの言いしたり、旅行業者の視点で日本人観光客受け入れ25年間の年表を作成したりしてきましたが、豊富な第一次資料をもとに北朝鮮観光の変遷を総括した同論文は、とても示唆に富んでいます。

同論文によると、北朝鮮の観光政策は1980年代に転換があったことがわかります。

すなはち、それ以前は観光を「浪費的」で「非生産的」なものだと否定的に捉えていた北朝鮮が、1980年代後半、一転して観光業を奨励し始めます。その目的として、自慢の「社会主義」を宣伝し、外貨獲得を図ることにあるとしたのです。

そして、1987年6月、一般の日本人観光客受け入れを正式に表明。同年9月には世界観光機関(World Tourism Organization)に加入。10月には第一陣の日本人観光客38名が訪朝しています。北京から空路で平壌に入り、開城、板門店、南浦を訪れる5泊6日のコースです。ただし、参加費用は39万8000円からと高額でした。

背景には、翌年のソウルオリンピック共同開催に向けた対外開放のアピールや日本との関係改善などがあったとされます。もっとも北朝鮮では、1950年代より「友好国」とされるソ連や東ドイツの親善訪問、75年からは在日朝鮮人の「祖国訪問」が行われていました。この国のインバウンドの歴史はそこそこ長いのです。

ところが、第一陣が訪朝した1か月後の87年11月、大韓航空機爆破事件が発生。89年10月まで日本人観光客受け入れは中断されます。当時から、期待がすぐにも失望に変わる、という事態を繰り返していたことがわかります。

それでも90年代に入り、いわゆる「金丸訪朝団」で日朝関係が好転したことから、日本人の北朝鮮観光はその後何度も中断と再開を繰り返ししつつ、2000年代初めまでそこそこの進展を遂げることになります。

以下は、同論文が取り上げている1990年代前半のトピックスです。

1991年6月/中外旅行社「日朝国交正常化直前限定ツアー」催行
     10月/全日空、日朝間にチャーター便運航(新潟・平壌)
     12月/JTB、初の北朝鮮ツアー催行
1995年4月/アントニオ猪木企画の「平和のための平壌国際スポーツ文化祭典」開催(3500人の日本人訪朝)

「多様化する北朝鮮観光とその問題点」(月刊国際観光情報2009年5月)では、1990年代半ば以降、さらに多様化が進む北朝鮮観光の進展と問題点を論じています。

以下は、「1990年代以降に顕著化した北朝鮮の観光事業に対する積極策」が見られるトピックスです。

1996年/日朝双方で北朝鮮専門旅行会社が設立し、ツアー料金の廉価化に寄与。
1996年9月/中ロ国境に近い羅津・先鋒を日本人観光団150名が戦後初めて訪れる。
1998年2月/新潟市で開催された「新潟・北東アジア経済会議」で北朝鮮側から観光宣伝を行う。
1999年/個人手配旅行解禁、北京経由より廉価な新潟空港発ウラジオストク経由の北朝鮮ツアー催行。清津への手配旅行が開放。
2000年10月/現代峨山主催の金剛山観光に日本人参加可能になる。
2002年6月/モランボンツーリスト、「一般家庭」へのホームステイ実現
         10万人規模のマスゲーム開催

ところが、その後、事態は変わります。北朝鮮の核開発もそうですが、「拉致問題」を彼らが認めたことが、日本の世論を大きく変えたことも影響していると思います。

2006年7月/外務省、北朝鮮「渡航自粛」勧告。

以後、渡航者は激減します。

こうして現在に至る北朝鮮観光ですが、同論文の後半では「問題点」として次の点を挙げています。

「団体で入国を申請し、ある特定の日本人だけが観光些少発給リストから省かれることがよく起きる。のみならず、日朝関係を反映して、全ての日本人観光客に対する一時的な入国制限も頻繁に行われる。出発直前、または出発後、経由地滞在中もしくは北朝鮮滞在中に突如として日程変更を強いられるケースも多い」。

「最も大きな懸念は観光客拘束の可能性である」。

これは、1999年12月、塩見孝也元日本赤軍議長とともに訪朝した元日本経済新聞社員杉嶋岑氏が「スパイ行為」をしたとの理由で当局に拘束。2年2か月後に解放されたことなどを指しています。

通常では考えられないことですが、こういうことが起こり得る国なのだというイメージは簡単にはぬぐえないものです。

こうしたことから、磯崎氏はこう結論しています。

「北朝鮮の観光政策は、行き当たりばったりの戦術レベルでしかない政治政策の従属物であるといえるが、現在においては、『体制護持』の一手段ともいえる外貨獲得政策、『実利の追求』に従属しながら、苦悩し、奔走している状態が続いている」。

キツイお言葉ですが、そのとおりというほかありません。

でも、それはいまに始まったことではないのです。

気長に考えるしかない、というのはそういうことです。

by sanyo-kansatu | 2014-04-29 20:07 | 朝鮮観光のしおり
2014年 04月 29日

北朝鮮観光 事始め

「北朝鮮観光」というものが、今後どう動くのか。これは最近、ぼくがひそかに関心を寄せているテーマのひとつです。
b0235153_19513957.jpg

メディアで報じられる北朝鮮のふるまいは、手の付けられない悪童ぶりです。こんな国にまともな未来などないと多くの論者がみなしてきました。ほんの数年前まで、ぼく自身も朝鮮半島に対する関心をどのように持つべきかわかりませんでした。その気もなかったというのが正直なところでした。

中国とのようなひとの縁というのもない。新宿や池袋の在日華人コミュニティについてはゆえあって関心を持ち続けてきたけれど、新大久保には足を運ぶ理由が思いつきませんでした。在日や総連の問題も、ほとんど興味がなかった。これらのことが自分に関わる問題だとは感じられなかったからでしょう。

ところが、2012年夏、知人のとりはからいで、北朝鮮咸鏡北道の羅先に入ることになりました。10年ぶりの日本観光団ということでした。これまで日本で唯一の中国東北三省を扱う旅行ガイドブックの取材という名目で、中国側から朝鮮国境沿いの風景を鴨緑江や図們江越しに、また遊覧ボートに乗って眺めてきましたが(中朝国境最新事情)、ついに入国を果たすことができたのでした。その年ぼくは、北朝鮮入国前に、ロシア極東地域のウラジオストクも訪ねていたので、国境を接する北東アジアの3カ国を同時に見ることができました。

初めて見た咸鏡北道の町は、ちょうど改革開放から間のない頃の中国のようでした(中国人たちは70年代の中国と似ているといいます)。先入観がなかったぶん、初めて訪ねた国として見るもの聞くもの、新鮮さをおぼえました。1980年代半ば、中国東北三省を初めて訪ね、日本統治時代のインフラが老朽化しながらも残された、高度経済成長以前の埃っぽい街並みを見たときの印象を思い出しました。いまの中国を毒している物質主義とは無縁の清々しい感じがしたのです。

朝鮮の人々が(といっても所詮外客を接遇する人たちでしかないのですが)思った以上に外国人慣れしていることも意外でした。「観光」といっても、それはお互いの利益の交換です。彼らの対応は、2000年代に本格化した欧米客や中国客の朝鮮観光の影響があるだろうし、近年途絶えたものの、1987年から2000年代半ばまで毎年千人規模とはいえ続いていた日本客の訪問という経験の蓄積もあったからに違いありません。外貨獲得の手段としてのインバウンド振興はこの国では一貫した政策で、わざわざ来た人間を不快にさせたところで、彼らにとって何の得もないのですから。

もっとも、先軍政治とインバウンド振興の相性は、誰が考えてもいいはずはありません。彼らが外客に提供する観光コンテンツは、あからさまで呆れるほどの政治的なプロパガンダばかり(それが逆に新鮮だったりするからたちが悪いというべきか)。基本的に自分たちの見せたいものしか見せようとはしません。一方、平壌と地方都市を結ぶ幹線道路の一部は、観光バスではなく軍事車両が走ることを優先しているせいか、アスファルトの板を並べただけですから、走行中は板の継ぎ目ごとにバスが跳ねること著しく、のんびり車窓の風景を眺める気分にはなれません。インフラ自体は万事そんなぐあいで、とうてい国際基準に達していないにもかかわらず、無理をして虚勢を張るような姿勢もたぶんに見られました。

それは確かに興ざめを引き起こすものですが、なぜそこまでしなければならないのだろうか……。そう思うと、彼らをばっさり断じたもの言いをすることに戸惑いをおぼえるのです。時折彼らが見せる素の表情にもほろっと感じ入ってしまいがちです。そういう心のスキマに付け入るのが彼らの狙いだと言われれば、それもそうなんでしょうけれど、そういう心の駆け引きなど無意味だと思えるだけの重い現実が、どんなに彼らが隠そうとしてもこの国にはありそうだということが、わずかな滞在期間でもだんだんわかってくるのです。いったいこれからどうするつもりなのだろうか……。そこに関与するつもりはないけれど、せめてこれから起こることを眺めてみようか、という気になってきたのでした。

こういう所詮よそごと的な感覚は、ヨーロッパの旅慣れたツーリストたちが、この“神秘”の国を訪ねる動機に近いといえるかもしれません。なにしろ彼らは安全保障上の直接の懸念がないだけに、気が楽なものでしょう。

一方、日本の場合は彼らとは事情が違います。よそごと的感覚ですまされるのか、という言い方もできるでしょう。でもね、そこまで気負うことはぼくにはとうていできないし、だからこそ、ある一定の距離を置きつつ、朝鮮半島の実情に対する見方が偏らないよう、足を運ぶことは必要ではないかと思ったのです。

ちょうど羅先入りした頃、知り合った年長の北朝鮮通の友人に「東アジアを理解するためには、北を知る必要がある」と言われたことが、結果的には大きかったといえます。数回訪ねた程度でわかったようなことをいうつもりはないけれど、北に触れることで、これまであまり考えてもみなかった北東アジアの歴史的因縁が少しだけわかるようになりました。なぜ朝鮮半島の人たちが、これほど「反日」で頭に血を上らせるかも、ある程度想像できるようになりました。わかったところで、溜息を吐くしかないのですが。

東アジアの2000年の歴史を振り返ると、朝鮮半島は目を覆いたくなるような不幸続きの連続だったといえます。すべては中国に隣接したことに起因している。そう言い切っていいと思います(まあ日本の影響がまったくなかったとまではいいませんが、朝鮮半島の人たちの自己都合による思い込みにあんまり無理して合わせてあげなくてもいいのではないかと思うのです)。半島だったため、彼らには逃げ場がなかったのです。もちろん、今日では彼らの体制に脅威を与えているのは、中国だけではありませんが、歴史的に考えると、すべてはそこに根があり、その境遇が彼らの独特ともいうべき民族的特徴をつくり出したと考えると、いろんなことがわかりやすくなると思います。

今日の北朝鮮にも、もし「体制護持」できなければ、中国に呑み込まれ、少数民族と同じ立場に貶められてしまうという強迫観念や重圧があるわけです。それゆえ、傍から見るとひとりよがりにしか見えないあがきを続け、周囲を呆れさせているともいえます。「主体思想」というのも、絶対中国には譲らないという無謀なまでに頑強に固められた自尊心からくる悲壮な決意表明ではないかと思えてきます。それも、これまで繰り返されてきた歴史の再現ということかもしれません。

こうした事情もあり、朝鮮半島の人たちが自分たちの歴史を直視することが苦手なのは無理もないと思います。

日本との関係も、朝鮮半島の人たちが考える大陸との圧倒的な力の上下関係(華夷秩序)を宿命的なものとして日本列島まで含めた延長線上で捉えているため、話が面倒になるのだと思います。こちらはそんな上下関係を持ち出されても関係ないよ、と思っているのに。彼らの不遇から生まれた「歴史観」を我々に押し付けられても無理というものです。そこは一線を敷くしかない。しかし、それを認めようとしないのが朝鮮半島の人たちでしょう(中国の人たちも同じかな)。

それでも、中朝関係においては、ケースにもよりますが、朝鮮半島の肩を持ちたい気もするんです。中国人にいわせると、中国は韓国と北朝鮮を左右の掌の上に乗せ、うまく手なずけたいだけ。これまでずっとそうだったように。そういう偉そうな口ぶりを耳にする以上、判官びいきは日本人の好みにあっていると思うからです。少なくとも、ぼくはそのように考えるようになりました(これについては異論反論がありそうですね)。

これまであまり熱心に目を通してこなかった北朝鮮に関する書籍を少しずつ読み始めています。90年代以降はさすがに気恥ずかしくなるような北礼賛は見られないものの、それ以外は、人情派にしてもアラ探し派にしても、昔ながらのネタが勝負のアジア小話ばかり。むしろ最近面白いと思うのは、若手の北朝鮮研究者のクールな視点に基づく論考や、実際に80年代後半から日本人の北朝鮮観光の手配に携わってきた旅行業者たちの証言、さらに戦前期の朝鮮観光に関する資料などです。とりわけ戦前の資料を読んでいると、当時どれほど多くの日本人が金剛山を愛でていたかを知ることができ、新鮮さと同時に、未来への希望につながらないか、と思えてきます。

自分のようなフィールドワーク好きの編集者にできるのは、旅はエンターテインメントであるという、いささか平和ボケした島国の住人らしく、その地になるべく足を運び、当地の現象面に直接触れ、少しばかり社会学的に(斜に構えて)見つめてみようと思うことくらいです。そのためには、なんとか定期的にかの地に足を運んでみたい。ぼくが夢想しているのは、1930年代に北東アジアで実現しかけていたモダンツーリズムの再来です。1945年、それがいったん崩壊したとはいえ、今後時代を変えて、望むらくはお互い対等な関係で再現する日を夢見て、現地の観光素材に関する情報を集めて、気長に下準備しておこう。そんなことを考えているのです。

はてさて、こちらがそう思い立っても、かの国はそんなあやしげな人間を受け入れてくれるかどうか、わかりません。時局や情勢にもよるでしょう。でも、これがぼくの「北朝鮮観光 事始め」だった以上、仕方がないことなのです。
b0235153_1952590.jpg
元山の海水浴場で見かけた焼き肉パーティに興じる朝鮮の人たち(2013年8月撮影)

by sanyo-kansatu | 2014-04-29 19:51 | 朝鮮観光のしおり